カテゴリー
FASHION - ファッション

神戸の折角堂でメガネ作ってもらいました。HOYAの調光レンズも初体験!!もう眼鏡とサングラスをかけ替えなくても大丈夫。

みなさんは、神戸にある折角堂(せっかくどう)という眼鏡屋さんをご存知でしょうか?
メガネ好きなら避けては通れない眼鏡屋さんですよ。
もう眼鏡はもちろんレンズに至るまで、こだわりが半端ないんです。

レンズなんて、JINSの5,000円のレンズで十分だと思ってました。
それと比べると、HOYAのこの高機能レンズは20,000円します(笑)。
それでも折角堂だけに、折角だからと思いこのレンズでメガネを作ってもらいました。その作品がこちら!

MEGANEROCK(メガネロック)のVECTOR 004というモデルです。
この夏の青空のようなブルーにヤラレタ。
以下商品の紹介です。

MEGANE ROCKはセルロイド素材を使用し、ノー芯という技法で製作していましたが、新しくスタートした〝MEGANE ROCK VECTOR〟シリーズでは、アセテート素材を使用。アセテート素材ではテンプルの強度を高める為に芯金を入れるのですが、その芯金に矢印(VECTOR)のデザインを施し、伝統的な〝芯貼り〟という技法で製作しています。
004は以前TARSIER(メガネザル)というモデル名で販売されていた人気商品を、VECTORシリーズの製法で復活。
こちらの製品は職人兼デザイナーの雨田大輔氏が1本1本手作りで製作しております。

https://store.sekkakudo.com/?pid=157607288

メガネザルっていうモデル名が遊び心を感じますね。
あんまし猿は好きじゃないですけど。
モデルのより詳しい紹介はこちら!

キーホールの役割やテレビジョンカットなんて知りませんでした。
勉強になります。

そしてこちらのタイトルにもある通り、プラス5,000円で調光レンズにアップグレード?してもらったんです。期間限定に弱い僕です。

僕が作ってもらったメガネは、奇しくもこのキャンペーンの紹介ページのサンプルと全く同じフレーム&レンズになっております。
画像の通り、紫外線を当てるとレンズの色が変化します。
こんな感じ。

結構ガッツリ変わります。
色が透明に戻るまで、7分ぐらいかかるらしい。

僕は眼鏡はもちろんサングラスも大好きで10本ぐらい持っているのですが、夜になるとかけ替えないといけないんですよね。
1回ロックスターの真似して1日中かけてたことありましたけど、普通につまずきました。
でも調光レンズがあれば、もう夜になってもサングラスとかけ替えなくて大丈夫!それが最高!!

以上、折角堂でメガネ作ってもらった話でした。
折角堂は眼鏡を売ってるだけじゃなくて、コーヒーもあるし、ワインもあるし、たまにPOPUPショップもやっててとても楽しい場所でした。
あとフレームがより顔にフィットするようにカーブレンズの提案とかもしてくれるようで、眼鏡を快適にかけてほしいというお店の心意気も感じる、心があったかくなるようなところでした。
先日の金子眼鏡とのギャップがあり、一発で折角堂が好きになってしまった僕でした。

最後に僕のMEGANEROCKコレクションをご紹介。

上からMaturelyとBeams BoyとのコラボモデルCAT、今回のVECTOR 004そしてVECTOR 008です。
CATはレディースなのですが、全然かけられました。ブラウン23%のレンズを入れて顔なじみを良くしています。
VECTOR 008はクリアフレームってことと、フレーム上部分のフラットな感じが好みで購入。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

カテゴリー
MUSIC - 音楽

金子眼鏡でメガネ作ってもらいました

みなさんは、金子眼鏡ってご存知でしょうか?
一度は聞いたことがあると思います。
比較的大きな街に店がある、ちょっとおしゃな感じのメガネ屋さん。そしてちょっと高い。
僕は謎に?ずっと白山眼鏡店派だったんですけど、ふらっと寄った金子眼鏡店のメガネに一目惚れして、遂に金子眼鏡デビューしちゃいました!

購入したのはこちらの眼鏡です!KA-22というモデル。
以下オフィシャルのブログでの説明です。

こちらは金子眼鏡の中でもめずらしい「オマージュ」をテーマにしたシリーズです。
80年代のHIP HOPを象徴するサングラス、
「ULTRA Goliath -ウルトラ ゴライアス-」をベースにデザインを再構築いたしました。
レンズ幅55 × 45とワイドなサイズ感に加え、なによりも目を引くのはテンプルの極太感。
セルロイドよりも軽く肌触りの良いアセテートを使用しております。
インパクト抜群の1本です。ぜひ店頭にてお試しください。
金子眼鏡 KA-22 ¥35,200(税込)

https://vioro.jp/news/kanekogankyoten/51626/

僕は全然知らなかったんですけど、ウルトラゴライアスってRUN DMC(あさぎりゲン風に言うとゴイスーなラップグループ)が頻繁にかけていたサングラスだそうです。

https://www.ponmeganeweb.com/product-group/108

とにかくデカいフレームで、顔の大部分覆っちゃいます。
しかも目が小さく見える(笑)。
それにクリアフレームも相まって、ナード感が出ます。
そこに惹かれて購入しました。
レンズは東海光学とカールツァイスのどちらかをチョイス。
カールツァイスの方が高いです。
MADE IN JAPANの東海光学を選びました。
レンズ込みでプラス¥12,000、ぜんぶで47,000円ぐらいでした。

購入した店舗は、大阪にある”THE STAGE”というショップ。
メガネの資料館も併設されている特別な店舗みたいです。
ハイエンドといえど、置いてあるアイテムはほかの金子眼鏡店と同じっぽい。

https://www.kaneko-optical.co.jp/shop_list_area

接客は、普通でした(笑)。
とにかく忙しそうで、客をさばくのが大変って感じでした。
そこが少し残念ではありました。
でも、モノはゴイスーですよ!そしてフレームも本当に種類豊富。
ぜひメガネかけてる人はもちろん、サングラスや伊達メガネ探してる人もチェックしてみて欲しいです!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
MUSIC - 音楽

昔ウィーザー聴いてた人にもチェックしてほしい!最新作”Van Weezer”がカッコいいです。

皆さんは、ウィーザー好きですか?
私は大好きです!
いわゆるパワーポップというジャンル、キラッキラの甘いメロディに疾走感と歪んだギターが絡み合う感じが好きで、Fountains of WayneやGet Up Kids(こっちはEMOでくくられてますが)も大好きなんですが、weezerを聴いてなかったら辿り着いていなかったと思います。
そんなweezerの歴史については2017年にも語りました。

コンスタントに作品をリリースしている彼らですが、2019年に2枚、2020年に1枚、そして2021年に最新作をリリースしています。
その最新作である”Van Weezer”が、なかなか良い!
ぜひ今はもうWeezerを聴かなくなかった人にも聴いてほしい。

こちらリードトラックです。
Van Weezerってタイトルの通り、Van Halenに寄せてるちょっとハードロック調のイントロですけど、曲が始まるといつものグッドメロディーでした(笑)。ちょっと脱線しますがVan Halenといえば映画「レディ・プレイヤー1」の冒頭にも流れましたね。

話はWeezerに戻りまして、コロナによるパンデミックで医療従事者に捧げた”Hero”もこれまたいいんです。

歌詞がいいですよね。
やっぱし人って誰かに力を借りることも大事ですけど、自分の足で、ひとりで歩いていくものだと。元気が出ます。

はい、こんな感じです!
昔のままじゃないですか?変わらないってことも大事ですよね(笑)!
「それだったら昔の音源聴くわ!」
という方にはコチラ。
2019年リリースの”Black Album”では、新しいサウンドに挑戦しています。

ちょっとエレクトロに接近した浮遊感とドリーミーさが心地よい。
個人的にはハードロック路線よりもこっちの方が好みです(笑)。

そして同じく2019年にリリースされた”Teal Album”は、昔の曲をカバーしています。

この曲は誰もが知っているはず!いいですよね。

2020年に出たアルバムはまだ聴いてません!なんかオーケストラを取り入れてるらしく、ちょっと違うかなーという謎の食わず嫌い。

みなさんもぜひ、今の気分にあったWeezerのトラックを発見してみてくださいね!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。