Surfer Blood Summer Sonic サーファー・ブラッド サマソニ 2010

ブレイク中サカナクションのあとにひっそりと登場。

スポンサーリンク

サーファー・ブラッドがサマーソニック2010にて来日した際のTシャツです。

彼らといえば2009年のデビューシングル「Swim」がPitchforkにてBest New Musicを取っており

ぼくはまたしてもピッチフォーク経由で知りました。

デビューした時から今までずーっと新作が出る度に買い、聴き続けています。

 

名曲「Swim」

 

ウィーザーっぽいですが、もっとドリーミーな感じです。

彼らの奏でるこの太陽の光いっぱいに浴びた感じのギターポップがぼくは大好きなんです。

 

「Swim」が収録されたデビューアルバム「Astro Coast」(大学の寮で奨学金を使ってレコーディングされたそうです)」が

2010年にリリースされるやいなや、ピッチフォークをはじめとするメディアで大絶賛され、スマッシュヒットを記録。

世界各地のフェスに出演し、その流れで日本にも来てくれました。

サマソニではSonic Stageという中くらいのステージの2番目の登場。

最前列で観れました。

サマソニで、最前列でフェンスにもたれかかりながら観たアクトなんて、後にも先にもサーファーブラッドぐらいです。

ひとつ前のアクトがブレイク中のサカナクションでして、観てる人が10倍ぐらいいたと思います笑。

 

 

そのときのTシャツがコチラ。わかる人はわかると思いますが、

Joy Divisionの名盤「Unknown Pleasures」のジャケットのパロディとなってます。

なかなかセンスいいですよね!

 

バンドメンバーの死

 

当時も今もめちゃめちゃ人気があるというわけでもないですが、

 

2011年にEP「Tarot Classics」、2013年にセカンドアルバムである「Pythons」

そして2015年にはサードアルバムの「1000Palms」をリリースと

コンスタントに良質な作品をぼくたちに届けてくれる稀有なバンドだと思います。

 

そんな折、オリジナルメンバーであるギタリストのThomas Feketeが突然バンドを去ります。

理由は、とても珍しい癌の一種に冒されたためです。

そして肺と脊椎に転移もしているとのことでした。

彼らはGoFundMeというクラウドファンディングのサービスを使ってトーマスの治療費を集めましたが、

2016年の5月、彼はこの世を去ります。

 

長年一緒にやってきたバンドメンバーが、病気という不本意な形でバンドを抜け、死に至ってしまう。

こんなに悲しいことがあるでしょうか。

ぼくはピッチフォークでサーファーブラッドに関するニュースが出る度にチェックし、快復を祈ってましたが

叶うことはありませんでした。

 

そのあとのインスタの投稿。愛してるよ、君がいないと今のぼくらはなかったと。泣けます。

 

悲劇を乗り越えて

その後メンバーチェンジを経ながらも彼らは精力的に活動を続け、待望の新作「Snowdonia」をアナウンス。

 

アルバムトレイラー。氷山がジャケで、冷たい印象を受けますが、どうなんでしょうか。

 

先行シングル「Matter of Time」のPVもアップされました。

こちらはもう相変わらずのサーファーブラッド印な感じで最高です。

 

想像を絶する、大変なことがあったのにもかかわらず活動を続け

変わらぬグッド・クオリティの曲を届けてくれる彼らには

感謝しかありません。

新作も必ず買って、彼らをサポートし続けたいと思います。

また、サーファーブラッドのような、みんなが知らないであろういいバンドを

ぼくはネットを介して多くの人に届けていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

Dinosaur Jr. ダイナソーJr. Hostess Club Weekender 2012

白髪の轟音ギター使い+ヘロヘロVOICE

 

スポンサーリンク

 

来る1月26日(金)、来週金曜日に六本木EXシアターにて

来日公演が決まっているダイナソーJr.が、2012年に来日公演を行った際のTシャツです。

 

めちゃくちゃギュインギュイン言ってるJのギター。

ブリンブリン言ってるルーのベース。

二人に寄り添うようなマーフのドラム。

ぼくはもうこの3人の奏でるカルテットが大好きで、CDもほぼほぼすべて聴いてきました。

 

ただ出会いは再結成後の2005年から。

バンド名自体は知っていたのですが、

復活後初のアルバム「Beyond」がPitchforkにて高得点を記録し「Best New Album」を取ってていたことで聴いてみようかな、と思い

次のアルバム「Farm(2009)」もベストニューミュージック選ばれていたので、ようやくそこで購入しました。

 

結果「どうしてもっと早くチェックしてなかったんだ!」と思いましたね。

轟音ギターにあま~いメロディ。考えてみればぼくの嗜好性から好きにならないはずがありませんでした。

その後過去のアルバムをTSUTAYAで借り、借りるだけに飽き足らず、特に好きになったアルバム

「Green Mind」や「Where You Been」はCDで買い直しました。

グリーンマインドはジャケットだけ知ってるという方も多いのではないでしょうか。

TシャツのデザインになってBEAMSとかでもたまに目にしますね。

 

 

こんなんです。

このアルバムは他のアルバムと違いアコースティックでみずみずしい感じですね。

入門盤としてもオススメできます。

 

スポンサーリンク

 

8:45の砂塵のごとき轟音ギター

 

話をぼくと彼らとの出会い「Farm」に戻します。

このアルバムのどこが気に入り、ダイナソーJr.を好きになったかというと、

11曲目に収録されている「I Don’t Wanna Go There」がめちゃめちゃよかったからです。

この曲結構長めの8:45もありまして、歌もあるんですけど

ほぼ全編ひずんだギターとギターソロが延々と続くんです。

それが心地いいのなんのって。トリップ間違いなしです(あくまでもぼくの場合です笑)。

この曲を聴くと、

轟音ギターの粒子が砂嵐のように

身体の周りをすごいスピードで回っているような感覚になります。

(ちょっと頭おかしいかもしれません)

動画はコチラ(※音が出ます。音量にご注意ください)。

 

曲は11分ちょうどぐらいから始まります。

 

ジャケットもなんかいいんですよね。アルバムの世界観がよく表れております。

LPでも買ってしまいました。

 

 

I Bet On Skyリリース後のライブ

 

さてそんなダイナソーJr.を初めて観る機会が訪れたのが、この2012年のライブだったわけです。

時期としては、ぼくが彼らを好きになるきっかけとなったアルバム「Farm」の次の作品「I Bet On Sky」が出たあと。

このアルバムももちろん最高です!Tシャツもジャケットのかわいい鳥がモチーフ。

 

 

単独公演ではなく、Hostess Club Weekenderに出演し

以前ご紹介したFucked Upと同じ日のヘッドライナーを努めました。

その日の様子がコチラ。

 

 

もうめちゃくちゃ興奮しましたね。

フェスでのライブって新しいアルバムからの選曲に偏りがちな気がしますが、

この日は新旧織り交ぜたセットリストで大満足でした。

 

そんな彼らですが、来週いよいよ待望のJapan Tourを行うことがアナウンスされております。

 

 

サマソニの深夜枠+一夜限りのライブ以来、5ヶ月振りの来日!日本好きなのでしょうか。

もちろんぼくは参戦します!ようやく観れる、2回目!

新作まだ聴いてないんですが、シングル聴く感じだと好感触。

サマソニの様子が動画で出てました。

 

 

いやあ~本当に楽しみ。

予習しながら楽しみに待ちたいと思います。

当日の様子はまたしっかりとレポートします!では。

 

スポンサーリンク

Neutral Milk Hotel Hostess Club Weekender 2013

恵比寿ガーデンホールが果てのない草原に変わった瞬間

スポンサーリンク

 

ニュートラル・ミルク・ホテル。

果たして日本人でこのバンドを知っている人がどれだけいるのかわかりませんが、

そんな彼らが2013年に初の来日公演を行った際のTシャツです。

 

 

このヘンテコな、頭が楽器に変わってしまっているキャラクターがトレードマークです。

代表作は「In the Aeroplane Over the Sea」

 

 

これまたヘンテコなジャケットが目を引きます。

作品のリリースは1998年であり、リリースされるやいなや

評論家から絶賛されまくり、ぼくが影響を受けまくっている辛口批評サイトPitchforkでも

Top 100 Albums of the 1990s」いわゆる90年代の名盤で4位に選出されております。

(ちなみに1位はRadioheadの「OK Computer」)

ぼくも御多分に漏れずピッチフォークで彼らを知りました。

再結成のニュースが大きく取り上げられておりその存在を知り、興味を持っていたところ、

Hostess Club Weekenderにて初来日のアナウンスがありました。

こういうバンドをさらっと呼んでしまうホステス、すごいですよね。

ライブの内容は言わずもがなです。

 

ニュートラルミルクホテル以外にも見どころたくさん!

 

 

イベント自体は2Daysありまして、Neutral Milk Hotel以外にも豪華ラインナップが名を連ねていました。

一日目はSebadohやDelorean。

二日目のDeerhunterやFour Tet。

 

サイン会も毎回開催!

 

このイベントの醍醐味はライブだけではなく、毎回行われるサイン会だと

ぼくは思ってます。しかもほぼ全てのバンド。さすがにトリはやらないときがありますが・・・

現在もやっているかどうかは定かではありませんが、朝頑張って起きてサイン会が開かれるバンドの作品を買えば

整理券がもらえます。結構な大物が目の前で買ったCDにサインをしてくれるんです。

ぼくが今までにサインをもらったバンドはDinosaur Jr.やWavvesがおります。

この日はダイナソーJrでベースも弾いているLou Barlowがリーダーを務めるLo-fiバンド、セバドーのサインをゲットしました。

 

 

これは嬉しいですよね!バンドにもCDにも愛着が沸いて、大事にしたくなります。

ちなみに今年のHostess Club Weekenderには、Pixiesがヘッドライナーとして出るそうです。

好きなバンドが来るならばぜひオススメしたいイベントです!

スポンサーリンク