春アウターをお探しの方に朗報!ご存知でしたか?MADE IN USAでこのお値段

アメリカ製、マルチカムのアノラックパーカー

 

スポンサーリンク

 

寒い日も少なくなり、

そろそろ春の足音が聞こえてきそうな今日この頃。

 

雨の日も風の日でもいける

全天候対応型のマルチギアがコチラ。

 

 

 

完全ミリタリー仕様の、US製アノラックパーカーです。

 

 

アメリカ製の証。

こういうのがたまりません。

 

アノラックパーカーとは

 

ウィキペディアによると下記の通り。

 

アノラック(anorak)とはウィンドブレーカーの一種。

山岳登山などでよく利用される防寒性に優れたフードつきの上着。

元はアラスカ先住民のイヌイットが着るアザラシ皮の上着だった。

パーカ、パルカ(parka)とも呼ばれる。

 

元々は皮の上着だったようですが、

現在では防寒性・防風性に優れている点を受け継ぎ

コットンやポリエステルが素材の軽やかなモデルが多いです。

 

 

 

こちらの商品は

ポリエステル65%、コットン35%

とパリっとした手触りが特徴。

着心地も非常に軽く、頭をすっぽりと覆うフードも備わっています。

シルエットは少しゆったりとしているので

中に数枚着た上に羽織ることができます。

お腹と裾の部分はドローコードで調節が可能。

 

 

胸の部分にはフラップ付きの浅いポケットもあります。

こういうギミックもたまらん。

 

暑かったら手に持っても軽いですし、

肩にかけてもいいと思います。

まさに春アウターにはうってつけです。

 

 

マルチカムって?

 

聞きなれないマルチカムという柄は、

カモフラージュ柄の一種です。

 

ウィキペディアによると

 

マルチカムは基調色を茶色から明るいカーキ色と

ライムグリーンのグラデーションとし、

斑点は緑と黄緑のグラデーションと

明るいピンク色のものを均等に配している。

これにより、見る角度によって

緑にも見えたり茶色にも見えたりする上、

斑点によって基調色が分断されて見える。

とのこと。

クライ・プレシジョン(Crye Precision)社により開発された迷彩パターンだそうですが、

アメリカ陸軍からの採用には至らなかったようです。

 

 

ミリタリージャケット二着目として持っておいてもGOOD

 

カムフラージュ柄のミリタリーアイテムといえば、

こちらのような「ウッドランド」と呼ばれる柄が王道かなと思います。

 

 

 

ですので、マルチカムはなかなか珍しく、

なおかつ形も全く異なる

アノラックパーカーは

人と被ることが少ないかな、と。

 

ただこの王道の

M-65フィールドジャケットも

めちゃくちゃかっこいいので、

ミリタリージャケットとしては

二着目以降でもいいかもしれないです^^

 

スポンサーリンク

 

 

【芸能人愛用!】ダウンタウン 浜ちゃんが着用のパーカーは?

先日投稿したあのアイテム

 

先日投稿した「SUBPOP」のスウェットパーカー
ダウンタウンの浜ちゃんが、TV番組の「ケンゴロー(2月28日放送)」にて
着用していました。

元の記事
https://www.lmaga.jp/news/2017/02/20778/

着用アイテムはコチラ。

 

 

セール中でお手頃価格になってますね。
グレーのボディに「NO COMMENT」とプリントがされています。
浜ちゃんの着こなしはアメカジ感がカッコイイですね。

ぼくが買ったピンクのものとは違って、使いやすそうです笑。

 

 

 

程よく裏起毛になっていて暖かく、着心地も気持ちいいです!

暖かくなってくるこれからの季節、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか^^

 

スポンサーリンク

【前回の続き】携帯代、払いすぎていませんか?デュアルSIMを活用する際に気をつけたい3つのこと

「デュアルSIMを活用する際に気をつけたい3つのこと
(通話:docomo データ:楽天モバイルで契約する場合)」

前回の投稿にて、デュアルSIMの有用性について
熱弁させていただきましたが、実際に買い換えてみて
気が付いたことがいくつかありましたので、共有したいと思います。

携帯ショップで変人扱いされる!?

携帯を買うとき、普通は
1.機種を選ぶ
2.通話プランを選ぶ
3.パケットプランを選ぶ
というステップで進んでいきますが、SIMのみ契約をする場合は
1をすっ飛ばして、2だけ選んで、3もすっ飛ばす
という流れになりますので、ぼくは携帯ショップの人に
「めんどくせー客が来たなー」
的な対応をされました。
ただ最後には
「愛媛ではまだまだそういう買い方をするお客様が少ないので、ちょっと驚きました。」
と店員さんが話してくれて和やかに契約を終えることができましたが。

一番安い通話プランで契約させてくれない!?

ぼくがデュアルSIMに変える理由は
ガラケーのカケホーダイプランを契約して、通話代を抑える!
という目的があったのですが、そう簡単にはいきませんでした・・・。
その理由は2つあります。
1.SIMカードを挿すのはあくまでもスマホなので、ガラケープランで契約させてくれませんでした。無理やりでも契約するためには今まで使っていたガラケーを持っていく必要があると言われる。
2.諦め切れずに昔のガラケーを発掘し、持っていったとしても、そもそもSIMフリーの携帯に対応しているSIMカードのサイズはnanoかmicroなので、挿せない。
ということで、結局スマホ用のカケホーダイプラン(月々2700円)を契約しました。
その一つ下で、5分までなら通話料無料のカケホーダイライトプランというものも
あるのですが、パケットも一緒に申し込まないと契約できません。

ネットが遅い

データSIMは楽天モバイルの一番安いプランである
月々525円のベーシックプランで契約したのですが、ネットがあんまし早くないです。
特に画像の読み込み。
ぼくは家やそこかしこにあるwi-fiを活用しまくるつもりだったのですが、
やっぱりwi-fiがないところでデータ通信を行なう場合も多いですので、
そこは不便に感じることが少なからずありました。

まとめ

ということで、
通話SIM:docomo スマホカケホーダイプラン 2700円
データSIM:楽天モバイル 525円
で月々3,225円(税別)でスマホ運用を開始したのですが、
通話料が想定よりも高いプランで契約しなければならなかったのと
データ通信が期待していたよりも遅かったという結果になりました。

ですが、通話を気兼ねなくできるという点と
wi-fiが繋がる環境を有効活用すれば、全く不自由なく、
なにより安くスマホを使うことができます。
ちなみにぼくはZenfone3という機種を使ってるのですが、
高機能で非常におすすめです。

来年携帯を買い替える予定のある型は、ぜひ検討してみては
いかがでしょうか^^

 

スポンサーリンク