【ご存知でしたか?】アウトレットでお買い物をする際の注意点

アウトレット専用のブランドがある!

 

先日、神戸三田のプレミアム・アウトレットで買い物をしました。

 

「MIS(エムアイエス)」のポーチです。

 

 

このブランド、ミルスペックに準拠、

強靭なコーデュラナイロンを用いた

耐久性の高いプロダクトを次々と世に送り出しています。

 

そしてその全てが、アメリカはカリフォルニアのファクトリーにて

製造されているそうです。

 

とそんな話は置いといて

 

アウトレットのセレクトショップには、

 

アウトレット専用のブランド

 

があることを
みなさんご存知でしたか?

 

例えば、BEAMSやユナイテッドアローズには
それぞれ
BEAMS HEARTと
A DAY IN THE LIFE
というブランドがあるんです。

 

街中にあるビームスや
ユナイテッドアローズに販売されている
商品と比較すると
ビックリする値段で売っています。

 

3,000円や4,000円はざらです。

 

さらに、SALEで2,000円ほどになっているときもあります。

 

ですので、アウトレットでBEAMS HEARTの服を手に取ると
「ビームスなのに安っ!」
と思いますよね。

 

ですが、それはアウトレット用に作られた商品を

定価で買っていることに他なりません。

 

では、アウトレット専用と

そうでないブランドはどうやって見分けるのでしょうか?

見分け方

 

首の後ろの部分のタグを見ればすぐにわかりますが

もっと簡単に見分けることができます。

それは

 

値札を見ること

 

です。

 

今回買った、MISのポーチの例。

 

 

本当に正規の価格からSALEになっている場合は、

 

二重価格表示

 

がされています。

 

要は、

「もともといくらの商品が、いくらになっている」

といった表示をして

消費者によりよい選択をしてもらうわけです。

 

上の画像の例でいうと、

定価4,700円の商品が

2,350円になっていることがわかります。

 

アウトレット専用ブランドには、

二重価格の表示がありません。

 

ただし、ぼくはそういったブランドを
悪く言いいたいわけでは全くありません。

 

ビームスやアローズなどのセレクトショップのオリジナル商品を
消費者にとって身近な存在にするという
役割を果たしています。

 

色々な服を試したい人には向いていますし
アウトレットがきっかけとなって
路面店に足を運ぶこともあるでしょう。

 

どのようにファッションを楽しみたいかは人それぞれですので
様々なライフスタイルに対応してくれることはありがたいですよね^^

 

まとめ

 

以上をまとめると、

 

・アウトレットには専用の安価なブランドがある。
・見分け方は値札を見ること。
・アウトレット専用ブランドが一概に悪いとはいえない。

 

です。

 

ファッションの楽しみ方は十人十色。
自分のスタンスに合った服の選び方をして、
楽しみたいですね^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

【これだけは押さえとけ!】JIMMY EAT WORLDの名曲5選。マンウィズとの対バンライブの予習・復習にも!

9年振りのジャパン・ツアーはMAN WITH A MISSIONとの対バン含む全5公演

 

いよいよ今月末に来日公演を控えた
エモの帝王ジミー・イート・ワールド(以下JEW)。

 

前回来たのが2008年でした
(その時に買ったTシャツの投稿はコチラ)ので
実に9年振りに単独公演を行います。

 

そう考えると、ぼくはもうかれこれ10年以上
新作が出ては買い、旧作含めて聴き続けています・・・
完全なるロイヤルカスタマーではないでしょうか(笑)。

 

もちろん今回のツアーも参戦します!

 
スポンサーリンク
 

さて、そんなJEWのジャパンツアーですが
今回はなんと
MAN WITH A MISSION、通称マンウィズ(以下MWAM)との
対バンが全5公演中3回も含まれています!

 

 

対バンしか売れ切れてないやないかーい(笑)。

 

単独公演は、
大阪は梅田クアトロ、東京は恵比寿リキッドルームの2公演。

 

2008年は、今はなきSHIBUYA-AX(キャパ1500人以上)に観に行きましたが
2017年は、キャパ1000人以下の会場で、ソールドアウトもせず・・・
悲しいですが、MWAMとの公演がバッチリ売り切れるのでヨシとします(笑)。

 

MWAMのファンが、JEWを好きになってくれる
きっかけにもなるかもしれませんし!

 

今回の投稿では、
「MWAMが好きでツアーに参戦するけど
JEWとかいうバンドがゲストでいるらしい。」
ぐらいの方向けに、
ライブを存分に楽しんでいただくために
JEWの名曲5曲を紹介させていただきます。

 

最新のセトリも確認して、演奏していたので予習にも最適!

 

早速1曲目から。

 

➀Sweatness

 

スウィートネスは知っている方も多いと思われる
彼らの代表曲のひとつです。

 

一時期、アサヒスーパードライのCMにも使われてました。

 

ボーカルのジムが高らかに歌い上げる
必殺エモソング。

 

ライブでも定番の曲です。

 

叫んでジャンプしましょう。

 

➁Bleed American

 

 

ブリードアメリカンも、ライブの定番曲のひとつ。

疾走感のある激しめな曲です。

 

➂The Middle

 

 

ザ・ミドルはこれまでの曲とは打って変わって
爽やかなギターポップ。

 

➃A Praise Chorus

 

 

疾走感ありの、爽やかさありの
必殺キラーチューンです。

 

とここまで4曲紹介しましたが
すべて2001年のアルバム
“Bleed American”
に収録されています。

 

それだけこのアルバムは彼らにとっての
ブレイクスルーになったというわけですね。

 

「EMO(エモ)」というジャンルで商業的に成功した
稀有なアルバムなのではないでしょうか。

 


 

JEWの入門編としても最適!

➄Sure And Certain

 

 

おしまいに、
最新アルバムからの選曲も多いですので、
この曲を。

 

個人的にはJEW久々のキラーチューンだと思ってます。

 

激しさや荒々しさはありませんが
円熟を感じさせるメロディとリズム。

 

サビも覚えやすいので、一緒に歌えます!


 

2016年に発売された最新作
“Integrity Blues”
に収録。

まとめ

 

以上をまとめますと、
最新のライブに行くなら

 

・Bleed American(2001年発表の代表作)
・Integrity Blues(現時点での最新作)

 

をチェックしておけば間違いありません!

 

個人的にはBleed Americanのひとつ前のアルバム
“Clarity”が最高傑作だと思っていますし
2010年に発売された
“Invented”なんかもお気に入りです。

 

本当に彼らのアルバムにはハズレがありませんし
作風も毎回若干異なるんですよね。

 

MWAM行かれる方は
ぜひJEWもチェックしてみて
好きなバンドのひとつにしてもらえれば嬉しいな、と思います。

 

そして、自分だけのお気に入りアルバム見つけてみては
いかがでしょうか^^?

 

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました!

スポンサーリンク

【スラッシュ四天王】ようやくロックT揃いました

スラッシュメタル四天王のTシャツが揃いました。

 

先日、メガデスとアンスラックスの日本公演に馳せ参じまして
スラッシュメタル四天王のTシャツがすべて揃いました!

 

これを機に、今回の投稿では
スラッシュメタルを知らない方のために
スラッシュメタルの成り立ちと
代表曲の紹介をしたいと思います。

 

今回の投稿をきっかけに、Tシャツに興味がある方が
スラッシュメタルにも興味を持っていただけたら嬉しいです。
 

スラッシュ四天王とは

・Anthrax(アンスラックス)
・Slayer(スレイヤー)
・Megadeth(メガデス)
・Metallica(メタリカ)

の4つのバンドを指します。

 

ただバンドの世間の扱い的には

 

メタリカ

 

スレイヤー

 

メガデス

 

アンスラックス

 

ぐらいなのかな、と(笑)。

 

さて、もっというとスラッシュメタルとは、
1980年代にアメリカで登場したメタルのジャンルで
Wikipediaによると

 

NWOBHMとハードコア・パンクの私生児ともいえる音楽性で、
ギターソロよりもギターリフに重きを置き、スピード感を重視した楽曲が多い。

 

とのこと。

”NWOBHM”とは
“New Wave Of British Heavy Metal”
の頭文字を取ったもので(長っ)
1970年代後半にイギリスで発生した
ムーヴメントです。

 

スラッシュメタルとは異なり、
音楽ジャンルを指すものではありません。

アイアン・メイデンやデフ・レパードが代表的なバンドだそうな。

 

そのNWOBHMと
これまた1970年代に流行した
ハードコアと呼ばれるジャンル(パンクを激しくしたような感じです)
が合体したのがスラッシュメタルであるそうです。
英語にすると

“Thrash Metal”

と書きます。

 

“Slash”ではないんですね。

 

Thrashとは英辞郎によると

 

【他動】
~を強く打つ、打ちすえる
~を(徹底的に)打ち負かす
〔手足を〕バタバタさせる

 

だそうです。

文字通り、激しさを表しています。

 

成り立ちはこんな感じですが、
個人的には
頭振ったり、テンション上げたいときに最適な音楽であると認識しています(笑)。

 

スラッシュ四天王の代表作

 

各バンドの代表曲と
収録アルバムも紹介しておきます。

 

・メタリカ

“Master Of Puppets”


 

・スレイヤー

“Raining Blood”


 

・メガデス

“Holy Wars…The Punishment Due”



・アンスラックス

“Cought In A Mosh”


どれも個性的で、名盤揃いです!

 

スラッシュ四天王のロックT

 

さて、お次は4つのバンドのTシャツ紹介を順に紹介します。
メタリカとスレイヤーについては以前投稿したものです。

 

・メタリカ(2013年サマーソニック)

 

・スレイヤー(2012年ラウドパーク)

 

・メガデス(2017年ジャパン・ツアー)

 

・アンスラックス
(同上。個人的に四天王の中では音もデザインも1番好きなので、
2009年ラウドパークでも買いました)

 

どれもクソダサいです。
でも普段使いします。

 

余談ですが、このサイト名である まろです は
メガデスのロゴをもじっています笑。

 

ちなみに、各バンドのTシャツは
楽天市場でも簡単に手に入ります。

 

無難なメタリカ。

 

デザイン的に取り入れやすいスレイヤー。

 

通なメガデス。

 

デザインがコミカルで、メタルっぽくないアンスラックス。

 

お気に入りは見つかりましたでしょうか^^

 

今年の夏はスラッシュメタルT着て、もちろん音楽も聴き込んでから

共にフェスに参戦しましょうではありませんか(笑)!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク