【最強アウター】MADE IN USAを追い求めて行き着いた先

冬がはじまるよ

 

今年も寒くて長い冬が訪れようとしている中、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

10月までは暖かい日もあって、なんとかTイチで過ごせる日もありましたが、11月からはなかなかそうもいきません。
今ぐらいの少し肌寒い日、ぼくは以前にも紹介したThe North FaceのMountain Raintex Jacketを羽織って出かけています。これはやはり超優秀。
触った感じはペラペラなんですけど、ゴアテックスの三層レイヤーがしっかりと風防の役割を果たしてくれます。
丈が短めなのも合わせやすくて嬉しい。

 

しかしながら、ペラペラのシェルでは寒い日は厳しい。具体的には気温が10度前後もしくは10度以下のとき。
そんな日には同じくThe North Faceの名作Baltro Light Jacket(バルトロ)やNuptse Jacket(ヌプシ)を着て
出かけていたんですが、バルトロはしょーじき暑い。
着るのは移動時間のみで、長時間外にいない日なんかはソッコー脱ぎます。
そして着れば着たで被る被る。冬は1日1人、バルトロフレンドを見かけない日はありませんでした。
愛媛県の松山市という人工少ない町でもそうです。
結構遠目からでも認知できます。すれ違うときは
「おっ、わかってるね」
ってな感じで心の中で唱えます。

 

ヌプシはそれに比べると機能的なのですが、MADE IN USAじゃないのが心に引っ掛かる。

 

どんだけ贅沢や。

 

って感じなのですが、ここはこだわりたい。
しかしMADE IN USAのアウターなんてそうそう見かけない。レザージャケットなんかはよく見ますが、重い。そして寒い。できればぱふぱふがいいのです。
そしてもがき、こだわり抜いた先に遂に出会いました。

“【最強アウター】MADE IN USAを追い求めて行き着いた先” の続きを読む