Wavves ウェーヴス Hostess Club Weekender 2013

サンディエゴの風を感じるバンド(行ったことないです)。

スポンサーリンク

 

ぼくの大好きなバンドのひとつであるWavves。

カリフォルニアはサンディエゴ出身のパンクロックバンドです。

彼らがHostess Club Weekenderというイベントで来日をした際のTシャツです。

このイベント自体が知られてなさそうなのでご説明しますと、Hostessというレーベルが運営するフェスのようなものです。

Hostessは海外の複数のインディ・レーベルとライセンス契約を結んでおり、

微妙に知名度が低いバンド(でもやってる音楽のクオリティは大手レーベルの所属アーティストに負けません!それ以上のことだってあります)の作品を

日本に届けてくれているレーベルなんです。なんとも応援したくなります。

前置きが長くなりましたが、そんなホステスが開くライブ、出るバンドも微妙に知られていないバンドが多めです。

この日のアクトはWavvesをはじめ、British Sea Power、EditorsそしてヘッドライナーにTravis(こちらは有名ですかね)という感じでした。

会場は、恵比寿ガーデンホール。こちらも知名度低そうですが笑、恵比寿にある体育館みたいなイベントスペースです。

WavvesはCDで聴く以上の爆音で歪んだギターを鳴らし、ポップなメロディで青臭ーい曲たちを届けてくれました。

もうこれだけで来た甲斐があったってもんです。また来日するなら絶対観に行きたいですね。

こちらのTシャツは、ニルヴァーナ風のWavvesのフォントにニルヴァーナ風の3人が並んでプリントがされております。

このプリントにはちゃんと元ネタとなった写真があるそうです。バックプリントはありません。

このTシャツのデザインが好きすぎて夏は普段着で着ますし、サマソニに着て行ったら外国人に「Nice Shirts!」と話しかけられました笑

 

スポンサーリンク

The Vaselines Summer Sonic ヴァセリンズ サマソニ 2009

あのカート・コバーンも大好きなヴァセリンズ

スポンサーリンク

 

 

ヴァセリンズが2009年にサマーソニックで来日した際のTシャツです。

ヴァセリンズはニルヴァーナがカバーしたことで一躍有名になったそうですが、

ぼくはPitchforkで2008年の再結成時のニュースやレビューで彼女たちを知りました。

新しいベスト盤が高得点だったものですから、ミーハーなぼくはすぐにCDを買い、サマソニ前夜にタワレコ新宿で行われたインストアライブ&サイン会もしっかり行きました笑

ジャリジャリしたギターサウンドに女性ボーカルの甘いメロディーがのってくる感じが好きなんですよね。

ちなみにヴァセリンズが出演した日はグリズリーベア~ヴァセリンズ~Teenage Fanclub~ソニックユース

そしてThe Flaming Lipsというタイムテーブルでした。

当時はノーマークでしたが、なんとしょっぱながTame Impalaという今考えてもすごいラインナップ。

TAFCのノーマンがヴァセリンズのライブに飛び入り参加もしたんです。

再結成後も新作を2枚ほどリリースしているようですが、そっちはまだ聴いてません。どうなんでしょう。

このTシャツはブラックのボディにThe Vaselinesのロゴがプリントされているシンプルで潔いデザインです。

ちなみにコレ、物販の開始と共に即完売していました(販売数が少なかっただけかもしれませんが)。

 

 

勢い余ってピンクも購入しました。ライブあるあるですね笑

 

スポンサーリンク

Jimmy Eat World Japan Tour 日本公演 2008

エモの帝王ジミー・イート・ワールド

スポンサーリンク

 

 

ジミーイートワールドが、2008年にSHIBUYA-AXにて来日公演を行った際のTシャツです。

 

2016年にアルバム「Integrity Blues」をリリースしたJEW。

毎回コンスタントに安心のクオリティで作品を届けてくれる彼らは、ぼくが大好きなバンドのひとつです。

 

出会いは大学1年まで遡ります。当時UKロックばかり聴いていたぼくに「USもいいよ!」と

軽音サークルの先輩が「Clarity」をおススメしてくれたことがきっかけです。

 

初めて聴いたときに「こんなに透明感のあるロックを鳴らすバンドがいたのか!」と感動したことを

今でも覚えています。特に最後の曲「Goodbye Sky Harbor」の延々と続くかのようなループに陶酔していました。

 

このTシャツは「Chase This Light」のリリースツアーのものです。バックプリントなし。

ブラックのボディにブラックでI ♡ JIMMY EAT WORLDとプリントされています(ハートの部分だけ赤)

よくあるアイラヴニューヨーク的なあれです。バンドが鳴らすサウンドからは考えられない、

とてもかわいらしいデザインですよね。

 

ちなみにこのライブの前座は「Maritime」というバンドでそちらも最高でした。

 

伝説的なエモバンド「Promise Ring」の解散後に、ボーカルとドラムが結成したバンド、

よくないわけはありません!特にプロミスリングは最高なのでぜひ聴いてみてくださいね。

 

ぼくのおすすめアルバムは「Very Emergency」です。

 

スポンサーリンク