準備できてますか? 春に着こなしたいその②タイダイ染めパーカー

 

かつては愛と平和の象徴だった!ド派手なタイダイ染め

 

今回の投稿は、最近ゲットしたタイダイ染めのパーカーです。

 

タイダイ染め。

それはぼくにとって音楽、特にサイケデリックロックなイメージがあります。

そもそもタイダイ染めって何なんでしょうか?

歴史を少し調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

タイダイ染めとは

 

”Tie(縛る)”と”Dye(染める)”を組み合わせた言葉で、

その名の通り縛って染める手法です。

日本語に訳すと「絞り染め」となるそうです。

 

折ったり、ねじったり、丸めたりしてバンドで固定し

様々な色で染めることにより

 

独特の風合いに仕上がります。

 

 

このパーカーで言うと、

ちょうど中央に丸めて染めたことがわかります。

色の混ざり合った部分もキレイに出ていますね!

 

 

ファッションとして用いられるようになったのは1960年代から。

 

 

ヒッピー文化が流行していた頃で、

何にも縛られたくない

ラブ&ピースを主張する若者たちに好まれていたそうです。

 

誰にも縛られたくない人たちが、

縛られて染められたTシャツなどを愛用してたのって

ちょっと面白いですね笑。

 

ぼくはそんなことは露知らず、

古着屋でよく見かけていて、そういう染め方なんだろうな、と

なんとなく知っていた程度でした。

 

 

 

こんな感じのやつです。

 

派手すぎてなかなか手を出してこなかったのですが、

この度勇気を出してゲットしてみました。

 

 

ブランドはBLANKSという日本初のものです。

 

 

バックプリントもあります。

このスプレーで書いたっぽい感じがカッコいいです。

 

これを見たときに、Tシャツはよく見るけど

タイダイ染めのパーカーなんて珍しい!と

一目で気に入ったんですけども

探してみるとまあまあありました笑

 

 

 

 

 

Colortone(カラートーン)というブランドが有名みたいです。

価格もお手頃です。

 

 

ただし、めちゃくちゃ目立ちます。

 

遠くからでも一発で分かりますので、ディズニーランドとか

USJとかテーマパークに着て行くのもいいかもしれません笑。

 

暖かくなってくるこれからの季節、

人とはちょっと違うカラーを着こなしてみませんか?

 

それでは!

 

スポンサーリンク

準備できてますか? 春に着こなしたいその① スウェットパーカー

まさに「音楽とファッションをつなぐ」アイテム

 

今回の投稿は、アメリカはシアトルのレコードレーベル

「Sub Pop(サブ・ポップ)」のパーカーです。

BEAMSにて購入。

サブポップはかの有名なニルヴァーナやソニック・ユース、

最近ではThe Postal ServiceやFleet Foxesを輩出したレーベルです。

 

スポンサーリンク

 

パーカーはこんな感じ。

 

 

ピンクですね。

 

暗くなりがちな冬のコーディネートに

彩りを添えてくれます。

 

裏起毛で、秋冬にピッタリ。

 

フロントには「LOSER(ルーザー)」のプリントが。

ベックの代表曲かと思いましたが、調べてみたらサブポップからは

出していないようです笑。

 

バックにはサブポップのロゴがプリントされています。

このデザインかっこいいですよねえ。

 

 

 

 

ぼくはピンクに挑戦したかったので

たまたまこの商品を手に取ったんですけど、

ベーシックなカラーももちろんあります。

 

 

 

 

価格は安いものから7,000円ぐらいですね。

ユニクロやH&Mと比較すると高いかもしれませんが、

好きなレコードレーベルを身にまとえると思えば

安いもんです。

こちらは「NO COMMENT」とプリントされています。

LOSER(負け犬)よりはいいかもしれません笑。

 

スポンサーリンク

くつしたひとつで幸せに。ROSTER vs CHED SOX ソックス日米対決!

日本製か?アメリカ製か?靴下対決!

スポンサーリンク

 

最近、靴下に凝ってるんです。

 

というか服は全般的に、意識して、日本製かアメリカ製しか買わないようにしています。

 

なぜそうするのか?

 

話は飛ぶんですけど「消費することは、社会を創造することである。」

「投資家がお金よりも大切にしていること」という本で読んだからなんです。

 

 

 

 

コチラの本です。

 

ぼくはこの本を読んで、

お金の使い方に対する考えがいい意味で変わりました。

 

気になる方はぜひどうぞ^^

 

要は、ぼくは安い中国製よりも、少々高くても

素晴らしい技術を持った日本やアメリカの町工場で作られたような

しっかりした製品を買うことによって、

もっと市場にそういった商品が出回るような手助けをして

社会を元気にしていきたいからなんです。

 

もとから「MADE IN JAPAN」や「MADE IN USA」というブランドを

単に好きだったということもありますが笑

 

さて話は逸れましたが、この度2種類の靴下を買ってみました。

 

 

日本代表 ROSTER SOX

 

最初にご紹介するのはロスターソックスです!

以下、ZOZOTOWNの紹介文より。

 

ROSTER / ロスター

「ROSTER」は野球用語で一軍登録などを意味します。

 

安いものが沢山ある靴下の業界で、

「Made in Japan」と「スポーツソックス」に特化して、

そのデザインで靴下業界の一軍で活躍したいという

思いがブランド名に込められています。

 

デザインもデザイナー自身が生まれ育った環境

や気になるものを落とし込んでいます。

 

また、スタイリングの中で靴下がわき役でなく、

中心になれるようなソックスを目指しております。

 

靴下の帯が透明なのは、靴下のデザインが見えるようにという考えからです。

 

日本製でスポーツソックスに特化していると。

 

靴下を脇役でなく主役にと。

 

カッコいいです。

 

 

 

 

これは一例です。

定価は2,000円ぐらいなんですが、
探せばセールで1,000円ちょいでも買えます。

 

履き心地は、ざっくりとしていて柔らかな感じです。

 

米国代表 CHED

 

すいません、アメリカの靴下といえばコレ!っていうのが

他にもあるのかもしれませんが、

今回手にしたものがたまたまCHEDだったので

勝手に代表に選出させていただきました笑。

 

以下ZOZOTOWNの紹介文。

 

【CHED】

1970年代に米国で登場し

企業やイベント用のTシャツのボディとして

国内外で親しまれたブランド゙です。

1980年代後半に消滅しましたが

20年余りを経て2015年に復活し

日本にも再上陸しました。

Tシャツやトートバッグ、キャップを中心に

懐かしさと新鮮なアイテムを展開しております。

 

なんと最近復活したブランドだそうです。

なんとも応援したくなります。

 

 

 

 

こちらではアラスカ、アメリカの国旗そして
ぼくの買ったカリフォルニアのデザインが売られていました。

集めたくなっちゃいます・・・笑

 

価格はロスターと同じく定価で2,000円ぐらいで、
セール品で1,000円いきません。

とってもお得。

 

履き心地はというと、肉厚で足全体がキュッと包み込まれるような感じです。

 

勝者は・・・USA!

 

これは完全に個人の好みの問題だと思いますが、
ぼくは厚手でしっかりとした服が好きなので
CHEDの方が好みでした。

また、履いたらちょうど足首くらいにマークが来るので
ショーツと合わせてもカッコいいです。

 

ただ、ロスターのざっくりとした履き心地も
普通の靴下とは一線を画しているとぼくは思います。

 

みなさんはどちらが好みでしょうか?
興味があれば、ぜひ履きくらべてみてくださいね^^

 

スポンサーリンク