【ライブグッズ紹介!】Justin Bieber Purpose World Tour ジャスティン・ビーバー 日本公演 2016

ジャスティン・ビーバーのパーパスツアー、待望の来日公演

スポンサーリンク

先日のグラミー賞の最優秀アルバムに最新アルバム「Purpose」がノミネートされたジャスティン。

そのアルバムを引っ提げて行われたジャパンツアーに参戦してきたときのグッズです。

 

デザイナーはジェリー・ロレンゾなる人物。

彼の手掛ける「FEAR OF GOD」は三代目J Soul Brothersやカニエ師匠も愛用しているそうです。

 

 

パーカーのデザインは比較的シンプルです。

フロントにパーパスのロゴ、

袖にはワールドツアーとプリントされています。

 

公演自体は8月の13日と14日の土日に

幕張メッセにて行われました。

日本はお盆休み真っ只中で、相当チケットが売れそうなタイミング。

案の定チケットは即ソールドアウトしてました。

 

炎天下でグッズ売り場の列に1時間半ぐらい並び、暑くてすぐ着れないこのパーカーをなぜ買ったか。

それは他のツアーグッズに手を出せなかったからです笑

 

 

グッズのラインナップはこんな感じでした。

ほぼ全てのグッズに、ジャスティンの顔がプリントされています。

 

男性であるぼくが、めちゃめちゃイケメンの顔がプリントされているTシャツを着ていたら

周りからはどう思われるんだろうか。なんかゲイっぽいな、とか思われるんじゃないか

とビビッてしまいました笑。

 

先述のスティービーワンダーとはわけが違います。

友人にはあれ程ダサいロックTは見たことないと言われてますが、ぼくはスティービーなら自信を持って着れます。

 

でもジャスティンは躊躇してしまいました。

グッズを買うとしたら、消去法で

顔が写っていないアイテムはこのパーカーしかなかったというわけです。

 

しかしそんな心配をしていたのはぼくぐらいのもので、

会場には普通に着こなしている方が大勢いらっしゃいました。

見習いたいものです。

 

意外と普段使いもいける!

 

 

このパーカー、シルエットは少しゆっとした感じですが、ブラックのボディにエッジィなロゴと、

デザインがロックっぽいのですっきりと着こなせます。

秋はこれ着て結構出かけていました。

もう完全なるビリーバーです笑

 

デザインは「FEAR OF GOD」デザイナー

 

さて今回のツアーグッズのデザインを手掛けているのが

冒頭にも書いたジェリー・ロレンゾさん。

 

 

このジャスティンと一緒に写っている方ですね。

この方は「FEAR OF GOD」というブランドのデザイナーだそうです。

 

カニエ師匠や三代目も愛用とのことで。

調べてみましたが、ビッグシルエットが特徴ではあるが

ロックっぽい要素もある、独特の世界観を持ったブランドでした。

ただブランド品に属するからでしょうか、価格はお高めです。

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

ASIAN KUNK-FU-GENERATION アジカン 20周年ライブツアー グッズ紹介

BEAMSコラボキャップ、ツアータオルそして直筆サイン本

スポンサーリンク

前回ご紹介しました、アジカン20周年ライブのグッズをご紹介します。

ぼくはキャップ、タオルそしてゴッチの本をゲットしました。

 

 

キャップはビームスとのコラボ。

スカジャン風にドラゴンが刺繍されております。

 

タオルは日本製・ジャガード織でしっかりとしております。

ジャガード織ってぼくは調べて初めて知ったんですが、

デザインがプリントされているだけじゃなくて、裏地にまでしっかりと織りこまれております。

そのおかげでフワフワで肌ざわりが気持ちいい感じの仕上り。

 

今回グッズ売り場を見ていて特に気になったのが、

端っこの方にちょこんと併設された「デッドストックコーナー」でした。

過去のツアーグッズやレコード、関連本などが販売されていたんですが、

まあ要は売れ残りですよね笑

 

でもデッドストックという文句で販売すると、なんかお宝発掘みたいな気分になって高まってしまう自分がいまして

売り方うまいな、と感心しつつ自然と列に並んでしまっていました。

売っていたのは以前のツアーでのTシャツやタオル、そしてサイン入りのレコード(Gotchのソロのやつで、Wonder Futureのツアー時にも販売)

だったのですが、目に留まったのがこちらのゴッチの書籍。

 

 

ぼくはもともと読書が好きでして、好きなバンドのTシャツを買いたいと思うことと同じように

特に好きなバンドのメンバーが書いた本であればなおさら読んでみたくなるものです。

 

Eastern Youthの吉野さんの書籍「天沼メガネ節」も楽しく読ませていただきました。

そしてこちらのゴッチの本。「何度でもオールライトと歌え」とタイトルだけでもう前のめりになってしまったぼくだったのですが、

なんと中には直筆サインが。

もう即買いでした笑。

 

これから熟読して、ゴッチイズムをよく理解したいと思います。

ライブには曲を生で聴く以外にも色んな出会いがあるんだな、と

ライブをもっと好きになるような体験ができて有意義な福岡公演でした。

スポンサーリンク

THE NORTH FACE Baltro Light Jacket ノースフェイス バルトロライトジャケットを買った

ベイマックス!?いや、ザ・ノースフェイス バルトロライトジャケットです。

スポンサーリンク

 

本日もファッション関連の投稿をします。

先日に引き続き、念願だったシリーズ第2弾。

バルトロライトジャケットのご紹介です。

こちらはここ2年間ほどずーっと、

雑誌でチラチラ、ショップでチラチラそして街で着て歩いてる人までもチラチラ気になっておりました。

ギア好きの友人のお薦めもあり、毎年気になってるぐらいなら!とこの度購入に踏み切りました。

親しい人のクチコミほど参考になるものはありません。

 

 

うーん、凛々しい。

何色か展開されていますが、ぼくは好きな色であるブルーをチョイスしました。

定番モデルだからこそ、鉄板の黒ではなく違う色を選びかったからです。

シビれるディテールもいくつか搭載されております。

 

 

まずはウインドストッパー。

こちらは名前の通り防風性をもたせるためのものですが、

透湿性も同時に備わっているというスグレモノです。

風を通さないけど、ムレにくい!と相反するダブルの機能を体感することができます。

ちなみに防水性はないそうなので、雨の日は大人しく傘をさします笑。

 

 

続いてはこのチェスト部分のジップ。

 

 

よく見ると止水ジップになっておりまして、

水の侵入をシャットアウト!

最近、ポーターのバッグなんかでもよく見るようになってきましたけど

こういうギミックが男心をくすぐります。

実際は機能を発揮しなくても備わってるだけでOKなんです笑。

 

 

後ろ姿はこんな感じです。ひじょーに凛々しい。

頭がスッポリと入るフードが備わっています。

今回ぼくはジャーナルスタンダードで購入したんですけど、

ラッキーなことに20%オフでした。税抜き54,000円なので、40,000円ぐらいで買えました。

ネットでも探してみましたが、ショップまで行かなくても普通に40,000円で手に入るみたいです。

楽天市場にもありました。買うのにまだまだ遅くないと思います。

ショップの人に聞きましたが、定価でもガンガン売り切れていく商品とのこと。

この値段でもし自分に合うサイズがあれば即買い推奨です。

寒さが本番になるこれからの季節、バルトロと共に楽しく乗り切りたいと思います。

 

スポンサーリンク