カテゴリー
GADGET - ガジェット

OK、コーヒー豆の原種はわかった。では品種にまでこだわって選んでみようではないか

先日、コーヒー豆の原種は主にアラビカ・ロブスタ・リベリカ種に分かれており、世界で飲まれているほとんどのコーヒー豆はアラビカ種であることを書きました。次は、品種について調べてみました。

お米は「コシヒカリ」とか「アキタコマチ」とか、品種(ブランド)がありますよね。そのことに対して、コーヒーは「ブラジル」や「コロンビア」と国名で語られることが多い。ちょっとアバウトすぎやしないか、と。
そんで、ちょっと品種にまで目を向けてみようよ、というのが漫画「ぼくはコーヒーがのめない」の言いたいことであると私は受け止めまして、調査してみたんです。そしたら、すぐにいい感じの図解が見つかりました(笑)。

http://www.hirocoffee.jp/hinshu.html

スペシャルティコーヒーの専門店、ヒロコーヒーさんのサイトにこんな画像が掲載されていました。

主なものは以下の4種類。

①ティピカ

ティピカ種はアラビカの原種ともいわれる最も古い品種です。ブルーマウンテンなどの原種としても知られるこのティピカ種は傑出した甘さを持つクリーンカップですが、病害虫に弱く、生産性が低いことから、市場への流通数は極めて少なくなっています。

同上。以下同様。

②ブルボン

ブルボン種は、ティピカ種の突然変異。1715年にイエメンからレユニオン島(インド洋上の旧ブルボン党)に移植されたものが起源とされています。
現在のブラジルコーヒーの原型ですが、ムンド・ノーボなどの改良種に形を変え、原種は希少となっています。

➂モカ

主にイエメンやエチオピアで栽培されています。一種類の確立した品種ではなく、複数の在来種の混合品の総称であり、特に決まった品種名がないため、通称として 「モカ種」といわれています。
マタリやハラー、シダモなどは栽培している地区の名称であって品種名ではありません。コーヒー豆の銘柄としての「モカ」とは意味合いが異なります。

④パカマラ

エル・サルバドルで開発されたブルボン種の突然変異種パカスとマラゴジッペのハイブリッド品種。
大粒でありながら、エチオピア・イルガチェフェやゲイシャにも似た素晴らしい風味特性を持っています。

➄カツーラ

ブラジルで見つかったブルボンの変異体で。病虫害に強く、低温にも耐えます。
高品質で特に強い良質な酸味を持ちますが、やや渋味も強い面も。コロンビアなどの主力品種の一つ。発見されたブラジルでは土地の相性が悪く、収量の隔年変化のためにほとんど栽培されていません。

⑥ジャワニカ

インドネシアジャワ島からニカラグアに持ち込まれ根付いた品種。
非常に栽培が難しく希少な品種で、品質の良さが話題になっています。味覚特徴はコクも程よくあり、茶葉のような風味があり、それでいて甘いという独特の味を誇り、コーヒー愛飲家から大変評価されてきています。

ここに書かれていないものでいうと缶コーヒーにもなっている「ブルーマウンテン」や「ゲイシャ」は聞いたことがあります。
でも、こんなにたくさんあるとは…まだまだ世の中には知らないことがいっぱいあるんだなーと思いました(笑)。
ひとつずつ、味見していきたいと思います!

以上、品種についてでした。
こんな話を人前ですることができれば、少しはモテるかもしれませんね(笑)。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

カテゴリー
GADGET - ガジェット

フジローヤル「みるっこ」を使い始めて驚愕…挽いた豆の粒度が全然違った

先日、念願のコーヒーミル「みるっこ」を購入したわけですが、確かに味は美味しくても、実際どうなん?と思いまして、今まで使っていた安いコーヒーミルと同じ豆を挽いて、飲み比べてみました。

以下の2枚の画像、どちらがみるっこだと思いますか?

変わんねーよ!
と思われるかもしれないですね(笑)。
でも、よく見てみると、片方の画像の方が、コーヒーの粉が、均一性ありませんか?

こちらがみるっこの挽いた豆です!

粒度に均一性があり、また1枚目の画像と比べると細かい粉(微粉)があんまり入っていません。

粒度が均一だと、微粉が出にくくなります。
微粉がなぜそんなにいけないのか?というと、微粉が多いと、フィルターの目に詰まって過抽出を招くそうです。
エグみと苦みが際立ったコーヒーになりやすい。

実際、2つのコーヒーミルで挽いた豆を別々にペーパードリップで抽出してみたところ、味の差は歴然としてありました。

確かに、みるっこで挽いた豆で淹れたコーヒーは「クリア」で、安いミルの場合は苦みとか後味がエグイ感じがするのです。

「雑味が少なくクリアな味」と抽象的な表現をよく目にするんですけど、それを身をもって体感しました。

以上、みるっこについてでした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
GADGET - ガジェット

コーヒーハンター監修のマンガに学ぶ、コーヒー豆の原種について

遂にみるっこを買ったことで、なんとなくコーヒー通になり、なんとなくうまいコーヒーを飲んでいる気になっている私。
愚の骨頂です。私はまだ何も知らないな、と。あらためて漫画「ぼくはコーヒーがのめない」を読み返していて気が付きました。

普段何気なく口にしているコーヒーですけれど、種類とか品種まで意識して飲んだことってあっただろうか…?いや、ない。
意識したとしても、国ぐらいです。「コロンビア」とか「ケニア」とか。
そして豆の種類すらもよく知らないです。「アラビカ」ぐらい。

漫画を読んでいて、なるほどな~と思ったところがありました。
それは、お米との対比です。
お米は「コシヒカリ」「ササニシキ」とか「アキタコマチ」のように品種(ブランド)で語られるのに対して、コーヒーは「ブラジル」「バリ」とか「ジャマイカ」のように地名で語られていること。
たしかに、品種にまで目が向けられてません。

ですので、これから豆にこだわっていくために、勉強し直してみることにしました。
まずは、品種の前の原種から。

商業用の原種の種類とその特徴

①アラビカ種…世界で飲まれているコーヒーのほとんどを占める

香りが強くまろやかな味と酸味。主にレギュラーコーヒーに使われる。
一般的にシングルオリジンのコーヒーはこれ。

「ぼくはコーヒーがのめない」第2巻より。以下同様。

②ロブスタ種…世界でアラビカの次に飲まれているコーヒー

芳香は少なく、渋みと苦み。
ブレンドの増量用やインスタントコーヒーに使われる。

➂リベリカ種…世界で飲まれているコーヒーの1%しかない

芳香は少なく渋みがある。

リベリカ種の木は大きく、10m以上に育つのに対して、手入れをしたアラビカ種は高さ2.5mほどなので収穫に手間がかかる。また成長が非常に遅く、収穫も少ないため商業栽培がされなくなり、生産量が減少していったらしい。

以上、コーヒーの原種についてでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!