人とかぶらないボールペンをお探しの方へ!「ペンは銃よりも強し」なペン

銃弾をそのままペンにしちゃった!

 

先日、かなり偶然なのですが、西武デパートの「日本製ペンフェア」的なイベントで
素敵なボールペンをGETして参りました。

 

それがコチラ。

 

 

パっと見、普通のボールペンですが・・・
製品紹介の紙には

 

 

武器をペンに置き換えました。
使用済み銃弾(薬莢)を利用したボールペンです。

 

とあります。

 

そうです。

な、なんと・・・
実弾として使用済みの薬莢(やっきょう。弾薬の一部)がそのままペンになっているんです!

 

これにはかなり驚きましたし、カッコイイ!と思い即買い。

 

どんな組織や人が作っているんだろう・・・と思ったら
ちゃんと説明もありました。

 

 

「ペンモード」というMADE IN JAPANのペンを届けるブランドのもので
松川哲也さん という方が手掛けているようです。

 

 

滋賀県で職人の手により一本一本手作りされてるんだなあ、と思うと
より一層愛着がわいてきます。

 

こんなペンなかなか手に入らないだろうな・・・
と思っていたら
楽天市場にも同様の商品がありました。

ネットって本当にありがたいですね。

 

 

 

ページ内での作家紹介文によると

 

●松川哲也 (クラフトデザイナー)
作家プロフィール
1998年 ガラスペンとの出会いがきっかけで独学でオリジナルペンの
製作を開始する。
ターニングで培った技術を生かし、メタルペン、和紙ペンの製作を始める。
最近は貝の美しい輝きをペンに取り入れ、独自のオリジナルペンを製作。
木や和紙、貝や金属など様々な素材を使ったペンを手がけています。
時間の経過を楽しむように、愛着を持って
長く付き合いたくなる、作品を作っています。
匠の技を感じる1本となります。

 

とのこと。

 

銃弾以外にも、色々な素材を使ってペンを手作りしているそうです。
ぜひ他のペンも手に取ってみたいですね。

 

ちなみに、調べてみたら
宇宙でも使えるスペースペンで有名なフィッシャーも
同様の製品を出していました。

 

 

 

こちらも、NASAの検査をクリアしているので
宇宙でも使えるそうです。

 

 

 

スペースペンもかなりクールですね。

 

これまたちなみになんですけど、

ペンのてっぺんをよく見たら
「WINCHESTER 30-06 SPRG」の文字が刻まれていました。

調べてみると・・・

 

.30-06スプリングフィールド弾(30-06スプリングフィールドだん)とは、1906年にアメリカ陸軍が開発し、規格化が行われた弾薬で、1960年代から1970年代初期まで使用された。他の名称には7.62x63mm、ウィンチェスター社では「30 Gov’t 06」ともされている[3]。読み方は「thirty-aught-six」もしくは「thirty-oh-six」である。.30とは弾丸の直径を表したもので、また06とは採用年である1906年を示したものである。

(Wikipediaより)

 

とのことでした。

およそ70年とかなり長い間、アメリカ陸軍によって使用されていたようです。

 

詳細な事実を知ると、
このペンがものすごく恐ろしく感じ
カッコイイ!ってだけでこのペンを取ってしまった自分が
恥ずかしくなりました。

 

どのような想いを持って打ち出された銃弾だったのか
知る由もありませんが
「人を殺す」という目的の下で打ち出されたものに変わりはないのではないでしょうか。

 

戦争というものはあってはならないことですが、
実際に体験した人以外が身近に感じることはなかなか難しいです。

 

このペンのような、いわば負の遺産を
日用品に再構築して世に送り出す松川さんは
すばらしい仕事をしているな、と。

 

ぼくにできることは、このペンを使うときには
平和のありがたさをかみしめ
今の時代の礎を作ってくださった先人に心から感謝をすることだと思いました。

 

クールなペンの紹介から一転してしまいましたが(笑)
特徴的なのは外見だけでなく、
書き心地も抜群、芯も替えられるので
機能性も備わっています。

 

人とかぶらないモノが好きな方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


スポンサーリンク

【腕時計をオシャレに収納したい・・・】そんな時のとっておきアイテム紹介!

腕時計が増えてきて、置き場に困る・・・

そんなお悩みはありませんでしょうか?

 

今回の投稿では、悩みを一発で解消してくれる

大切な腕時計をたくさん収納できて、

オシャレに魅せることもできる
そんなアイテムを紹介します。

 

商品一個あたり腕時計を5本収納でき、
さらに増えてきたらスタッキング(積み重ね)していけるスグレモノです。
その名も「コレクタワー ウォッチスタック」!

 

実際に見てみましょう。

 

 

外箱はこんな感じになってます。
わくわく。

 

開けました。

両側にはスタッキングするためのパーツが、
真ん中の透明の部分に腕時計を設置できるパーツが5つ入っています。

そのパーツに、横から腕時計をはめていきます。

 

こんな感じに。

 

真ん中の部分は筒状になっており、開けるときは上にスライドさせれば簡単に開けられるようになっています。

 

 

こんな感じに収納できました。カッコイイ!

さらに腕時計が増えたら・・・

 

 

このようにスタッキングしていきます。

 

しかし、腕時計はつけられて1日1本。
これ以上増えるのは考えものですね・・・(笑)。

 

 

2,000円台で買えますので、とってもおすすめです。

色はシルバーとブラックから選べますので、お好みに合わせてチョイスしてみてください。

 

 

コチラはブラック。

せっかくのコレクション、すっきりとオシャレに収納して
着けていないときも楽しみましょう♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

【屋内でもキャンプでも楽しめる!迫力の360度サウンド】BOSEの最新Bluetoothスピーカーをゲットしました

ルックスよし、音よし、携帯性よし。3拍子揃った最強のBluetoothスピーカー

 

念願だったBOSE製のオーディオガジェット。

 

音の素晴らしさは分かっていながらも、
その価格の高さからなかなか今まで
手を出せずだったのですが
この度プレゼントで頂きました。

 

2017年4月に発売された
BOSEの最新Bluetoothスピーカー
“SoundLink Revolve”
です。

 

今回の投稿では、そんなBOSEのスピーカーを
3つのポイントに絞って
レビューしていきたいと思います。

 

ルックスよし

 

まずはそのクールな外見から。

 

 

箱からしてカッコよし。
無駄のないデザインですね。

 

 

そしてこのルックスです。
近未来的、フューチャリステックなデザインがたまりません。
高級感もありますね。

 

 

MADE IN MEXICOです。

 

フェンダーのギターもメキシコ製のものは品質がいいと聞きますので
個人的にはアメリカ製並に信頼を置けます(笑)。

 

開封。

 

本体は質感はざらざらとしたマットな感じで
継ぎ目のないキレイなボディをしております。

 

 

ボタンは極めてシンプル。

・電源ON/OFFボタン
・再生/停止やその他決定ボタン
・VOLUMEボタン
・Bluetoothボタン
・AUXボタン

以上の6つです。

 

お次は端子部分。

 

 

上にはMicro USB、
下にはAUXケーブルを挿せます。

 

Bluetoothはもちろんのこと、
外部入力にも対応していると。

USBでもAUXケーブルでも、プラグインして再生が可能。
可能性が広がりますね!

 

 

付属品はUSBケーブルとアダプターの二つ。
充電はこのケーブルで行います。

 

バッテリーはリチウムイオン電池で12時間持ちます。

 

さすがに24時間ブッ通しで流すということはないと思うので、
めちゃめちゃ再生しても一日は持つかなと。

音よし

 

お次は音。

 

音はもう一目というか、一聴瞭然です。

 

手持ちの安いBluetoothスピーカーと聴き比べてみましたが
もう戻れません(笑)。

 

文字で表現するとしたら、
低音がかなりしっかりと効いており
各パート(ボーカル・ギターやドラムなど)の分離が
ハッキリとしている印象を受けました。

 

とてもクリアで抜けの良いサウンド。

 

また筒状のボディには360度に穴が開いていますので、
どの位置から聴いても音が聴こえるというのも
このスピーカーの大きな特徴の1つです。

 

携帯性よし

 

 

そして最後はその携帯性です。

 

小さいスピーカーって、
持ち運びしやすいかわりに
音質は悪くてもまあしゃあない、
みたいなところがあるかもしれませんが
BOSEは妥協しません。

 

・高さ:約20センチ
・重さ:670グラム

音はめちゃめちゃいいのにもかかわらず、

たったこれだけの大きさ&重さなんです。

 

 

スタバのタンブラーと並べても
スピーカーの方がちっちゃい。

 

そして重さは、500mlのペットボトル1本と少しぐらい。

 

 

しかもこちらに記載の通り、
防滴仕様ですので少しぐらいなら雨に濡れてもOK。

 

また底の部分はやわらかい素材でできているので
多少の落下は耐えられるということで
高耐久性と。

 

専用アプリで簡単に接続の切り替えができたり
スピーカーフォンが搭載されているため
電話も受けれてしまうという機能付き。

 

カッコよくて、機能性が良くて、耐久性も高い。
そんなギアに男は目がないんです(笑)。



 

カラーはシルバーとブラックの2種類。

Josinならポイント5倍みたいです(笑)。

 



 

形が今回紹介したものよりも大きく、
バッテリー駆動時間が4時間長い
上位モデルもあります。

 

 

また底にも接続部分があり、
別売りのクレイドルの上に置けば
ケーブルを挿さなくても充電が可能。

 



 

付属品に4千円も払ってられるか!

って感じかもしれませんが(笑)

頻繁に充電したい場合は便利なのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?

家に置いて様々な使い方を楽しむもよし、
キャンプが楽しくなるこれからの季節に外に持ち出すもよし
日々の生活が楽しくなること間違いなしのガジェットを
紹介しました^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク