【屋内でもキャンプでも楽しめる!迫力の360度サウンド】BOSEの最新Bluetoothスピーカーをゲットしました

ルックスよし、音よし、携帯性よし。3拍子揃った最強のBluetoothスピーカー

 

念願だったBOSE製のオーディオガジェット。

 

音の素晴らしさは分かっていながらも、
その価格の高さからなかなか今まで
手を出せずだったのですが
この度プレゼントで頂きました。

 

2017年4月に発売された
BOSEの最新Bluetoothスピーカー
“SoundLink Revolve”
です。

 

今回の投稿では、そんなBOSEのスピーカーを
3つのポイントに絞って
レビューしていきたいと思います。

 

ルックスよし

 

まずはそのクールな外見から。

 

 

箱からしてカッコよし。
無駄のないデザインですね。

 

 

そしてこのルックスです。
近未来的、フューチャリステックなデザインがたまりません。
高級感もありますね。

 

 

MADE IN MEXICOです。

 

フェンダーのギターもメキシコ製のものは品質がいいと聞きますので
個人的にはアメリカ製並に信頼を置けます(笑)。

 

開封。

 

本体は質感はざらざらとしたマットな感じで
継ぎ目のないキレイなボディをしております。

 

 

ボタンは極めてシンプル。

・電源ON/OFFボタン
・再生/停止やその他決定ボタン
・VOLUMEボタン
・Bluetoothボタン
・AUXボタン

以上の6つです。

 

お次は端子部分。

 

 

上にはMicro USB、
下にはAUXケーブルを挿せます。

 

Bluetoothはもちろんのこと、
外部入力にも対応していると。

USBでもAUXケーブルでも、プラグインして再生が可能。
可能性が広がりますね!

 

 

付属品はUSBケーブルとアダプターの二つ。
充電はこのケーブルで行います。

 

バッテリーはリチウムイオン電池で12時間持ちます。

 

さすがに24時間ブッ通しで流すということはないと思うので、
めちゃめちゃ再生しても一日は持つかなと。

音よし

 

お次は音。

 

音はもう一目というか、一聴瞭然です。

 

手持ちの安いBluetoothスピーカーと聴き比べてみましたが
もう戻れません(笑)。

 

文字で表現するとしたら、
低音がかなりしっかりと効いており
各パート(ボーカル・ギターやドラムなど)の分離が
ハッキリとしている印象を受けました。

 

とてもクリアで抜けの良いサウンド。

 

また筒状のボディには360度に穴が開いていますので、
どの位置から聴いても音が聴こえるというのも
このスピーカーの大きな特徴の1つです。

 

携帯性よし

 

 

そして最後はその携帯性です。

 

小さいスピーカーって、
持ち運びしやすいかわりに
音質は悪くてもまあしゃあない、
みたいなところがあるかもしれませんが
BOSEは妥協しません。

 

・高さ:約20センチ
・重さ:670グラム

音はめちゃめちゃいいのにもかかわらず、

たったこれだけの大きさ&重さなんです。

 

 

スタバのタンブラーと並べても
スピーカーの方がちっちゃい。

 

そして重さは、500mlのペットボトル1本と少しぐらい。

 

 

しかもこちらに記載の通り、
防滴仕様ですので少しぐらいなら雨に濡れてもOK。

 

また底の部分はやわらかい素材でできているので
多少の落下は耐えられるということで
高耐久性と。

 

専用アプリで簡単に接続の切り替えができたり
スピーカーフォンが搭載されているため
電話も受けれてしまうという機能付き。

 

カッコよくて、機能性が良くて、耐久性も高い。
そんなギアに男は目がないんです(笑)。



 

カラーはシルバーとブラックの2種類。

Josinならポイント5倍みたいです(笑)。

 



 

形が今回紹介したものよりも大きく、
バッテリー駆動時間が4時間長い
上位モデルもあります。

 

 

また底にも接続部分があり、
別売りのクレイドルの上に置けば
ケーブルを挿さなくても充電が可能。

 



 

付属品に4千円も払ってられるか!

って感じかもしれませんが(笑)

頻繁に充電したい場合は便利なのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?

家に置いて様々な使い方を楽しむもよし、
キャンプが楽しくなるこれからの季節に外に持ち出すもよし
日々の生活が楽しくなること間違いなしのガジェットを
紹介しました^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

【おすすめミニアンプ3選】エレキギターを一人暮らしの賃貸マンションでも弾きたい方へ

一人暮らしの部屋でもエレキを弾きたい!

 

4月から新生活が始まり、

住まいの環境が変わった人もいるのではないでしょうか。

何を隠そう、ぼくもかつてはそんな一人でした。

 

趣味のギターをかき鳴らすことも

一人暮らしの賃貸マンションでは抵抗がありまして

エレキギターだけは持って来たものの、生音では物足りないし、

でかいアンプを置くのもいかがなものか・・・

ヘッドホンじゃなくアンプから出た音で楽しみたい・・・

などと思っていました。

 

そこで、音もちゃんと鳴り、

一人暮らしの部屋に置いても邪魔にならず

なおかつオシャレなミニアンプを探すことにしました。

 

今回の投稿では、実際にぼくが手に入れた

音にも外見にもこだわった

ギターアンプとしても、インテリアとしてもオススメな

ミニアンプを紹介します。

①ORANGE MICRO CRUSH

一つ目は、完全に見た目で選んだオレンジのマイクロクラッシュです。

オレンジはイギリス・ロンドンのメーカーで

その名の通りオレンジ色を身にまとった外見が

印象的なアンプです。

 

 

買うならこちらが送料込みでポイント2倍なので一番いいかと。

 

ツマミはボリューム・トーンの二つと

オーバードライブON/OFFのスイッチが付いています。

 

このアンプ、外見のかわいさとは裏腹に

特にオーバードライブをONにすると

音がメチャクチャ出ます。

 

ただ歪み具合は小さいながらも大したものでして

ギュインギュインいいます。

 

家では、ほぼほぼ最小にして弾いていました。

たまにはクレーム覚悟で少しだけ音を大きく(笑)。

 

電源コードでコンセントに繋ぐか

5Vの四角い電池が必要。

 

②Marshall MS-2

 

二つ目は、ご存知マーシャルの

MS-2です。

 

こちらは映画「スクール・オブ・ロック」で

主役のジャックブラックが教室で生徒にギターを教える際

ベルトに引っかけて使用していました。

 

 

オレンジはオレンジ一択ですが、

こちらはカラーバリエーションの多さも魅力的。

 

 

限定カラーの白が見た目もオシャレで

なおかつ通常モデルよりも安かったので

ぼくは白を購入しました。

 

ツマミはボリューム・トーン・オーバードライブの三つです。

 

このアンプですが、オレンジと比較すると

音が驚くほどショボいです。ドライブ音もいまひとつに感じました。

 

ただその分小さく・軽いので

大きさ重視の方にはオススメです。

 

オレンジ同様、電源コードと5V電池に対応。

 

VOX amPlug 2

 

最後にご紹介するのは、VOXのアンプラグです。

 

このアンプはその名の通り、

楽器のシールドの部分に直接取り付けるタイプです。

 

今回紹介した三つの中では

もっとも気軽に使用できるアイテムかと。

 

 

ツマミはボリューム・トーン・ゲインです。

 

ポケットに入れて持ち運べるほど小さいこのアンプ。

 

音も悪くないかと。

 

ただしこのアンプラグからは音は出ないので、

オーディオジャックを繋いで出力するところだけ注意が必要。

 

 

別売りで専用のキャビネットもあります。

 

電源は、単4電池2本で10時間ぐらい持つそうです。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?

一人暮らしに最適なミニアンプ3選でした。

 

ぼく自身、現在はオレンジを手放してマーシャルを使用していますが

小さいボリュームでもガッツリ歪んだ音が欲しいので、

オレンジに戻りたくなってきております・・・。

 

一人寂しいときも、ギターを弾いてエンジョイしましょう(笑)!

 

スポンサーリンク

【これからギターを始めたい人(経験者は予想できるかも?)必見!】超クールなギターストラップとギタースタンドを紹介します

カッコイイ、ギターストラップとギタースタンド ※経験者は予想できるかも

 

 

 

春。それは出会いと別れの季節。

 

入学や入社を機に、または心機一転でギターを始めてみたい。

もしくは、ギターは持っているけれど、

これを機に買い替えたい。

せっかくならいい感じのストラップとギタースタンドを使いたい。

 

そう考える人向けに、オススメでとっておきの

ギターストラップとギタースタンドを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ぼく自身、ギターを買い替えたばかりなんです。

 

購入したモデルはコチラ。

 

 

リッケンバッカーの360です。

 

 

 

 

 

リッケンバッカー、ずーっと憧れだったんです。

ようやく手にすることができました。

 

ほんとうは330を買うつもりだったんですけど・・・

 

 

 

 

こんなやつです。

どこが違うの?と思われるかもしれません笑。

ぼく自身、違うところはボディのとんがり部分だけかと思ってました。

 

しかし、似て非なるものなり。

 

お店で試し弾きして360に決めました。

 

フレットの装飾が高級感があってよかったのと

塗装の感じも360の方がいい感じでした。

 

まあ実際、本当に高いんですけど笑。

上のリンクだと30万ほどですので・・・。

 

 

 

こちらの中古だと15万(半額!)ですので、

気にしない人はこっちの方がいいかもしれません。

 

話が逸れました。

 

クールなギターストラップとギタースタンド。

まずはストラップから。

 

Gibson ライトニングストラップ

 

 

こちらは言わずと知れた、レスポールで有名なギブソン

ギターストラップです。

 

このイナズマがめちゃめちゃカッコイイです。

しかもナイロン製で耐久性も高め。

 

3年ぐらい使ってましたが、今でも普通に使えます(弾く頻度にもよりますが)。

 

 

 

 

カラーはレッドとブラックの二種類。

 

ぼくはギターの色に合わせてレッドにしてみました。

ちなみにストロークスというバンドのギタリストも使用してます。

 

 

白のストラトに合わせているところがカッコイイです。

 

お次はギタースタンド。

 

HERCULES(ハーキュレス) ギタースタンド

 

 

ブラックとイエローのツートンカラーがシビれる、

ハーキュレスのギタースタンドです。

 

ギタースタンドって、ネックのところにも

支えが付いているのですが

こちらはギターをポールに立てかけて

使用するタイプ。

 

普通に安定します。

 

なにより、コンパクトなのがいいですね。

折り畳めるので持ち運びにも便利なんです。

 

 

 

 

2,000円とギタースタンドにしては

チョイ高いんですけど、

その取り回しのし易さと頑丈さを考えたら

安いぐらいです。

 

こちらも3年ぐらい使っても現役。

 

以上、

ギブソンのギターストラップと

ハーキュレスのギタースタンドを

ご紹介させていただきました。

 

いかがでしたか?

みなさんストラップとスタンド選びの参考になれば嬉しいです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク