カテゴリー
MUSIC - 音楽

【名盤】KERRANG!誌が選ぶEMOのベストアルバム25枚とエモ歴10年の私がピックアップする1枚

ローリングストーン誌に続きまして、ケラング!というイギリスの雑誌も❝THE 25 GREATEST EMO ALBUMS EVER❞(史上最高のエモアルバム25枚)というお題で記事が上がってましたので、チェックしてみました。
さらにその中から、エモ歴10年の私が選ぶ1枚も紹介したいと思います。

EMOって、アメリカはシアトルで始まったムーブメントということは以前も紹介した通りなのですが、イギリスの視点だと名盤もどう入れ替わるのか?気になります。それではいってみましょう。
表の一番右に、ROLLING STONE(RS)のランクも入れました。

KERRANG!ベスト25

ランクアーティスト名作品名リリース年RSのランク
25JAWBREAKERDEAR YOU19954
24MINERALTHE POWER OF FALLING199717
23TEXAS IS THE REASONDO YOU KNOW WHO YOU ARE?199612
22CAP’N JAZZBurritos, Inspiration Point, Fork Balloon Sports, Cards In The Spokes, Automatic Biographies, Kites, Kung Fu, Trophies, Banana Peels We’ve Slipped On And Egg Shells We’ve Tippy Toed Over19957
21MAYDAY PARADEA LESSON IN ROMANTICS2007
20FUNERAL FOR A FRIENDCASUALLY DRESSED AND DEEP IN CONVERSATION2003
19RITES OF SPRINGRITES OF SPRING19852
18FARWATER & SOLUTIONS1998
17THE PROMISE RINGNOTHING FEELS GOOD19973
16FINCHWHAT IT IS TO BURN2002
15THURSDAYFULL COLLAPSE200111
14DASHBOARD CONFESSIONALTHE PLACES YOU HAVE COME TO FEAR THE MOST200127
13JIMMY EAT WORLDBLEED AMERICAN20018
12THE GET UP KIDSSOMETHING TO WRITE HOME ABOUT1999
11PARAMORERIOT!200728
10SUNNY DAY REAL ESTATEDIARY19941
9TAKING BACK SUNDAYTELL ALL YOUR FRIENDS200223
8THE USEDIN LOVE AND DEATH200440
7WEEZERPINKERTON199614
6MY CHEMICAL ROMANCETHREE CHEERS FOR SWEET REVENGE200410
5AMERICAN FOOTBALLAMERICAN FOOTBALL19996
4PANIC! AT THE DISCOA FEVER YOU CAN’T SWEAT OUT200539
3JIMMY EAT WORLDCLARITY199913
2FALL OUT BOYFROM UNDER THE CORK TREE20059
1MY CHEMICAL ROMANCETHE BLACK PARADE2006

このような結果でした。ローリングストーン誌のリストでは1位だったSunny Day Real EstateのDiaryが10位に、同じく3位だった私も大好きなPromise RingのNothing Feels Goodがなんと17位という。どうなっとるんや!

ローリングストーンとの違いは、EMOムーブメント当初の90年代のみならず、2000年代以降の作品を高く評価している点でしょうか。

MALO’s Choice

それでは上記の中から、MALOのピックアップを挙げたいと思います。

Dashboard Confessional: The Places You Have Come To Fear The Most

この作品はですね、Further Seems Foreverというまた別のエモバンドがいるんですけど、そのバンドの初代ボーカリストであるクリス・キャラバが結成したグループの2ndです。
クリス・キャラバのアコースティック・ソロ・プロジェクトとしてスタートしたダッシュボード・コンフェッショナル。
アコギサウンドを軸に、切ないメロディをクリスが時に感情を抑えながら、時に爆発させながら歌い上げるんですが、それがバチクソエモいです。

エモって、轟音ギターと疾走感もセットになりがちなんですけど、そんなイメージに真っ向勝負で挑むアプローチ。

アメフトはちょっとおセンチすぎる、ミネラルはちょっと重すたぎる、ってときにちょーどいいエモですね(笑)。あとBGMとしてもいいです。

別件ですが、時を同じくしてリリースされたFurther Seems Foreverの”Moon Is Down”というアルバムも最高です。その中に収められている”Snowbirds and Townies”は絶品。

以上、KERRANG!のベストエモアルバム25とMALO’s Choiceでした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
MUSIC - 音楽

【名盤】ROLLING STONE誌が選ぶEMOのベストアルバム50枚とエモ歴10年の私が選ぶベスト3

うちに居る時間が増え、音楽をレコードでよく聴くようになった今日この頃。みなさんはどうお過ごしでしょうか?

私はというと、音楽は以前からよく聴いてるんですけど、なんていうんでしょう。レコードプレーヤーを買ってからは、アルバムを1枚の作品として、アートワークから曲順・A面B面(レコードをひっくり返す)の構成に至るまで、じっくり味わうようになったと言うんでしょうか。

それはAmazon Musicで上位に出てくる曲や自分が好きで知っている曲だけをポチポチとクリックするという体験とは全く異なるものであって。
後者はただただ「楽しい!ノリノリ!」という音楽との向き合い方なのに対して、前者はどうしてもアルバムを通しで聴くので「好きな曲来た!」ってのはもちろんあるんですけど「あ、あの曲のあとにこの曲が来るんだな」といった曲の流れや「この曲好きな感じ」「この曲は自分にとって新しい感じ」「なんで好きなんだろう?共通点は?」といったように、音楽を楽しむだけじゃなく、自分と向き合う時間にもなるんだなーと思う今日この頃。

前置きが長くなりましたが、CDで持っている好きな作品をレコードを揃え始めてみたら、インディーロック、エモとかパンクがやっぱし多くなってきまして、その分野でベストと考えられている作品は何なのだろう?と調べ始めたら、アメリカの音楽雑誌である「ローリングストーン」がエモの名盤ベスト40を発表してましたので、エモ歴10年の私のベスト3と合わせて紹介していきたいと思います(笑)。

そもそもエモとは?という方のために、以前書いた記事も貼っておきますね。
https://malodeth.com/music/what-is-emo/

Rolling Stone誌のTOP40

ランクアーティスト名作品名リリース年
40The UsedIn Love and Death2004
39Panic! at the DiscoA Fever You Can’t Sweat Out2005
38Into It. Over It.Intersections2013
37Indian SummerScience 19942002
36OrchidGatefold1999
35Coheed and CambriaGood Apollo, I’m Burning Star IV, Volume One: From Fear Through the Eyes of Madness2005
34OwlsOwls2001
33The Jazz JuneThe Medicine2000
32Algernon CadwalladerSome Kind of Cadwallader2008
31The Jealous SoundKill Them With Kindness2003
30Moss IconLyburnum Wits End Liberation Fly1994
29Brand NewYour Favorite Weapon2001
28ParamoreRiot!2007
27Dashboard ConfessionalThe Places You Have Come to Fear the Most2001
26Rainer MariaLook Now Look Again1999
25CursiveDomestica2000
24EmbraceEmbrace1987
23Taking Back SundayTell All Your Friends2002
22Say Anything…Is a Real Boy2004
21The Get Up KidsFour Minute Mile1997
20At the Drive-InIn/Casino/Out1998
19Brand NewDeja Entendu2003
18Saves the DayThrough Being Cool1999
17MineralThe Power of Failing1997
16Drive Like JehuYank Crime1994
15Dag NastyCan I Say1986
14WeezerPinkerton1996
13Jimmy Eat WorldClarity1999
12Texas Is the ReasonDo You Know Who You Are1996
11ThursdayFull Collapse2001
10My Chemical RomanceThree Cheers for Sweet Revenge2004
9Fall Out BoyFrom Under the Cork Tree2005
8Jimmy Eat WorldBleed American2001
7Cap’n JazzBurritos, Inspiration Point, Fork Balloon Sports …1995
6American FootballAmerican Football1999
5BraidFrame and Canvas1998
4JawbreakerDear You1995
3The Promise RingNothing Feels Good1997
2Rites of SpringRites of Spring1985
1Sunny Day Real EstateDiary1994
元サイトはこちら!
https://www.rollingstone.com/music/music-lists/40-greatest-emo-albums-of-all-time-23526/the-used-in-love-and-death-2004-157069/

いやぁー、どうでしょう。エモ歴10年のこの私でも知らないアルバムばっかでした(笑)!
もっと勉強しなきゃ…

早速2位知らねえ。
Rites of Spring、もはやハードコアやないか!いや、EMOはハードコアを経由しているのはわかるけど。ちょっと寄りすぎじゃね!?チェックしてなくても致し方なし。

4位知らねえ(Jawbreakerって名前だけは知ってます!言い訳)。うん、これはいい感じ。

って5位も知らねえ(汗)!Braid…いやぁーこれはエモエモしてます(笑)。名盤の香り漂ってる。今知れてよかった。

MALOのベスト3

さて、お待たせいたしました、上記の中から、わが生涯におけるエモ名盤、個人的ベスト3を発表したいと思います!
あくまで今の気分(笑)!でもそうですよね。好きな曲なんてその日の環境とか、感情とかで決まっちゃうもんですよね。

No.3 Get Up Kids: Four Minute Mile

3位は、ゲットアップキッズの1stです。彼らの作品は2nd(ロボットのジャケット)が有名ですが、エモさでいうとこちら。ガリッガリの荒削りな演奏に、ヴォーカルのかすれた声とグッドメロディが乗ってきてもうたまりません。

なんかジャケットの徒競走的な感じもエモ心(?)をくすぐります。
全体的に疾走感あふれる曲がギッシリ詰まってるんですけど、そんな中に収まってる”Better Half”という曲が特に好きです。これはヤバイ。

No.2 Jimmy Eat World: Clarity

2位はエモの帝王ジミー・イート・ワールドのクラリティです。このアルバムは、出会ってからずーっと好きですね。私が10年前にエモと出会ってから、10年以上聴き続けています。そしてこれからもずっと好きなんだろうなぁ。

全曲いいんですけど、特に好きなのが最後を締めくくる”Goodbye Sky Harbor”という曲。なんと16分あります。
途中の永遠に続くかと思うぐらいのリフレイン(合ってるか?)に様々な感情が渦巻いては最後は夜の湖の水面のように静かになります。

No.1 The Promise Ring: Nothing Feels Good

1位はローリングストーンのリストでも3位にランクインしていたこの大名盤。もうこのジャケットから最高です。内容ももちろん最&高。彼らのアルバムは次作の”Very Emergency”も超名盤なんですが、あれはもはやギタポなんでエモでいうとこっちですね。

全曲最高です!アルバムの流れも6番のインストでA面が締めくくられ、B面のノリノリソングへと続いておりよくよく練られているのを感じます。3曲目のこちらは、終盤のわちゃわちゃで感情決壊必至。

以上、EMOの名盤、ローリングストーンのTOP40とMALOのベスト3でした。
みなさんにとって思い入れのある作品はありましたか??ぜひこれ以外にもおすすめあったら教えてください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

カテゴリー
MUSIC - 音楽

blink-182のマーク・ホッパスがblink -182のベストソングをトーナメント方式で決定!勝ち残ったのはあの名曲

ブリンク182の創立者であり、オリジナルメンバーのMark Hoppusが、バンドの60曲以上をトーナメント形式で戦わせ、1位を決めるという企画が実現しました!この企画は、Smartpunkというレコードレーベルからの挑戦にマークが応じることで実現。

挑戦状はこちら。この最初のリストはマーク関わってないですが、Smartpunkは相当苦労して決めた様子。
そしてマークの回答はこちら。

解説していきます。

<準々決勝>

Aブロック Dammit vs I Miss You(TomのHeadの歌い方がYedに聞こえるからYEDって表記したらしい)
勝者 I Miss You

Bブロック All The Small Things vs The Rock Show
勝者 All The Small Things(She left me roses by the stairsの歌詞から取ってROSESですね)

Cブロック What’s My Age Again? vs First Date
勝者 What’s My Age Again?(WMAAと短縮されている)

Dブロック Feeling This vs Adam’s Song
勝者 Feeling This

<準決勝>

I Miss You vs All The Small Things
勝者 I Miss You

What’s My Age Again? vs Feeling This
勝者 Feeling This

<決勝>

I Miss You vs Feeling This
優勝 Feeling This

という結果でした!セルフタイトルのアルバム強いですね。
私もやってみました。

優勝はFirst Date!いやでもAll The Small ThingsとOnline SongsとかFeeling ThisとAnthem Pt.2の対戦とか酷でしたわ…。
みなさんの優勝ソングは何でしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!