カテゴリー
FASHION - ファッション

神戸の折角堂でメガネ作ってもらいました。HOYAの調光レンズも初体験!!もう眼鏡とサングラスをかけ替えなくても大丈夫。

みなさんは、神戸にある折角堂(せっかくどう)という眼鏡屋さんをご存知でしょうか?
メガネ好きなら避けては通れない眼鏡屋さんですよ。
もう眼鏡はもちろんレンズに至るまで、こだわりが半端ないんです。

レンズなんて、JINSの5,000円のレンズで十分だと思ってました。
それと比べると、HOYAのこの高機能レンズは20,000円します(笑)。
それでも折角堂だけに、折角だからと思いこのレンズでメガネを作ってもらいました。その作品がこちら!

MEGANEROCK(メガネロック)のVECTOR 004というモデルです。
この夏の青空のようなブルーにヤラレタ。
以下商品の紹介です。

MEGANE ROCKはセルロイド素材を使用し、ノー芯という技法で製作していましたが、新しくスタートした〝MEGANE ROCK VECTOR〟シリーズでは、アセテート素材を使用。アセテート素材ではテンプルの強度を高める為に芯金を入れるのですが、その芯金に矢印(VECTOR)のデザインを施し、伝統的な〝芯貼り〟という技法で製作しています。
004は以前TARSIER(メガネザル)というモデル名で販売されていた人気商品を、VECTORシリーズの製法で復活。
こちらの製品は職人兼デザイナーの雨田大輔氏が1本1本手作りで製作しております。

https://store.sekkakudo.com/?pid=157607288

メガネザルっていうモデル名が遊び心を感じますね。
あんまし猿は好きじゃないですけど。
モデルのより詳しい紹介はこちら!

キーホールの役割やテレビジョンカットなんて知りませんでした。
勉強になります。

そしてこちらのタイトルにもある通り、プラス5,000円で調光レンズにアップグレード?してもらったんです。期間限定に弱い僕です。

僕が作ってもらったメガネは、奇しくもこのキャンペーンの紹介ページのサンプルと全く同じフレーム&レンズになっております。
画像の通り、紫外線を当てるとレンズの色が変化します。
こんな感じ。

結構ガッツリ変わります。
色が透明に戻るまで、7分ぐらいかかるらしい。

僕は眼鏡はもちろんサングラスも大好きで10本ぐらい持っているのですが、夜になるとかけ替えないといけないんですよね。
1回ロックスターの真似して1日中かけてたことありましたけど、普通につまずきました。
でも調光レンズがあれば、もう夜になってもサングラスとかけ替えなくて大丈夫!それが最高!!

以上、折角堂でメガネ作ってもらった話でした。
折角堂は眼鏡を売ってるだけじゃなくて、コーヒーもあるし、ワインもあるし、たまにPOPUPショップもやっててとても楽しい場所でした。
あとフレームがより顔にフィットするようにカーブレンズの提案とかもしてくれるようで、眼鏡を快適にかけてほしいというお店の心意気も感じる、心があったかくなるようなところでした。
先日の金子眼鏡とのギャップがあり、一発で折角堂が好きになってしまった僕でした。

最後に僕のMEGANEROCKコレクションをご紹介。

上からMaturelyとBeams BoyとのコラボモデルCAT、今回のVECTOR 004そしてVECTOR 008です。
CATはレディースなのですが、全然かけられました。ブラウン23%のレンズを入れて顔なじみを良くしています。
VECTOR 008はクリアフレームってことと、フレーム上部分のフラットな感じが好みで購入。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA