世界で一つだけの財布を使ってみませんか?2k540 と 誂え財布あぐり に行ってきました

誂え財布 あぐりのコインケースを買ってみました

 

スポンサーリンク

 

世界で一つだけの財布

 

なんとなく立ち寄った商店街の一角に

「世界で一つだけの財布・バッグ」

という謳い文句を打ち出しているお店がありました。

 

そのお店が扱う商品は、財布やバッグ

カードケースやコインケースといった小物。

「どのへんが世界で一つなの?」と思い、店員さんに尋ねたところ

 

柄に昔の雑誌や新聞、地図やマンガなどの紙を切り抜いたものを

使用しているため、

同じ柄の商品が一つとしてない。

とのこと。

 

なるほどと思った一方

「紙!?」と面喰いました。

 

財布とかバッグとかって、毎日使うので

耐久性が高い方がいいですよね。

なおかつ、使っているうちに味が出てくれば更にいい。

なので革製品を使っている人が多いのではないでしょうか。

 

表情から不安を読み取ったのか(笑)、

店員さんはさらに続けました。

 

紙の表面に、

特殊なプラスティックのコーティングを施しているため

丈夫で、水にも強い

とのこと。

また、使えば使うほど

紙の色が変わったり、シワが入ったり

味わいが増していくとのことでした。

 

触ってみると、確かに紙とは思えない手触り。

 

見事に不安は払拭され

・耐久性

・経年変化

というふたつの要望を叶えてくれ、さらに

・世界で一つだけ

というなんともいえないスペシャル感も

得られる満足度の高い商品として認識されたのでした笑

 

しかも、すべては手作業で

日本国内で行われているとのこと。

 

-MADE IN JAPAN-

 

 

もうどの柄を買うかの選定に入っていました。

 

ちょうどコインケースを探していたので、

コインケースをいくつかチョイス。

一つ購入し、気に入ったので、後日もう一つ買いました。

 

それがコチラ。

 

 

アメコミと漢字を選びました。

どちらもインパクト抜群。

漢字のやつは寿司のネタだそうです。

 

表面の紙以外の部分は本革で出来ています。

 

A-griffe(アグリ) とは

 

あぐりは東京発のブランドで、

前述のような紙を加工し

革と組み合わせた

「世界で一つだけの」小物を作っているとのこと。

 

ネットショップもあります。

ブランドの詳しい説明も。

 

リアル店舗は2k540にあり

2k540(ニーケーゴーヨンマル)という商店街をご存知でしょうか?

JR秋葉原駅から御徒町方向に歩いていくと

高架下にオシャレな空間が見えてきます。

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN

 

あぐり以外にも、

日本の職人技が光る

良質な製品を売っている店が

一帯にびっしりとならんでいるんです。

 

歩くだけでもワクワクしてきますね!

カフェもあるので、ちょっとした休憩にもピッタリ。

 

ちなみにあぐりは2k540から歩いて5分程のところに

コンセプトショップもあり。

店主曰く、ショップの方がマニアックな柄(春画とか笑)

を取り扱っているとのこと。

 

アイデアと技術の詰まった

日本製のいい商品。

自分だけが知っているものにしておくのは

もったいないと思いこの投稿をしました。

 

これを機により多くの人が手に取ってくれたらいいな、と思います。

 

読んでいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA