【Back to 90’s】リーバイス シルバータブのサイズ感や履き心地について

デニムも捨てたもんじゃねえ

 

「もうデニムなんて履かない。」
そう決めてから早幾年。

 

そう決めた理由は至極単純。
ファッションは”Effortless(エフォートレス)”つまり楽なのが一番いい!との考えからです。

 

高校や大学時代は、なんとなく周りに合わせてジーンズを履いていました。

古着のリーバイス501から始まり、セレクトショップのオリジナルや
ちょっと奮発してA.P.C.などがワードローブの定番だった2000年代。
パンツはデニムしか存在しないかのように考えていた。

 

ところが2010年代に入るとスポーツMIXが頭角を現し、
スウェットパンツやジョガーパンツが台頭。
ベルトが不要だったり、軽かったりする
その履きやすさにぼくはすっかり魅了され
ここ数年はジーンズには一切手を出してきませんでした。

 

リアルに最後に買ったデニムパンツは、7~8年前に購入した
アーペーセーのプチスタンダード。

 

代わりに履いてきたパンツとしては、スウェットはもちろん、
クライミングパンツやナイロンパンツなどが多いです。

 

しかしそんな中、ショップの店員さんにおすすめされて
なんとなく履いてみた一本が脳天直撃しました。

それが
“Levi’s® Silver Tab”だったんです。

 

 

購入したモデルはコチラ。
夏にピッタリのハーフパンツです。

 

どこが良かったかといいますと、そのゆったりめのシルエットが
履いててとにかく
楽!!!
だったからです。

 

あと一回旅行で足を運んだ身としては、エジプト製ってのも良かった(笑)。

 

シルバータブ コレクションとは

 

そもそもシルバータブって何?普通のリーバイスと違うの?と思い調べてみました。

オフィシャルサイトによると

1990年にコンテンポラリーラインとして登場したSilver Tab (シルバータブ)
動きやすい太めのオーバーシルエットが若い世代から人気を集め、
スケーターやラッパー、反逆者達の非公式なユニフォームとなり、
それは自己表現のひとつの手段であった。

とのこと。

 

時代背景やタグなどの細かい違いはありますが、一言でいうと
オーバーサイズなシルエットが特徴のジーンズです。

 

昨今のファッションシーンにおいてはビッグシルエットがトレンド継続中ですが、
まさに流行に合わせて送り出されたアイテムといえます。

 

元々のつくりが太めですが、ワンサイズアップを選んで
ベルトをギュっと締めて
さらに大きめのシルエットを楽しむのもオススメみたいです。

 

サイズ感と履き心地

 

ぼくは普段ボトムスは28~30インチを履いていますが、
30インチはやはり少し大きいです。
ベルトは必須。
28インチはベルト不要でジャストという感じ。

 

こればっかりは好みなのでなんともいえないところですが(笑)
デニムは伸縮性がないため、お腹いっぱいのときに大変かと思ったので
ゆたりとした30インチをチョイスしました。

 

 

ロールアップもカッコいいですね!

 

ぼくのようにジーパンを敬遠していた方、ぜひ騙されたと思って
シルバータブを履いてみてくださいね。

 

秋冬は濃いめの色のバギーパンツが控えているようです。
これからも注目していきたいラインですね!

 

「もうデニムなんて履かない。なんて言わないよ絶対。」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA