【永遠のクラシック】ブラウンの時計は置いても付けてもかっこいい

不滅のクラシックを手首に!

 

みなさんはBraun(ブラウン)と聞いたら

何を思い浮かべますか?

 

電動シェーバー?

 

 

 

 

電動歯ブラシ?

 

 

 

 

否ッ

 

時計です。

 

 

 

ロバート・デ・ニーロの映画「The Inturn(邦題:マイ・インターン)」にも登場したこの置時計。
彼は革のブリーフケースの中に常に携帯し、出勤したら必ず机の上に出しながら「永遠のクラシックだ」と(劇中で)語っています。

 

Begin No354より

 

そんなブラウンの置時計ですが、デザインはそのままに、
この度腕時計として復刻を果たしました!

それがこのAW10というモデル。

 

 

 

しっかりとドイツ製なのも嬉しいところ!

 

 

 

別モデルのシルバーもクールです。

 

極限まで無駄をそぎ落としたソリッドなデザインは、
手首で厳かな存在感を放ちます。

ギフトとしても喜ばれると思いますし、
女性が身に着けるにもちょうどいい大きさなのでおすすめです。

 

永遠のクラシックを身に付ければ、気分も上がるってもんですよね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA