【100均だけど超優秀】毛玉取り器と洋服ブラシ

100均グッズでメンテナンスして、お気に入りの洋服を永く着よう!

 

みなさんは、お気に入りのワードローブが毛玉でいっぱいになって
困った経験はないでしょうか?

 

そんな時には100円ショップの毛玉取り器と洋服ブラシがおすすめです!

 

「えっ百円で大丈夫?」

そう思われるかもしれませんが、しっかりと仕事してくれます。

 

おかげでウールでもコットンでも1年中毛玉知らずになりました。

今回の投稿ではそんな珠玉のメンテナンスアイテムをご紹介。

毛玉取り器

 

ぼくが愛用しているのは、ダイソーの毛玉取り器です。

こんな感じで、店内に大量に陳列されております。

単三電池2本でバリバリ動きます!

そして毛玉を根こそぎ刈り取ってくれます。なんとも気持ちが良い。

 

ただし毛玉が取れすぎるからといって、衣類に近づけすぎたり

同じ箇所に長い時間当ててますと

穴が開きます(笑)!

 

ぼくはニットでやってしまいました・・・ご注意くださいませ。

 

ダイソーの毛玉取りを買う前は、泉精器製作所の製品を使っていました。

 



 

今ではほとんど出る幕がありません・・・

なぜかというと、ダイソーの毛玉取りはコンパクトで場所を取らないので

爪切りみたいにその辺に置いておけるのですが

このような毛玉取りはそれと比べると大きいので若干場所を取ります。

結果なかなか手が届かない場所にしまうことになり、

使う機会が激減してしまいました。

 

ただし、持ちやすさや毛玉を取れる範囲に関してはちゃんとしたやつの方が

いいのかもしれません!

価格もそんなに高くないので、ぜひ両方使ってみてはいかがでしょうか。

 

洋服ブラシ

 

洋服ブラシを使うことは、毛玉を取るというより
着用後にブラッシングをして、繊維を一定の方向に整えることによって
毛玉をできにくくする効果があります。

 

ブラシは有名な100円ショップであればどこにでも取り扱いがあります。

ぼくが使っているのはこういうやつ。

 

豚毛を使用したもので、かなりコンパクトです。

 

ですが、小さいのと毛が短いのとで取れたホコリをキャッチしきれずにすぐに溢れてきてしまうため、長時間や広範囲のブラッシングには不向きですね。

1日着た服をサッとかけるときにちょうどいいです。

 

こういったアイテムの他にも、取っ手が付いて持ちやすくなっているブラシもダイソーで見かけました。

そっちの方が良かったかも・・・(笑)

 

きちんとブラッシングしたい方は、毛の長い馬毛を使用したブラシもおすすめです!

 

 

 

やはり毛の長さと質感が全然違います・・・。
価格もですけど。

以上、100均でおすすめの毛玉取り器と洋服ブラシでした!

 

毛玉が気になってきたら毛玉取り器でシェービングして、

日常的にはブラシで繊維の奥に入り込んだホコリやゴミをかき出してあげましょう。

 

お気に入りの洋服が永く着れて愛着も湧いてきます♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA