カテゴリー
FASHION - ファッション

春アウターをお探しの方に朗報!ご存知でしたか?MADE IN USAでこのお値段

アメリカ製、マルチカムのアノラックパーカー

寒い日も少なくなり、

そろそろ春の足音が聞こえてきそうな今日この頃。

雨の日も風の日でもいける、全天候対応型のマルチギアがコチラ。

完全ミリタリー仕様の、US製アノラックパーカーです。

アメリカ製の証。

こういうのがたまりません。

アノラックパーカーとは

ウィキペディアによると下記の通り。

アノラック(anorak)とはウィンドブレーカーの一種。

山岳登山などでよく利用される防寒性に優れたフードつきの上着。

元はアラスカ先住民のイヌイットが着るアザラシ皮の上着だった。

パーカ、パルカ(parka)とも呼ばれる。

元々は皮の上着だったようですが、現在では防寒性・防風性に優れている点を受け継ぎ、コットンやポリエステルが素材の軽やかなモデルが多いです。

こちらの商品は
ポリエステル65%、コットン35%
とパリっとした手触りが特徴。

着心地も非常に軽く、頭をすっぽりと覆うフードも備わっています。

シルエットは少しゆったりとしているので、中に数枚着た上に羽織ることができます。

お腹と裾の部分はドローコードで調節が可能。

胸の部分にはフラップ付きの浅いポケットもあります。

こういうギミックもたまらん。

暑かったら手に持っても軽いですし、

肩にかけてもいいと思います。

まさに春アウターにはうってつけです。

マルチカムって?

聞きなれないマルチカムという柄は、

カモフラージュ柄の一種です。

ウィキペディアによると

マルチカムは基調色を茶色から明るいカーキ色と

ライムグリーンのグラデーションとし、

斑点は緑と黄緑のグラデーションと

明るいピンク色のものを均等に配している。

これにより、見る角度によって

緑にも見えたり茶色にも見えたりする上、

斑点によって基調色が分断されて見える。

とのこと。

クライ・プレシジョン(Crye Precision)社により開発された迷彩パターンだそうですが、

アメリカ陸軍からの採用には至らなかったようです。

ミリタリージャケット二着目として持っておいてもGOOD

カムフラージュ柄のミリタリーアイテムといえば、

こちらのような「ウッドランド」と呼ばれる柄が王道かなと思います。

ですので、マルチカムはなかなか珍しく、なおかつ形も全く異なるアノラックパーカーは、人と被ることが少ないかな、と。

ただこの王道のM-65フィールドジャケットもめちゃくちゃかっこいいので、ミリタリージャケットとしては二着目以降でもいいかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA