レンズ交換をJINSに断られた・・・快く対応してくれたのはあのお店

あきらめないで!かけなくなったメガネは生まれ変われる!

 

以前の投稿にて
JINSなら眠っていたメガネのレンズ交換を、5,000円(税抜き)で
対応してくれたことについてお伝えしましたが、
それと同じノリで
今度はとてもお気に入りの
別のサングラスを持ち込んでみました。

 

 

Spectreというブランドの、イタリー製サングラスです。
フレームはすべて透明で夏っぽい感じ。

 

ところが・・・

 

交換不可

 

と断られてしまったんです。

理由は、フレームのカーブが強いからだそうです。

 

調べてみたところ、確かにホームページにその記載がありました。

 

尚、下記に該当する商品の場合は、レンズ交換をお受けできませんのでご参照くださいませ。

【素材】

・金、プラチナ(白金)、べっ甲、木製、竹製、角製(水牛、羊等)の素材のフレーム

※その他の素材でもお受けできない場合があり、店頭で確認の上で対応致します。

【形状】

・ツーポイントフレーム、カーブが強い、レンズサイズが大きいフレーム

【状態】

・商品に傷、ヒビや歪み等のあるフレーム

【レンズ】

・ガラスレンズ、ハイカーブレンズ、プリズムレンズ

また、弊社取り扱いレンズ内での対応の為、お客様度数によっては作成が出来ない場合や、他社様と同じレンズでの作成が出来ない場合がございますので、予めご了承くださいませ。

 

それでもどうしても諦めきれず・・・

 

どこかやってくれるお店はないものだろうか、と
考えを巡らせていたところ、
他社のフレームであっても
快く調整を引き受けてくれて、しかも無料だったお店を思い出しました。

 

それがこのお店です。

 

 

みなさまは、これだけでどこか
お分かりになりますでしょうか?

そう、
眼鏡市場 です。

 

眼鏡屋さんというよりは
ペ・ヨンジュンさんの
爽やかな笑顔のイメージしかなかった
眼鏡市場。

ショッパーもこんなにオシャレで
ヨン様のイメージはもはや見る影もありません。

 

試しに持ち込んでみたら、二つ返事で引き受けてくれました。

 

できあがったメガネがコチラ。

 

 

店員さんに提案された、POLICEのブルーミラーレンズを入れてみました。
なんとカッコイイ!

 

お値段はJINSのように5,000円とはいきませんでしたが
13,000円ほどで対応してくれました。

 

ちょっと高いですけども、お気に入りのサングラスが
カッコよくなって戻ってきて、
度入りなので日中はメガネの代わりにかけられるという
素晴らしい体験ができるようになりました。

 

これはお金には換えられません。

 

しかも、受け取りの際に
メガネケースを忘れてしまったのですが
サービスで1つつけてくれたんです。

 

 

みなさまも、ぜひ変わったフレームのレンズ交換は
JINSで断られてもあきらめないで!

 

眼鏡市場に行ってみてはいかがでしょうか^^

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA