【プーマのスニーカー】不朽の名作スエードのサイズ感や履き心地

PUMAの名機SUADE

 

プーマの代表的モデルであるスエード。

スエードがふんだんに使用されたアッパーに、プーマのマークがサイドに入った定番のモデルです。

 

今回はその成り立ちを辿るとともに、サイズ感や履き心地についてまとめてみました。

 

スエードを愛して止まない方や、買おうか迷っている方の参考になれば、それが何よりの幸せでございます。

 

 

2018年で生誕50周年!

 

 

その歴史は古く、はじまりは1968年のトレーニングシューズ。

当時陸上200メートルのオリンピック選手であり、

メキシコシティオリンピックの金メダリストであるトニー・スミスが着用したことでその名が広まりました。

ちなみにトニー・スミスは表彰台での「ブラックパワー・サリュート(黒人差別への抗議)」によりオリンピックを追放され、表舞台から消えてしまいました。

しかし50年後の2018年、スエード50周年の広告にてモデルに起用され、見事カムバックを果たしています。

 

1973年、当時ニューヨークで活躍をしていたプロバスケットボール選手の

ウォルト・”クライド”・フレイジャーが、シグネチャーモデル である”PUMA CLYDE”をリリースします。1979年までの約6年間に渡り販売。

 

その後、80年代以降は、ヒップホップアーティストやダンサーが着用し、

90年代にはビースティボーイズなどのバンドにまでその人気が広がり、ストリートシーンに定着。

ビースティボーイズといえばADIDASのキャンバスも有名ですね。

先に火が付いたのはアメリカで、その後UKに波及していきます(イギリスでの名前は”PUMA STATES”)。

そして2000年代のSUEDE MIDやECOなどの派生モデルを経て、

18年に50周年を迎えています。まさに時代を超えて愛される名作。

 

 

サイズ感とか履き心地

 

 

今回ゲットしたモデルはこちら。

 

日本製で、アッパーが全てオリーブのモデルです。

 

ちょっと特別感。

 

サイズ感は、気持ち幅が細いかな?という感じです。

 

いつもニューバランスは26.5cm(1700は27cm)、ナイキは27cmを履いていますが、スエードは少し余裕めの27.5cmをチョイスしました。
というのも、昔ショップ店員にこう言われたことがあるからです。

 

「履いたときに一番気持ちいいサイズ」が自分に合っているサイズだよ

 

あの人たちは普通の人よりも靴をいっぱい持ってるし、それこそ

オールデンやジョンロブなどの高級な靴を買う機会も多いので

説得力がありました(笑)。

ですので、あくまでも一度店頭での試着をおすすめしますが

基本今履いているスニーカーと同じか、ハーフサイズアップで問題ないのかな、と。

 

履き心地は結構いいです!

さすがトレーニングやバッシュで使われてただけはあります。

試しに4~5時間立って過ごしてみたのですが、疲れない。

VANSのオールドスクールは2時間ぐらいで足の裏が痛くなりました・・・笑。

あと、スエードなので雨の日は履かない方がいいかなと思います。

 

以上、スエードの歴史と履き心地でした!

 

50年を超えて愛されるPUMA SUEDE。

晴れた日はクラシックで足元を彩ってみてはいかがでしょうか。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【PUMA】 プーマ SUEDE Classic+ スウェードクラシック+ 352634A 64OLYMPIAN BLUE
価格:6372円(税込、送料無料) (2018/5/27時点)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA