家で気軽にサイフォンで淹れたコーヒーが飲みたい!

 

こう思う方、必見。

しかしただ淹れるだけじゃなく

雰囲気も重視。なおかつ火は使いたくない。

そんな願いを叶えてくれるガジェットを紹介します。

それはツインバードのサイフォンコーヒーメーカーです。

そもそもサイフォンとは?

UCCのサイトに説明文が載っていました。

 

団塊の世代には懐かしい「サイフォンコーヒー」。

まるで理科の実験のような器具を使い、湯が湧き上がり抽出されたコーヒーが下がるシーンが目の前で繰り広げられる、演出効果抜群の抽出法である。

さらにサイフォンコーヒーは、豆の持っている味わいを一番素直に出せる方法でもある。

このロマンチックなパフォーマンスこそ、男の至福の時間だろう。

ペーパードリップに慣れてきたら、ぜひ次のステップとしておすすめしたい。

 

サイフォンは、上の筒状の部分「ロート」に円形の布フィルターをセットし、下の球状の部分「フラスコ」の湯をアルコールランプで熱することでコーヒーを抽出する。

コーヒーの粉1杯分の目安は、中挽きなら15g、粗挽きなら18g程度。

湯の量は160ml。

 

サイフォンコーヒーは19世紀にイギリスで発明されたもので、蒸気圧の差で湯を移動させ、コーヒーを抽出する器具。

フラスコの湯をアルコールランプで温めることで、水蒸気がフラスコ内で膨張し、湯を上方のロートに押し上げる。

そこでコーヒー粉と湯が混ざり合い、コーヒー液ができる。

アルコールランプを外すと、フラスコ内の水蒸気は冷やされ収縮するため、コーヒー液がフラスコ内へ再度吸い込まれる。これがサイフォンコーヒーの原理だ。

 

とのこと。
動画はコチラ。

ぼくはその存在を、ペルソナ5に出てくるルブランという純喫茶にて知りました。どんな出会いや(笑)

 

ただ、本格的なサイフォンとなるとアルコールランプを使用するため、ちょっとめんどくさいんだけどなーと思いつつ、調べてみたらちょうどいい商品を発見!

それがツインバードのコーヒーメーカーでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツインバード サイフォン式コーヒーメーカー (4杯) CM-D854BR ブラウン (CMD854BR)
価格:7754円(税込、送料無料) (2018/12/16時点)

楽天で購入

 

 

 

ツインバードは新潟県にある家電メーカーで、
いち社員が社長まで集まる会議でアイデアを出して、採用されたら即製品化、といった
面白いスタイルを取っているメーカーです。以前がっちりマンデーで見ました。

こちらの製品も自社工場で作られている国産でございます。いいですね。

淹れ方を覚えるまで若干のコツは覚えないといけませんが、
お家にいながらにして喫茶店気分で、美味しいコーヒーが飲めるようになります。
豆はぜひ飲む直前で挽いてください。全然味が違いますので!

みなさんもこれを機に、ぜひサイフォンに挑戦してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA