カテゴリー
GADGET - ガジェット

【おすすめミニアンプ3選】エレキギターを一人暮らしの賃貸マンションでも弾きたい方へ

一人暮らしの部屋でもエレキを弾きたい!

4月から新生活が始まり、住まいの環境が変わった人もいるのではないでしょうか。

何を隠そう、ぼくもかつてはそんな一人でした。

趣味のギターをかき鳴らすことも

一人暮らしの賃貸マンションでは抵抗がありまして

エレキギターだけは持って来たものの、生音では物足りないし、

でかいアンプを置くのもいかがなものか・・・

ヘッドホンじゃなくアンプから出た音で楽しみたい・・・

などと思っていました。

そこで、音もちゃんと鳴り、一人暮らしの部屋に置いても邪魔にならず、なおかつオシャレなミニアンプを探すことにしました。

今回の投稿では、実際にぼくが手に入れた、音にも外見にもこだわった、ギターアンプとしても、インテリアとしてもオススメな

ミニアンプを紹介します。

①ORANGE MICRO CRUSH

一つ目は、完全に見た目で選んだオレンジのマイクロクラッシュです。

オレンジはイギリス・ロンドンのメーカーで、その名の通りオレンジ色を身にまとった外見が印象的なアンプです。

買うならこちらが送料込みでポイント2倍なので一番いいかと。

ツマミはボリューム・トーンの二つと、オーバードライブON/OFFのスイッチが付いています。

このアンプ、外見のかわいさとは裏腹に特にオーバードライブをONにすると音がメチャクチャ出ます。

歪み具合も小さいながらも大したものでして、ギュインギュインいいます。

家では、ほぼほぼ最小にして弾いていました。

たまにはクレーム覚悟で少しだけ音を大きく(笑)。

電源コードでコンセントに繋ぐか5Vの四角い電池が必要。

②Marshall MS-2

二つ目は、ご存知マーシャルのMS-2です。

こちらは映画「スクール・オブ・ロック」で、主役のジャックブラックが教室で生徒にギターを教える際ベルトに引っかけて使用していました。

オレンジはオレンジ一択ですが、こちらはカラーバリエーションの多さも魅力的。

限定カラーの白が見た目もオシャレで、なおかつ通常モデルよりも安かったので、ぼくは白を購入しました。

ツマミはボリューム・トーン・オーバードライブの三つです。

このアンプですが、オレンジと比較すると、音が驚くほどショボいです。ドライブ音もいまひとつに感じました。

ただその分小さく・軽いので大きさ重視の方にはオススメです。

オレンジ同様、電源コードと5V電池に対応。

VOX amPlug 2

最後にご紹介するのは、VOXのアンプラグです。

このアンプはその名の通り、楽器のシールドの部分に直接取り付けるタイプです。

今回紹介した三つの中では、もっとも気軽に使用できるアイテムかと。

ツマミはボリューム・トーン・ゲインです。

ポケットに入れて持ち運べるほど小さいこのアンプ。

音も悪くないかと。

ただしこのアンプラグからは音は出ないので、オーディオジャックを繋いで出力するところだけ注意が必要。

別売りで専用のキャビネットもあります。

電源は、単4電池2本で10時間ぐらい持つそうです。

以上、一人暮らしに最適なミニアンプ3選でした。

ぼく自身、現在はオレンジを手放してマーシャルを使用していますが、小さいボリュームでもガッツリ歪んだ音が欲しいので、オレンジに戻りたくなってきております・・・。

一人寂しいときも、ギターを弾いてエンジョイしましょう(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA