【釜山トリップ】おすすめのレコード屋とカフェ。そこはカラフルでクールで、カオスな街でした。

posted in: LEISURE-レジャー | 0

韓国は釜山(プサン)に行って来ました。

 

 

英語で書くとBusan。これ日本語読みだとブサンですけど、なんでプサンって言うんでしょう。

ぼくにスキンケアの大切さを教えてくれた韓国人の後輩に聞くと、たぶんグローバル的にプサンと発音しづらいからと。

 

なにげに初韓国でした。驚いたのはその近さ。

関空から飛行機で一時間ですよ。東京大阪間の新幹線より断然近い。

国内感覚で行ける海外があったなんて、もっと早く知っておけばよかったなと。

 

しかもメチャ安いです。関空からPeachとチェジュ航空というLCCが出ていて、往復2万円切ります。

 

ただし機内持ち込み荷物は7kg以内で、受託手荷物は課金が必要な点は注意。

旅の目的はただひとつ。

韓国のバンドのレコードを買う!

お目当てのアーティストはSay Sue Meというバンドです。

釜山のレコードショップ

 

調べてみると、シンナラレコードという店が大きそう。

そこに行ってみることにしました。

 

最寄り駅は西面という繁華街です。

金海国際空港から3番線に乗って沙上(ササン)駅で2番線に乗り換え、西面(ソミョン)駅で降ります。30分ちょいでした。

しかも運賃は合計で2,800ウォン。

日本円にするとゼロいっこ消すので280円ぐらい。移動する距離の割に安いです。

きっぷは券売機に日本語サポートがあるので、困らず買えると思います。

それでもまごまごしていたら、スタッフのおじいちゃんが手伝ってくれました。優しい。

 

西面駅からは歩いて10分ぐらい。

ビルの2Fに入ってます。

店内の写真撮るのをすっかり忘れちゃったんですけど、なかなかの広さでした。

ただタワレコみたいに階は分かれてなくて、ワンフロア。

ところ狭しとCDとレコードが並んでいます。

BTSが新作を出して間もない頃だったので、当然BTSがパワープッシュされてました。

 

Say Sue Me探そうとしたんですけど、アーティストの表記が全部ハングル語。

日本でも五十音順で並んでるから当然か。

これはABC順にした方が観光客分かりやすいだろうな、と思いました。

ハングル読めないんで早々にあきらめ、店員さんに持って来てもらいます。

 

残念ながらレコードは置いてなくて、CDしかなかった。

店の品揃え自体、CDがメインの印象。でも買えた。

一緒に気になってたXXXというヒップホップのCDをジャケもオシャレだったから購入。聴くかな(笑)。

 

レコード屋以外もみどころいっぱい

 

シンナラレコードの近くは、「田浦カフェストリート」というカフェが建ち並ぶ通りがありまして

なかなかそこもシャレオツ。歩き疲れた体にエスプレッソが染み渡ります。

 

特にオススメが”WERK”(読み方だぶんヴェルク)。

ここは別のカフェの店員さんに

「どこかおすすめの場所はありますか?」とハングルで表示したスマホを見せたところ、教えてくれました。

このインスタ見てください。

 

 

いい感じですよね!

別の日にイキって行ってみたんですけど、お休みでした(笑)。

月曜は定休!Google Mapでは営業中ってあったんですけど、インスタで見たらしっかり書いてありました。

Google Mapの情報を過信してはいけないという気づき。

いうても下りていたシャッターがカッコよかったので、これ見れただけでも行ってよかったかな、と。

 

シャッターもクール

 

 

以上、韓国のプサン体験記でした!

気になる方はぜひ、レコード屋とカフェ巡りに繰り出してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA