【祝・初来日】カナダのドリームポップバンド、ALVVAYSの名盤とおすすめ曲

ドリームポップの紹介ばっかりで
もーちょっと現実に生きろよと怒られちゃうかもしれませんが、
今回もおすすめのドリームポップの新たな名盤とおすすめ曲を紹介したいと思います。
 
みなさんは、Alvvays(オールウェイズ)というバンドをご存知でしょうか?
彼女たちの音楽はそれはもう流した瞬間にあなたを夢の世界へと誘い、
現実の喧噪や雑多な考えをどこかへ追いやってくれるんです。
家で流すのはもちろん、車や電車での移動中やデートに使ってもよし。
まさに現実逃避(笑)。
今回は彼女たちの名盤と名曲を紹介します。

 

ALVVAYSとは

 
Alvvaysは2011年にカナダで結成されたインディ・ポップバンドです。
まず読み方なんですが、オールウェイズと読みます。Vを二つ重ねてWにしてる。おしゃれ。
 
ウィキペディアによると、Alvvaysにした理由は
ソニーと契約する際に既にAlwaysというバンドがいたからだそうです。
そこまでしてオールウェイズにこだわるか。
 
バンド名の由来を調べてみると、ボーカルのMolly Rankinが
DIFFUSERというサイトのインタビューにて以下のように語っていました。

I like the simple blank-slate word for a band name, but Alvvays had a shred of sentiment and nostalgia that I liked.

「私は、バンド名には単純でまっさらな言葉がいいと思っていましたが、”Alvvays”という言葉に感傷と郷愁がほんの少しあるところが気に入りました。」
とのこと。
 
ぼくもオールウェイズということば、好きです。blink-182の同名の曲が大好きってのもありますが。

 

ALVVAYSの作品

 
2018年10月現在に至るまで、2枚のアルバムを発表しています。
 
まずは1stアルバムのセルフタイトル。
 



 
米音楽批評サイトのピッチフォークでは、10点満点中7.6点となかなかの高評価を獲得しています。
本アルバム収録のキラートラック”Archie, Marry Me”は2014年の年間ベストトラック100の59位にもランクインしています。
 

 
このMVのざらついた映像がまたノスタルジックでいいんですなあ。演出されたものだとしても。
 
そして現時点の最新作が、2ndアルバムである”Antisocialites”です。
 


 
デビューアルバムで注目を集めたバンドって、セカンドで酷評されることが多い気がすると勝手に思ってるんですが
Alvvaysは違いました。ピッチフォークの点数は7.4点。
おすすめ曲は”Dream Tonite”という曲。
いつぞやの万国博覧会でバンドが演奏しているという
これまたなんとも夢見心地でノスタルジア感じる名曲です。
 
 
個人的には、1stアルバムの雰囲気を深化させた感じの
2ndアルバムの方が好みでした。
これ聴いてライブまで夢を見続けたいと思います(笑)。
 
以上、カナダの新星ドリームポップバンド、ALVVAYSの紹介でした!
みなさんもお気に入りの曲が他にあればぜひコメントしてくださいね。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA