カテゴリー
MUSIC - 音楽

カーリー・レイ・ジェプセンの新作がエモくてチルくてSTAY HOMEにちょうどよかった

Carly Rae Jepsenの曲は一度は聴いたことがあるはず。
Call Me MaybeやGood Timeが有名。

ポップです。とてつもなくポップです。そして世界中で売れに売れています。

ちょっと前までの私は、そんな曲歌ってるポップ歌手のアルバムを聴くなんてダセェ。そう思ってました。
トムヨーク聴くわ。アーケードファイア聴くわ。みたいな。

しかしどうでしょう。
当時はひたすら聴いていた彼らのアルバムも、時を経るにつれて聴かなくなってしまいました(Radioheadは今でも聴きます)。
本当に自分自身がいいと思って聴いていたのかな?
評価が高いからなんとなく評論家気取りで聴いていただけなんじゃないか?
そうとすら思ってしまいます。

今カーリーレイジェプセンの曲を聴くと、普通に楽しいし、テンション上がる(心が動く)んですよね。
ポップでいいじゃないか。有名な曲でも、みんなの好きな曲でもいいじゃないかと。
音楽の楽しみ方って心が動くかどうかだけでいいんじゃないか、と思ってきている今日この頃。

なぜここに来てカーリーのことが気になりだしたかというと、2019年リリースの最新作❝Dedicated❞が米音楽批評サイトのピッチフォークでなかなかの高評価(7.3点)を獲得していたからなんです。

https://pitchfork.com/reviews/albums/carly-rae-jepsen-dedicated/

結局評価が高いから聴くんかーい(笑)と思われるかもしれませんが、Pitchforkを毎日チェックしている私からすると、誰もが知ってるポップス歌手の新作が7点以上を獲るのってなかなかないんですよ。
Justin Bieberの名盤❝Purpose❞でさえ6.2点ですよ。めちゃめちゃいいアルバムですよパーパス。
それよりも1点以上差を付けちゃうんですから。大したもんです。
ちなみにジャスティンビーバーの現時点での最新作❝Changes❞なんて4.5点ですよ?私普通に好きで聴いてますが。

なので、そこまで高評価とあれば、と早速YouTubeで聴いてみたんです。カーリーの新作を。そしたら

本当「今までサーセンでした!!!」という感じですよ(笑)。

普通にいいどころか、程よくエモくて、チルくて、疲れずにスーッと入ってくるんですよ。

高評価の作品を「うーん…」と思いながら聴き続けるのと、ファーストコンタクトで「おっ!」と思って聴き始めるのと、どちらが長く聴き続けられるのか?これを機にちょいと試してみたいと思います。
そうすれば、自分がなぜ音楽を聴くことが好きなのか?そして、どんな音楽が好きなのか?というところまで辿り着ける気もします。

なんかめんどくせー話になっちゃいましたが
要はカーリーの新しい曲が良かったって話です(笑)!
みなさんのカーリーのおすすめな曲があったら、どしどし教えてほしいです!
お気軽にコメントください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA