カテゴリー
MUSIC - 音楽

ピッチフォークで8点台しか取ったことのないアーティスト❝Noname❞が新曲をリリース!その衝撃の内容とは

米音楽批評サイトのPitchforkで、なんと8点台しか取ったことのないシカゴのラッパー、ノーネーム。2作品しかリリースしていないってのはありますが、なかなかのツワモノです。
そんな彼女が、2020年最初の新曲を発表したとピッチフォークが報じています。

https://pitchfork.com/news/listen-to-nonames-new-song-song-33/

まずはこれまでの作品おさらい。

1枚目Telefone
https://pitchfork.com/reviews/albums/22218-telefone/

2016年ベストアルバムの第27位にも選ばれています。

2枚目Room 25
https://pitchfork.com/reviews/albums/noname-room-25/

そして今回、リリースされた新曲がこちら。

衝撃の1分!何の抑揚もなく終わります(笑)。

ピッチフォークの記事によると、J. Coleというこれまた別のラッパーによる曲❝Snow On Tha Bluff❞でディスられたことに対するアンサーソングとのことです。なんだか一時期のドラゴンアッシュとZEEBRAを思い出しました。

何はともあれ、Nonameの曲は本当にかっこよくてチルな感じが最高です。
Bandcampで無料ダウンロードもできますし、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA