カテゴリー
MUSIC - 音楽

僕とカレーとモジュラーシンセ⑤:Five Gさんにお世話になった話

モジュラーシンセとスピーカーをつなぐにはどうしたらいいのだろうか。とりあえずSomaの写真を見てみる。

色々調べた後だから分かる、配線の仕組み。
とりあえず一番右が電源モジュールだろう。
Happy Ending Kitについていたものと似ている。
Scionから伸びているケーブルは、他のモジュール同士をつないでいる。アウトプット(スピーカー)につながってるものはなさそう。

左の方も見てみる。
Scionの隣に、Mutable InstrumentsのPlaitsも見える。これは確か、例のレッドブルの記事でLuke Abbottががおすすめしていたモジュールだ(彼の音楽は結構好き)。ついでに楽天市場の買い物かごに入れとく。
その左にあるのは、expert sleepers distingと書いてある。これは謎。
よく見ると、Mutableのモジュールから一本のケーブルがさらに左に伸びている。

mutable instruments Plaits(プレイツ) モジュラーシンセサイザー 【ミュータブル】
価格:28930円(税込、送料無料) (2022/3/21時点)楽天で購入
これも3万すんのかい!

その先を辿ると、ようやくアウトプットらしきケーブルが挿さっているモジュールを発見した!
このモジュールを買えばいいのね、ということでわずかな情報から調べてみたら、Tiptop AudioのZ5000というモジュールであることが分かった。ネットで検索したらFive Gという原宿のお店に在庫がありそうだったので、買いに行くことにした。

モジュラーシンセの店に入るのは初めてだったので、緊張しながら店の扉を開けた。店内には所狭しと並ぶモジュールたち。鍵盤付きのものも多く見られた。
Five Gの名物らしいモジュラーの壁(写真は撮るの忘れた笑)は圧倒的な存在感を放っていた。

もうどうしたらいいかサッパリ分からなかったので、思い切って店員さんに話しかけて、Somaで撮った写真を見せて、同じようなシステムをつくりたいと伝えたところ、とっても気さくに対応してくれた。
当時の僕はモジュラーシンセとスピーカーをつなげることしか考えてなかったので、とりあえずそういうモジュールが欲しいと言った。それでオススメされたのが、Doepferのものだった。
ちなみにTiptop AudioのZ5000はエフェクターでした。

https://fiveg.net/?pid=128934464

ミニステレオミキサーというらしい。
このモジュールのINに他のモジュールからのアウトプットを挿して、OUTのL・Rそれぞれからスピーカーにつなげるそうな。
これで僕の「どうすればモジュラーシンセからスピーカーにつないで音が出るのか」という疑問は全て解決!したかのように見えたが、去り際に店員さんから気になる一言。
「普通はスピーカーとの間にミキサーかますと思いますけどねー!」
…え、ミキサーとは?そしてかますって何!?
こんな超初心者みたいな(初心者なんだからしゃーない)質問した僕にも店員さんは親切に答えてくれたのだが、どうやらミキサーとはサウンドミキサーのことだった。スタジオとかにある、マイクの音量とか調節するツマミがいっぱい付いてるやつ。あれ謎すぎて一度もいじったことない。いつもバンドメンバーの誰かに任せていたやつ。まさかそれも必要になるとは!!
「必須ではないですよー!あれば便利ですけどね。」
と続ける店員さん。
あれば便利って言われて、これは要らなかったな、って思うものなんてあるだろうか。いや、ない。
PCのマウスとかモニターとかってそうじゃん!!
しかもレコードプレーヤーとスピーカーもつなごうと思っていた僕は、どう考えてもひとつのミキサーでモジュラーシンセの音量もレコードプレーヤーの音量も調節できるようにしといた方が楽に決まっている。スピーカー自体のボリュームは背面に付いており、いちいち調節するのは相当めんどい。いやできなくはないんだけど、決してスマートとは言えない。
ミキサーの購入が確定した。

MACKIE MIX8 【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】【P5】
価格:10120円(税込、送料無料) (2022/3/21時点)楽天で購入

とりあえず一番最初に買うミキサーなのだから、必要最低限で。エフェクト機能がなく、インプットも多からず少なからずな製品を探した。YAMAHAやAllen&Heathなど大量のバリエーションの中から、結局MackieのMix 8を選んだ。
理由はMackieがシアトルの会社(シアトル一回行って好きになった場所なので)だったことと、後輩が同じものを使っていたからだ。やはり身近な人のクチコミというのは効果はばつぐんだ。あと見た目がカッコいい(笑)。

さっそくスピーカーとつなげてみた。やはりデスク埋まった(笑)。
ミキサーとスピーカーはフォン同士でつなげた。ギターのシールドみたいなやつ。XLRといういわゆるマイクとつなげられるような3ピンのケーブルでもいけるのだが、取り回しやすいフォンを選んだ。これも後輩の助言。色はパープルにしてLAレイカーズ感を出した。ミキサーはシアトルだけど。
レコードプレーヤーとミキサーは、ひとまずTape Inと呼ばれる紅白のケーブルでつないだ。レコードプレーヤーに付属していたやつ。

これでひとまず、モジュラーシンセとスピーカーから音を出すシステムが整った!が、シンセを置く場所がない(笑)。
そしてScionだけで音が出るのか分からない。
とりあえず一旦満足してレコードだけ聴く日々が続いた。つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA