カテゴリー
MUSIC - 音楽

断捨離映画「365日のシンプルライフ」を観た。本当に必要なモノって何だろう?実際に劇中で選ばれたモノも紹介!

最近、Amazonプライムで映画を観ました。
その名も「365日のシンプルライフ」。
フィンランドの映画でした。ドキュメンタリーに近いかな、と。
1時間半かからずサクッと見れます。
この映画が非常にためになる(個人的に面白い映画というわけではない)ものだったので、感想を綴っていきたいと思います。
概要は以下の通りです。

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、

モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。
ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、
自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。
ルールは4つ。

http://www.365simple.net/?site=54

彼女にフラれたことをきっかけにってのが面白かったですけど(笑)。
きっときっかけは人それぞれなのでしょう。
主人公は、モノに囲まれた正確にウンザリして、全て倉庫に預けて、1日1個だけ持ってくることができる(=生活に本当に必要なモノだけ増えていく)って感じの映画です。
ドキュメンタリータッチに淡々と映画が進みます。
個人的に面白い映画というわけではない、と書いたのはそこが理由です。

自分の持ち物全てを倉庫に預けるわけですので、主人公が空っぽの部屋にすっぽんぽんの姿で映画がスタートします(笑)。
フィンランドの雪が降ってるめちゃ寒そうな夜空の下、倉庫まですっぽんぽんでダッシュします。途中で新聞紙拾って大事なところだけ隠してました(笑)。
初日に取り出したものは、膝まで隠れるコート。
その夜はコートにくるまって寝ます。
さて、2日目は…といった具合で物語が進んでいきます。

この映画の面白いところって、モノを減らすときって普通は文字通り「モノを減らす」ってなるじゃないですか。今ある持ち物を必要なモノと不要なモノで分けて、不要なモノは処分していくみたいな。
でもそうじゃなくて、一旦「モノを全て失う」という状態にしてしまうっていうところ。
ゼロベースからのスタートなところですよね。

そして倉庫の中から必要なモノを1日1個取り出していくわけなんですけど、それがなぜ必要か?ということよりも、食料を持ってきてくれる弟とか、倉庫からモノを取り出すときに手助けしてくれる仲間とか、様々な助言をしてくれるおばーちゃんとか、途中でできる彼女との交流が印象的でした。

最悪モノが一切なくても、そういう人たちとの「絆」があれば生活できちゃうわけですよね。食料もらえるなら、服ももらったっていいわけだし(笑)。
あらためて、周りの人たちに感謝して、自分にできることは何なのかを考えていきたいなと思いました。

とはいえ、主人公が結局倉庫から何を取り出したのかは気になりますよね。
エンドロールで10個だけ翻訳されてました。
以下の通りです。

  1. コート
  2. ブランケット
  3. ジーンズ
  4. シャツ
  5. ネックウォーマー
  6. マットレス
  7. 靴下
  8. ズボン下
  9. 帽子

とのことでした。
他のはフィンランド語なのでわからん(笑)。


やっぱり「衣食住」って言うように「食」と「住」が確保されている状態であれば「衣」がメインに来るのですね。
あとは、寒いから寒さをしのげるアイテム。
そして心地よく眠れるマットレスなどなど。
驚くのが、ここにまだパンツが出てきてないんですよね。
主人公「人は僕が履いてるかどうかなんてわからないから」つって
しばらくノーパンで仕事に行ってました(笑)。

以上「365日のシンプルライフ」感想でした。
これをきっかけに、自分に本当に必要なモノって何か?を考えたくなりました。
みなさんもぜひサブスクあるうちにご覧ください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA