カテゴリー
MUSIC - 音楽

春を120%楽しむために知っておきたい、グラスゴー出身 ギターロックバンドのおすすめ曲6選【前編】

【前編】春のおでかけに最適!ギターロックの名曲6選。

先日のティーンエイジ・ファンクラブつながりで、スコットランドはグラスゴー出身のバンドによる、爽やかでこれからの季節にぴったりの名曲たちを紹介します。

グラスゴーとは?

グラスゴー(Glasgow)はスコットランド最大の都市で、なぜだか素晴らしいロックやポップバンドが数多く世に出てきています。

ちなみにスコットランドは

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(いわゆるイギリス)

を構成する4つの国のひとつ。

他の3つの国はイングランド・ウェールズ・北アイルランドです。

地域の説明はこれくらいにして、早速おすすめ曲にいきます。

全部で6曲あるので、今回はそのうちの3曲を紹介します。

①Aztec Camera “Oblivious”

まずはアコースティックをロックに鳴らす男、ロディ・フレイム率いるアズテックカメラのこの名曲。

1983年の曲とだけあってPVがめちゃめちゃ古臭いんですけど(笑)、曲自体は全く古さを感じさせないと思います。

聴いていると晴れたイギリスのストリートを散歩しているような気分になりますね。

花でも買おうかしら、みたいな。


2014年発売のリマスター盤がおすすめ。

②The Fratellis “Flathead”

数年前、iPodのCMに起用されて有名になったこの曲。

実は彼らもグラスゴー出身だということをご存知でしたか?

デビューアルバムからの必殺チューン。

この曲以外にも名曲ぞろいです。

彼らはファーストおさえておけばいいかと(笑)。

➂Travis “Turn”

以前ロックTを投稿したことのあるトラヴィス。

知ってる方も多いと思われる彼らもグラスゴー出身です。

Travisは本当に名曲が多いんですが、特有のメランコリーをなるべく控えめの爽やか重視で選ぶとするならばこちらです。

このサビの伸びやかなボーカルがたまらんです。

ライブでも定番で、会場が一体となって大合唱が起きます。

余談ですが、トラヴィスといえば”Writing to Reach You”も有名です。メランコリー全開の名曲。

が、オアシスの「ワンダーウォール」にコード進行がそっくりで、パクリじゃねーか?と思いましたが、ノエル・ギャラガーがいい曲だから許した、という逸話も(笑)。

いい曲はいい、ということで(笑)。


名曲だらけのお得なベスト盤。 

以上、春におすすめなグラスゴーバンドの名曲3選でした。

後編もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA