春を120%楽しむために知っておきたい、グラスゴー出身 ギターロックバンドのおすすめ曲6選【後編】

【後編】春のおでかけに最適!ギターロックの名曲6選。

 

前回の投稿に引き続き、

グラスゴー出身のバンドの春に合う名曲を

紹介していきたいと思います。

今回は6選のうち、後半の3曲です。

 

④Primal Scream “Movin’ On Up”

 

かつてThe Jesus and Mary Chainにも在籍していた

ボビー・ギレスピー率いる

プライマルスクリームの名盤「Screamadelica(スクリーマデリカ)」

のオープニング・トラックです。

春から夏にかけて、盛り上がるぜえ!

といったテンションの名曲。

多幸感いっぱいのゴスペルのコーラスも聴きどころです。

 



ちなみにボビーはジザメリの「Just Like Honey」のPVで

ドラム叩いてます(すぐに脱退)。

 

 



 

彼らの1stアルバム「Psychocandyサイコキャンディ)」は

後にシューゲイザーと呼ばれるジャンルの

先駆けとなった名盤です。

ギターノイズにグッドメロディ。

 

➄Teenage Fanclub “Everything Flows”

 

春といえば出会いと別れ。

 

I’ll never know which way to flow
Set a course that I don’t know

 

行き先は分からない。けどただ進むのみ。

 

といった内容の歌詞と切ないメロディが

胸をしめつけます。

 

グラスゴーの至宝ティーンエイジ・ファンクラブの

最初のシングルです。

 

 



 

以前紹介した名盤「バンドワゴネスク」の

ひとつ前のアルバム。

 

現在の彼らと比べるとめちゃめちゃ荒削りですが、

これはこれでいいです。

 

⑥Mogwai “Mogwai Fear Satan”

 

ラストを飾るのは、

モグワイのこのトラック

「モグワイ・フィアー・サタン」です。

 

おそらく彼らの曲の中で

最も有名な曲のひとつではないかと。

 

モグワイの作品は歌が入っていることが少なく

インストの曲が多いです。

この曲もインスト。

15分を超える大作です。

 

 

この静と動のコントラストがピカイチです。

突如鳴り出す轟音ギターに感涙必至。

 



 

上のライブDVDと音源がセットになった

ライブ盤「バーニング」がおすすめです。

 



 

スタジオ音源は再発された1stアルバムに収録。

こちらも名曲揃い。

 

以上、

春を120%楽しむために知っておきたい

グラスゴー出身 ギターロックバンドのおすすめ曲6選。

でした!

 

  1. Aztec Camera “Oblivious”
  2. The Fratellis “Flathead”
  3. Travis “Turn”
  4. Primal Scream “Movin’ On Up”
  5. Teenage Fanclub “Everything Flows”
  6. Mogwai “Mogwai Fear Satan”

 

お気に入りの曲は見つかりましたでしょうか^^?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA