カテゴリー
MUSIC - 音楽

Fiona Appleの新作” Fetch the Bolt Cutters”がPitchforkで10点満点獲得!!2000年から満点アルバムを振り返ってみた

フィオナ・アップルより突如リリースされた新作が、米音楽批評サイトのピッチフォークで突然10点満点を獲得しました!突然って言い方は少しおかしいかもしれないけれど。今までの傾向だと、今か今かとリリースが待たれた作品が満をじして10点満点を取るケースが多かった(逆にびっくりするぐらい低評価のときもある)んですけど、今回の満点は異例な気がします。

この度10点満点を獲得した作品がコチラ。

2020年代初の10点満点のアルバムになってことですよね。
気になったので、2000年代~今までの10点満点アルバムを振り返ってみました。

2010年代

2010年代の満点は、2010年リリースの言わずと知れたこの作品。これしかありません。
それだけでも今回のスゴさがわかるはず。

Kanye West: My Dark Beautiful Twisted Fantasy

2000年代

2000年代はこちらの5枚。2002年にWILCOとTrail of Dead。
KID Aは個人的に人生を変えた1枚となりました。
ウィルコもよく聴きました。他はよく知らない(笑)。

Wilco: Yankee Hotel Foxtrot

…And You Will Know Us by the Trail of Dead: Source Tags & Codes

続いては2000年から3枚。

Radiohead: KID A

ウータン・クランの一員でもあったゴーストフェイス・キラーの2nd

Ghostface Killah: Supreme Clientale

ジャケットは見たことある。ディアンジェロのVoodoo

D’Angelo: Voodoo

以上、驚きのまま書き綴った2000年以降のピッチフォーク満点リストでした!
みなさんにとっての大切な作品はありましたか?
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA