カテゴリー
MUSIC - 音楽

KANYE WEST カニエ・ウェスト “THE LIFE OF PABLO” DLしました。

トランプ次期大統領との会談をしたばっかりのカニエさん

今回はガラリと変わって、初の音楽に関する投稿です。

2016年に待望の新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ(TLOP)』をリリースしたKanye West。

リリースに際して、タイトルが

「So Help Me God」→「Swish」→「Waves」→「The Life Of Pablo」

と二転三転していて、いちいちサイトがニュースで「またかよ・・・」みたいなネタ的な感じで取り上げていたのが面白かったですね。

以前紹介したぼくの大好きなWavvesというバンドは、カニエがニューアルバムは「Waves」にするというこちらのツイートを受けて

「ニューアルバムはKanye Westにします」というツイートをしていて爆笑しました。

そしてタイトルがTLOPに決定。ジャケも決定したというわけです。

さてようやくタイトルが決まったと思ったら、

なんとTidalというJay Zがやっている音楽サービス限定でのリリースをするとのこと。

カニエ自らアップルでもリリースなし。と宣言したじゃあないですか。

Tidalは日本語に対応していないので、ぼくは結構頑張らないと聴くことすらできないという・・・。

そもそもCD派のぼくは「マジかよ!」と当時思いましたが、あれよあれよと状況が変わり、遂にカニエのオフィシャルサイトでダウンロード版がリリースされました。

アップルのiTunesでも一部の曲が買えるようになってます。

2016年末に様々なレビューサイトで年間ベストアルバムの上位に軒並みランクインしていたのを見て、またCDでは一向にリリースされる兆しもなかったんで、ぼくは遂にダウンロードでの購入に踏み切りました。

価格は20ドル。

やっと聴くことができると、わくわくしながら再生ボタンを押しました。

(楽しみにしていたバンドやアーティストの新作をいざ再生するぞっていう、この瞬間ってとってもいいですよね!)

結果は大満足。いつもながら最先端でかつキャッチーでポッピーな楽曲が揃っていました。

前作「Yeezus」よりも聴きやすい感じですね。

特に印象に残った点がまず1曲目の「Ultralight Beam(曲名カッコいいですよね)」です。

今をときめくラッパーであるChance The Rapperをゲストに迎えためちゃめちゃクールな曲なんですが、そのイントロになんとInstagramの動画がサンプリングされていました。

その動画がこちら

・Natalie praying and she’s only 4 years old

Instagramに投稿された4歳の女の子が牧師のモノマネをしている(とってもかわいいです)動画。

「Natalie praying and she’s only 4 years old!」の一部をサンプリングしており、ちょうど「We don’t want no devils in this house!」のところから始まる仕様となっています。

ついにSNSのコンテンツでさえもサンプリングしてしまう時代になったのか・・・と。その先鋭的な視点はさすがカニエ様でございます。

その他に印象に残った点として、シングルにもなった「Famous」のリリックがあります。

カニエは曲の中で

“I feel like me and Taylor might still have sex
Why? I made that bitch famous”

とラップしてるんですが、これはかの有名な、テイラーのスピーチにカニエが乱入した事件を引き合いに出しています。

「オレがお前を有名にしてやったんだぜ、だからオレとSexしてーだろ。」とラップしています笑

トランプ大統領や自身、たくさんの人がただただ裸で横たわっているPVもなかなかの衝撃(蝋人形だそうです)。

まだまだ聴き途中なので、これからも数多くの発見があることと思います。

とても楽しみです。

まだの方はぜひダウンロードしてみてください!

気になった方は下記もぜひお試しください。

 

私的カニエベストアルバムベスト3(ジャケットの好み含む)

 

1)808’s & Heartbreak

 

2)Yeezus

 

3)Life Of Pablo

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

「KANYE WEST カニエ・ウェスト “THE LIFE OF PABLO” DLしました。」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA