カテゴリー
MUSIC - 音楽

SURFER BLOOD サーファー・ブラッド 全アルバム解説 その③

プロデューサーは、あのギル・ノートン

さて、このシリーズも後半に突入しましたが、

お次に紹介するのは、名盤1st, 名盤EPに続いて2013年にリリースされました『Pythons(パイソンズ)』です。

ディスコグラフィーおさらい。

アルバム

・Astro Coast (2010) アメリカ Billboard 200(ビルボード。オリコン的なやつです)アルバムチャート124位
・Pythons (2013) 同127位
・1000 Palms (2015) 同160位
・Snowdonia (2017)
EPs

・Tarot Classics (2011)

 

大手レコードレーベルであるワーナーブラザーズの傘下から、Gil Norton(ギル・ノートン)をプロデューサーに迎え作り出されたアルバム。

 

ギル・ノートンは、ピクシーズやフー・ファイターズそしてフィーダーなど、名だたるロックバンドの名盤を生み出してきたイギリス出身の名プロデューサーです。

 

アルバムジャケットはこんな感じ。

男の子が力こぶを見せようとしている写真が印象的ですね。

 

一介のインディロックバンドに過ぎなかった彼らを男の子に見立てて、メジャーレーベルからリリースされ、力を得たことを表現しているのでしょうか。

 

個人的には微妙だと思いました(笑)。

 

とまあ見た目だけで決め付けるのはよくないです。

ちゃんと中身も聞いてみるとやっぱりめちゃめちゃいいんです!

 

音が洗練され、都会的な仕上がりに

『Pythons(パイソンズ)』

ピッチフォーク評価 6.7

トラックリストとひとこと解説は以下の通りです。

 

1. “Demon Dance” 3:14

このオープニングトラックが最高なんです。

イントロに高々と鳴るギターの音がたまりません。

1stで全開に出ていた「サーフ」感を綺麗な音で発展させたようなトラックとなっています。

ドライブにも最適。

 

2. “Gravity” 2:47

アップテンポなポップロック。

サビのあとのディストーションギターが尖ってます。

 

3. “Weird Shapes” 3:30

アルバムリリースに先だって公開された曲です。

乾いたドラムに続いて、ツインギターのシンプルなギターのリフから始まるポップロック。

 

4. “I Was Wrong” 3:37

彼らにしては珍しく、重めでスローテンポの曲。

オルタナ色が濃い感じです。

 

5. “Squeezing Blood” 3:15

ミドルテンポのポップロックです。

ドリーミーな要素そして中盤からの轟音ギターも交わり、アルバムの中休みといった感じ。

 

6. “Say Yes to Me” 2:54

キャッチーで底抜けに明るいパワーポップ。

個人的にアルバム中で1、2を争う名曲かと。

こういう曲をサラッと作れちゃうのが本当すごいと思います。

 

7. “Blair Witch” 3:13

まさにサーファー・ブラッド印のパワーポップ。

サビの盛り上がりとキャッチーさはアルバム随一かと。

 

8. “Needles and Pins” 3:41

アコギの音色が特徴的な、ゆったりとしたテンポの

ドリーミーなポップソング。

 

9. “Slow Six” 4:25

オルタナ全開といった趣のロックソング。

曲の長さがアルバムいち長く、途中で局長も変わる意欲曲です。

 

10. “Prom Song” 3:53

ラストトラック。

アルバムを制作するにあたって、いちばん最初にできた曲(Wikipedia参照)で

ミドルテンポなポップロック。

からっとした感じで爽やかに締めます。

 

以上、オルタナ色もちらりと覗かせながらも、

全10曲のめくるめくポップソングの嵐。

 

海の見える陸地に上陸

前述の通り、1stアルバムが「サーフ」「海」ド真ん中だとしたら

この2ndアルバムは、海は見えるものの、海から少し離れたコンクリートの陸、という印象でした。

砂の上とは違い足元もしっかりとして、カラッとした雰囲気が加わっております。

音が悪いローファイよりも、洗練された王道で綺麗な音が好きな方はこのアルバムから入ることをおすすします。

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

[CD]SURFER BLOOD サーファー・ブラッド/PYTHONS【輸入盤】
価格:1391円(税込、送料別) (2017/2/13時点)

 

 

 

以上、その三でした。最終回であるその四に続きます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA