SURFER BLOOD “SNOWDONIA” 『スノードニア』 2年振り待望の新作!

困難を克服したサーファー・ブラッド 渾身の傑作

 

スポンサーリンク

 

以前Joy Division風のTシャツをご紹介しました、

フロリダ出身のインディーロックバンド、SURFER BLOODの新作

「スノードニア」が届きました。

レーベルはホステスです。

 

 

かなり珍しい氷山ジャケ。

これまでのアルバムジャケットとはうって変わって、

冷たい印象を受けます。

 

今までのジャケットたち。

 

彼らといえば、夏のビーチに降り注ぐ太陽の光に満ちたような

暖かみのあるサーフ・ノイズ・ロックサウンドが持ち味であるという

イメージがあったので、ぼくはこのジャケットが出たときは

少々不安になりました。

前に書かせていただいた通り、

メンバーの死や、メンバーチェンジなど

色々あったので・・・。

 

正直解散しちゃうのかと覚悟していたので、

新作が届いただけでもよしとしよう、

そんな気持ちで再生ボタンを押しました。

 

快作!傑作!渾身作!

 

いやあ、そんな心配は完全なる杞憂でした。

以下、トラックリストと全曲ひとこと解説です。

ぼくは国内盤を買いましたので、ボーナストラックが2曲

なぜかしょっぱなとアルバム途中に収録されています。

 

裏ジャケと帯はこんな感じです。

 

1.BACON FRYING (JAPAN BONUS TRACK)[3:11]

オープニングトラックにふさわしい、スピード感のあるパワーポップ。

たまにはボートラもいい働きします。

 

2.MATTER OF TIME[3:03]

PVもかわいい感じの、浮遊感のあるサーフロック。

彼らの代表曲になること間違いなし!

 

3.FROZEN[3:59]

曲名に似合わず、音の感じがアルバム中一番暖かいかもしれないトラック。

メロディも激ポップで氷も溶けそう。
4.DINO JAY[3:50]

1番好きかもしれません。切ないメロディと程よい疾走感。

何言ってるかわかりませんが泣きそうになりました。

 

5.SIX FLAGS IN F OR G[5:22]

かなり新機軸です。

アークティック・モンキーズの3rdっぽい雰囲気。

 

6.BELOVED APPARITION (JAPAN BONUS TRACK)[5:10]

ボートラ2曲目。2曲目もクオリティ高いです。

サーファーブラッドらしいちょっぴり切なく、軽やかなサーフポップです。

 

7.SNOWDONIA[7:45]

タイトルトラック。アルバムトレイラー(予告編)の曲です。

転調があり、ドラマチックで壮大。今までのどの曲にも似てない意欲作です。

例えるならグリーンデイの「Jesus Of Suburbia」的な。

このアルバムのハイライトではないかな、と。

 

8.INSTANT DOPPELGANGERS[4:40]

スタンダードなノイズポップ。

後半のディストーションギターが心地よいです。

 

9.TAKING CARE OF EDDY[3:28]

こちらも新機軸。エキゾチックでドリーミー。

だけどサーファーブラッドらしさは損ないません。

 

10.CARRIER PIGEON[5:53]

ラストトラック。

しっとりとした多幸感のあるコーラスで楽しく締めます。

 

とぼくの所感はこんな感じでした。

終わってすぐに1曲目から聴いてしまいました。

多少の偏見はあるかもしれませんが、

とってもいいアルバムに出会えたことに

感謝の気持ちが絶えません。

応援してきてよかったなあ、と思いますし

これからもついていきます。

 

聴けないのにLPも買いました笑

限定のホワイトヴァイナルがいい感じです。

 

来日望む!

 

ホステスからのリリースだったので、単独か

Hostess Club Weekenderで来日してくれることを祈りつつ

歌詞もかみしめながら、このアルバムをじっくりと味わいたいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD]SURFER BLOOD サーファー・ブラッド/SNOWDONIA【輸入盤】
価格:1984円(税込、送料別) (2017/2/9時点)

 

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA