【祝・13年振り来日】UKロックの巨人、スノパトことスノウ・パトロールの全作品と最も評価されているアルバムは?

posted in: MUSIC - 音楽 | 0

いや~、サマソニで見てきました、SNOW PATROL(通称スノパト。この呼び方ダサい・・・笑)!

2004年の名曲”RUN”でハマって、一時期聴いていた人も多いんじゃないでしょうか?

ぼくもその一人なんですけど、久々に新曲含めて聴いてみても

やっぱりイイなぁと思いました。

テクノやヒップホップが人気の今だからこそ、生楽器と生歌の良さが際立つ気がします。

 

これを機に、最新作から過去の作品まで遡ってみたいと思います。

米音楽批評サイトである「ピッチフォーク」のスコアも併せて紹介!

 

 

以下、スノウ・パトロールのアルバムリストです。

 

・Songs For Polar Bears (1998年) 8.1
・When It’s All Over We Still Have To Clear Up (2001年) 7.6
・Final Straw (2004年) 6.7
・Eyes Open (2006年) 6.6
・A Hundred Million Suns (2008年) 4.9
・Fallen Empires (2011年) 4.8
・Wildness (2018年) 4.8

 

なるほど~、典型的な初期作品が評価されているパターンでした。

残念ながらぼくが聴いたことあるアルバムは3rdの”Final Straw”と

編集版の”Up to Now”だけだったので、他のアルバムもこの機会に聴いてみようかな、と思います。

特に8.1点の高得点を獲得している1stが気になりますね・・・!

 

みなさんにとって最高のスノウ・パトロールアルバムは何でしょうか?

お気軽にコメントいただければ幸いです^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA