カテゴリー
MUSIC - 音楽

SUB POP(サブ・ポップ) ベスト・トラック3選 エモ・フォーク・エレポップなどなど

ファッションアイテムだけじゃない。素敵なサブ・ポップの名曲たち。

 

前回投稿のパーカーのように、サブポップのアイテムは大変かっこいいのですが、数々の名曲も世に送り出されてきました。

今回は私的名曲ベスト3を共有したいと思います。

紹介したいバンドはSunny Day Real Estate, Fleet FoxesそしてThe Postal Serviceです。

 

1曲目:Sunny Day Real Estate(サニー・デイ・リアル・エステイト) 「In Circles(1994)」

SDREはシアトル出身の伝説的なEMO(エモ)バンドです。

エモとは、ロックのジャンルの一つで、叙情的なメロディに激情が乗っかってくる感じ、

聞いてて胸がキューっと締め付けられるような

切なさを覚えるような感じのジャンルです。あいまいですが笑。

そんな彼らの、名盤1stアルバムからの曲。

ジャケがかわいい。

In Circlesは2曲目に収録されています。

 

2曲目:Fleet Foxes(フリート・フォクシーズ) 「White Winter Hymnal(2008)」

こちらもシアトル出身のフォーク・インディ・ロックバンド。

個人的にはこの人たちの音楽を聴いたとき、頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けました。

今また久々に聴いてみてるんですけど、再びクセになりそうです。

 

牧歌的な雰囲気にグッドメロディーとコーラスが乗ってくるんですけど、郷愁・センチメンタル・メランコリーとでも申しましょうか

もうどうしようもなく胸が締め付けられるんです。

以前投稿した「Neutral Milk Hotel(ニュートラル・ミルク・ホテル)

とも似た雰囲気。

上で説明したようなエモの定義とはちょっと外れているんですけども(笑)、めちゃめちゃエモいんです。


2曲目に入ってます。

国内盤は同時期にリリースされたEPも収録されており、曲数が多いのでオススメ。

 

3曲目:The Postal Service(ザ・ポスタル・サーヴィス) 「Such Great Heights(2003)」

最後はポスタルサービスの必殺チューンです。

ポスタルサービスは、デス・キャブ・フォー・キューティー(DCFC)のボーカルであるBen Gibbard(ベン・ギバード)とJimmy Tamborello(ジミー・タンボレロ)からなるエレクトロポップデュオ。

 

なんでも、音源のやりとりがシアトル在住のベンとロサンゼルス在住のジミーとの間で郵便で行なわれたことから名付けられたとか。

 

彼らの現状唯一のアルバム「Give Up」は、

サブポップでニルヴァーナのブリーチ以来の最高セールスを上げている超名盤です。

ピコピコ音とベンの切ないメロディが絶妙なハーモニーを奏でています。

 

ちなみに余談ですが、DCFCの曲である「BLACKING OUT THE FRICTION」はアジカンのボーカル、ゴッチの人生に影響を与えた45曲」の1曲に選ばれています。

リズミカルにジャキジャキと鳴るギターがカッコイイです。


このアルバムに収録されてます。


話は逸れましたが、ポスタルサービスの曲はコチラ。

またまた2曲目に収録。

キラーチューンは2曲目にあり、でしょうか(笑)?

 

2013年に10周年記念盤がリリースされています。

10年以上立っている作品ですが、全然古く感じないです!

リミックスや未発表曲が収録されているので、こちらがオススメ。

 

以上、サブ・ポップの私的ベストトラック3選でした。

全て聴いてみて損はない、人生を豊かにしてくれる作品だとぼくは考えています。

 

パーカーに興味を持った方、

音楽も聴かないともったいない!

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA