ULTRA JAPAN 2017で来日!ウーバーじゃないよ、アンダーだよ!

EDMの祭典ウルトラが今年も開催!LIVE STAGEのトリで出演するUnderworldってだれ?

 

世界最大級のダンスミュージックフェス、ULTRAの日本公演が今年も開催されます。

 

普段ダンスミュージックをあんまし聴かないぼくにとっては、
過去2014年から2016年までのLINE UPはあまり知らないメンツばかりでした。
(Skrillex・Deadmou5あたりはギリギリ知っています。)

 

そして2017年のラインナップを見てみると
EDMを意識的に聴いてこなかったにもかかわらず、
The Chainsmokers・Steve Aokiなど曲を聴いたことあるレベルのアーティストが名を連ねていました。

 

それだけ日常にEDMが浸透してきているということなのでしょうか。
まさにこれからの音楽を担うジャンル。

 

さて、そんな錚々たるアーティストの中に
なんとも馴染み深い名前を見つけました。

 

Underworldです。

 

Uverworldではございません(笑)。名前は似ていますが。
1990年代からテクノの第一線で活躍を続ける、イギリスの大御所ユニットです。

 

もちろんぼくも15年以上聴き続けている
ずっと好きなアーティストのひとつです。

 

ただ、流行ったのは結構昔
(”Born Slippy Nuxx”が映画「トレインスポッティング」で流れたり、
SONYのCMで”Two Months Off”が使われたりした1990年代後半から2000年代初頭ぐらい)
だと思うんです。

 

ですので、最近EDMを聴き始めた、
ポケモン四天王ばりにダサい呼び方ですが

「テクノ四天王」なんて死語になっている世代そして
もしかしたら、ULTRAに参戦する人でも知らない人が多いんじゃないか。
と考えまして、こんな素晴らしいバンドがいるんだという布教のため(笑)に、
日本に先駆けて開催された本国アメリカのウルトラで披露した
セトリを勝手に紹介していきたいと思います。

 

余談ですが、アメリカではプロディジー(テクノ四天王の一角w)やジャスティスも出てたんですね。結構豪華。

 

ULTRA music festivalでのセットリスト

 

1. I Exhale
2. Dark & Long (Dark Train)
3. Push Upstairs
4. King of Snake
5. Two Months Off
6. Jumbo
7. Low Burn
8. Rez
9. Cowgirl
10. Born Slippy .NUXX

 

アメリカでは全10曲やったようです。
ライブで定番曲ばかりの超豪華セットリスト。行けた方うらやましい。
早速1曲ずつ解説していきます。

 

1. I Exhale
2016年に発売された現時点での最新作
“Barbara Barbara, We Face A Shining Future”の1曲目が
最近のライブでもオープニング・トラックとなっているようです。

 

このアルバム、すごく地味な印象を受けまして(全編キラッキラしてた前作”Barking”と比べるとなおさら)
この1曲目も初めて聴いたときは「全然盛り上がらない、変な曲だなあ」と思ってしまったわけですが
その時の自分に顔面パンチしたい。

 

繰り返し聴きたくなる、かなり中毒性の高いダンストラックなんです。

 

ちょうどスタジオライブの模様がYouTubeでアップされていましたので
リンク貼り付けていきますね。
ライブバージョンは音に厚みが増して、よりやかましくなっています。

 

 

2. Dark & Long (Dark Train)
2曲目から6曲目までは彼らの代表曲であり、ライブでもたびたび披露される定番曲です。

 

映画「トレインスポッティング」では、ドラッグを断ち切るために
自室にこもった主人公レントンが
幻聴や幻覚に苦しめられている最中に
この曲が流れていました。

 

 

ちょっと古いですが1998年のグラストンベリー(イギリスのフジロック的なフェス)での映像がありました。

 

メンバー二人ともデカいヘッドホン付けていたり、
ボーカル担当してるカール・ハイドのダンスのキレキレ具合が
時代を感じさせます(笑)。

 

浮遊感がありトリッピーな雰囲気が心地よいトラックです。

 

3. Push Upstairs
しょっぱなからテンション高く盛り上がる曲です。
すみませんあんまり思い入れはないです(笑)。

 

 

4. King of Snake

こちらもテンション上がる系な。
効果音が面白くて、個人的には”Push Upstairs”より好きです。

 

 

5. Two Months Off
この曲は、冒頭にも申し上げたSONYのCMに使われたもの。
VAIOというノートPCがありまして、そのCMでした。
曲とオシャレで最先端な雰囲気に憧れて、当時VAIOを父に買ってもらった思い出があります(笑)。

 

 

ライブでもめちゃめちゃ盛り上がる必殺キラーチューンです。

 

6. Jumbo
こちらも超定番曲。

 

 

7. Low Burn
この曲はヤバいです。
宇宙空間にブッ飛ばされるトリッピーなトラック。

1曲目と同様、最新アルバムに収録されているトラックなのですが
「ここ数年の中で一番いい」「彼らのベストソングのひとつ」「ウルトラで聴いてめっちゃよかった!」と
ユーチューブでも絶賛コメント多数。

 

 

先の”Dark & Long”や後述”Rez”が引き合いに出されるのも納得のマスターピースです。

8. Rez
9. Cowgirl
アンダーワールドといえば、ボーンスリッピーと双璧を成す(と思ってます)
有名曲であり超名曲がRezです。
これまたノリノリでライブ定番曲のCowgirlとセットで演奏されることが多いです。

 

これ聴いて踊りましょう。

 

 

映像じゃなくてすみません!
フジロック’96の音源で評価高め。

 

10. Born Slippy .NUXX
アンダワのライブの締めといえばこれ。
映画「トレインスポッティング」で使われ一躍有名になった超名曲です。

 

 

昨年サマソニの映像がありました。楽しそう。行きたかった。
これ聴いて、とても幸せな気持ちに満たされて
ライブが終了することが容易に想像できます。

 

以上、ULTRA music festivalセットリスト全曲解説でした!

 

ULTRA行かれる方も、そうでない方も、
エンジョイいただけたら幸いです。

 

ちなみにぼくは大阪の単独公演に参戦します。
フェスと単独ではセトリが違うはずなので、
調べて今からイメトレしたいなと思います(笑)。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA