泣き虫ロックから白昼夢ロックへ。ウィーザーの名曲5選と名盤!

パワーポップ?エモ?いや、ウィーザーです

 

アメリカはLAにて結成され、今や世界の名だたるバンドに名を連ねるweezer。
日本ではそのエモーショナルでエヴァーグリーンな青臭いサウンドから
「泣き虫ロック」と称されていたようですが、
今や「ウィーザー」という確固たるサウンドを確立しているように思えます。

 

そんな彼ら、
2017年の11月に11枚目のスタジオ・アルバムである新作「Pacific Daydream」をリリースしたばかりなんです。

 

今回の投稿では、weezerのおすすめの名曲を5つ、ピックアップしてみました。

曲だけでなくかわいいPVも必見です。
ウィーザーを聴いてみたいけど、どれから聴けばいいか分からない!
ウィーザーが好きになったので、他の曲も聴いてみたい!
そんなみなさんの参考になれば幸いです^^

 

スポンサーリンク

これまでにリリースしたアルバム

 

1992年の結成なので、既に25年のキャリアを誇るウィーザー。
以下の通り、作品も数多くリリースしています(<>内は個人的考えです笑)。

 

<黄金期>
1994年 ウィーザー(ザ・ブルー・アルバム)

1996年 ピンカートン

2001年 ウィーザー(ザ・グリーン・アルバム)

<停滞期>
2002年 マラドロワ

2005年 メイク・ビリーヴ

2008年 ウィーザー(ザ・レッド・アルバム)

2009年 ラディテュード

2010年 ハーリー

<復活期>
2014年 エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド

2016年 ウィーザー(ホワイト・アルバム)

2017年 パシフィック・デイドリーム
通算11枚もあります!

海外のバンドは3~4年に一度アルバムをリリースすればまあまあ普通に感じますが、
2年連続や3年連続でリリースしている時期もあり多作なバンドなのかな、と。

 

未だに比較されることの多い超名盤のファースト「ブルーアルバム」
発売当初は不評でしたが、再評価されているセカンド「ピンカートン」
この2枚は彼らを語る上でなくてはならない重要な作品です。

ギリギリ、サードの「グリーンアルバム」まではフェイバリットに挙げている人も多いかと。

 

そのあとは賛否両論、人によって好き嫌いが分かれる感じですね。
個人的には停滞期に入ったと思っています(もちろんアルバム中数曲はいい曲もありますよ!)。

 

しかし、2014年の「エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド」にて
突如クオリティ復活。
ジャケットは微妙なんですけど
全編パワーポップかつ初期のいいところであった程よい切なさも取り入れ、
流れるように名曲が続く、久々の快作となりました。



アマゾンでの評価も高め。

 

続いてリリースしたホワイトアルバムも良かったですね。




現時点で最新作のパシフィックデイドリームでは一転評価が下がっていますが
個人的にはかなりの傑作だと思います。
まず宇宙ジャケが個人的に一番好きです(笑)。



 

そんな最新作のオープニングトラックが、
おすすめしたい最初の一曲です。

①Mexican Fender

 

カリフォルニアの海を感じさせる(行ったことないですけど)
直球のウィーザーロックです。
PVに出てくる人間を好きになった鳥ちゃんがかわいい(笑)。

②L.A. Girlz

記念すべき10枚目のスタジオ・アルバムで
復活期の2作目であるホワイトアルバムから一曲。

 

 

切ないメロディとヘヴィなギターリフが心地よい。
PVに出てくるリヴァース(Vo.)っぽい男の子がかわいい。
そして水着の女性がマッチョすぎてこわいです(笑)。

 

➂Island In The Sun

ここからは一気に遡りまして、2001年発表、通算3枚目のグリーンアルバムから超名曲を。

 

 

イントロの”Hip hip”が耳に残りますね。
このPVは「かいじゅうたちのいるところ」の監督スパイク・ジョーンズが撮ったものだそうで
登場する動物たちがこれまたかわいい。

 

サードはこの曲以外も”Don’t Let Go”や”Photograph”などの名曲が収録されています。
アルバム後半は微妙かな、と(笑)。

 

④The Good Life

さらに一つ遡り、名盤のセカンドアルバム「ピンカートン」から一曲。

 

このアルバム、まずジャケが素晴らしい。
江戸時代の浮世絵師である歌川広重の作品である「東海道五十三次」から
「蒲原 夜之雪」をセレクトしています。

 

そして収録曲も、本当に全曲いいんですよね。
今のウィーザーからは考えられないほど、サウンドは荒削りでヴォーカルも超エモーショナルです。

日本人のファンの女の子に向けた曲”Across The Sea”や
切ない三角関係を歌った”Pink Triangle”など
珠玉の10曲が収められています。



 

ちょっと高いんですが、デラックスエディションがおすすめ。
ボーナストラックがめっちゃいいんです。

 

➄Buddy Holly

最後は説明不要であるパワーポップの名盤ファースト、ブルーアルバムからの一曲。

 

 

一撃パワーポップです。ライブでもかかると周囲がめちゃめちゃ発狂します。

 

セカンド「ピンカートン」同様、ブルーの収録曲も素晴らしい曲ばかりです。
アジカンもライブでカバーしたことがあり、アルバム「サーフ ブンガク カマクラ」の
元ネタである”Surf Wax America”や
ザ・泣き虫ロックの”Say It Ain’t So”などなど。



残り1点ですが、デラックスエディションがコスパ良し。

 

まとめ

以上、新旧織り交ぜたウィーザーのおすすめ曲5選でした!
最近と初期と極端でしたが、

リック・ルービン プロデュースの5枚目 “>「メイク・ビリーヴ」(結構全編いい)や
7枚目 “>「ラディテュード」(オール・アメリカン・リジェクツとの共作”Put Me Back Together”がヤバイ)なんかも個人的にはよく聴きます。

 

みなさんもお気に入りのウィーザーアルバム探しの冒険に
ぜひ出掛けてみてください♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA