カテゴリー
MUSIC - 音楽

トムヨークがRadioheadの”Creep”をアンダーカバーのファッションショー用にリミックス!?しかも楽天が支援。

みなさんは、UNDERCOVER(アンダーカバー)というファッションブランドをご存知でしょうか?
僕が中学生ぐらいの時に、裏原系(死語)っていうファッションがめちゃめちゃ流行ったんですけど、その中のひとつでした。
代表的なブランドとして、THE BATHING APE(通称エイプ)・バウンティハンター・ネイバーフッドなどなどもありましたね。

UNDERCOVER×VANS (アンダーカバー×バンズ) SK8-HI ハンバーガー サイズ:10 (28cm) カラー:ブラック・グリーン【中古】【スニーカー】【鈴鹿 併売品】【1394205OS】
価格:9800円(税込、送料無料) (2021/3/22時点)楽天で購入

このハンバーガー柄のVANSが当時ストリートを席巻してた記憶があります。
もちろん即完売、プレミアついてて買えませんでしたが(泣)。

そんなアンダーカバーなのですが、2021年の3月20日にファッションショーを行ったみたいなんです。しかも支援は楽天。
楽天って、なんか野球とか楽天市場とかそういったイメージで、ちょっとファッションとかスタイリッシュさとは縁遠いイメージが勝手にあったんですけど(笑)、まさかファッションショーを手掛けるまでになっているとは…しかもRakuten Fashion Week Tokyoですよ。アンダーカバー以外にも色んなブランドが控えているんでしょうか。

話が逸れましたが、そのアンダーカバーの2021秋冬コレクションのショーに使われた楽曲がRadioheadの名曲”Creep”のRemixだったそうです。これまたすごいことですよね。

レディオヘッドといえば、UKを代表するバンドですよ。
そのフロントマンであるトム・ヨークが、日本のブランドのファッションショーのために、楽曲をリミックスするなんてジーザスですよ。

しかもYouTubeで聴けちゃいます。
アコースティックのメロウな感じがショーの雰囲気ととてもマッチしています。
“I’m so fxxking special”のところが”Very special”って言ってますね。
コレクション名が”Creep Very”らしい。

こちらが原曲。名曲。

以上、トム・ヨークがCreepをアンダーカバーのショーのためにリミックス!という内容でした。
よろしければぜひSNSでシェアをお願いします!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
MUSIC - 音楽

祝・グラミー賞初受賞!The Strokesのこれまでのアルバムと評価をまとめてみました

みなさん、遂にやりましたね!!
2021年、僕らのストロークスが、遂にグラミー賞をゲットしました。
ベストロックアルバム部門。

僕は2003年の2ndからリアルタイムで聴いてます!

当時高校生だった僕は、一回聴いて衝撃を受けました。
なんか、今まで聴いたことのない音楽って感じ。シンプルイズベスト。
家でベースを弾いてはコピーの練習をしてました。
ベースラインがメロディックなんですよね。そこが好きでした。

でも2006年の3rdでガッカリして、2011年の4thでも更にガッカリして、いつの間にか彼らの音楽から遠ざかっておりました…。

そして時は経ち、このパンデミックで在宅勤務になり、BGMとしてAmazon Musicでおすすめ曲を流していたら、The Strokesの曲がかかりました。
最初聴いたときは
「ふ~ん新曲出したんだ」
ぐらいに思ってたんですけど。何回もかかるんですよ。
好きになっちゃいましたね(笑)。
それがこの曲。

MVはワケワカメなんですけど(好きですけど)、曲はいいです。

そしてアルバムに手を出してみたわけです。
最後に聴いたアルバムが2011年だったので、約10年振り。

さて、途中で間は開いちゃいましたが
彼らとの長い付き合いである僕ですけど、この度彼らの作品を振り返ってみたいと思います。

活動開始は1999年で、2021年で結成22年!
これまでに6枚のアルバムをリリースしています。

1st: Is This It (2001)
2nd: Room on Fire (2003)
3rd: First Impressions of Earth (2006)
4th: Angles (2011)
5th: Comedown Machine (2013)
6th: The New Abnormal (2020)

だいたい3年半に1度、新作をリリースしています。
まぁそんなもんですかね。
ただグラミー2021を受賞した最新作である6thと5thの間は、7年も空いていました。

それでは、音楽サイトの評価はいかがなものか?
僕が日頃から愛読している、米音楽批評サイトであるピッチフォークの点数を
チェックしてみました。
スコアは以下の通り。

1st: Is This It (2001) 9.1点

https://pitchfork.com/reviews/albums/7537-is-this-it/

このジャケは元のものにアメリカで規制がかかって、差し替わった後のジャケです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Is_This_It

こっちがインターナショナル版のジャケ。

2nd: Room on Fire (2003) 8.0点

https://pitchfork.com/reviews/albums/7538-room-on-fire/

ジャケはセカンドが一番好き。

3rd: First Impressions of Earth (2006) 5.9点

https://pitchfork.com/reviews/albums/7539-first-impressions-of-earth/


4th: Angles (2011) 5.9点

https://pitchfork.com/reviews/albums/15230-angles/


5th: Comedown Machine (2013) 6.1点

https://pitchfork.com/reviews/albums/17788-the-strokes-comedown-machine/


6th: The New Abnormal (2020) 5.7点

https://pitchfork.com/reviews/albums/the-strokes-the-new-abnormal/


やはり、当時の陰鬱としたロックシーンに風穴をあけたファーストの評価が最も高いですね。続いてファースト路線を引き継いだセカンドも高くで、サードから終了って感じですね。前述の通り、僕も当時セカンドから入りはしましたがファーストも聴きまくったものです。
3rdで死ぬほどガッカリしたのを覚えてますが、一応聴いてたし4thまでがんばって聴いてました(笑)。

これが1stの曲
3rdの曲

変わりすぎじゃない(笑)!?っていう。
なんか「陽」かつ「なんくるないさぁ」的な感じが消えましたよね。
でも、同じような曲をずーっと作り続けるより、新たな挑戦をしたかったんだろうなーと思います。
その姿勢が続いたからこそ、今回の受賞にも至ったのかな、と。
これは何もアーティストだけじゃなくて、我々にとっても同じことなのかなーと思いました。
昨日よりも今日。今日よりも明日。みたいに、変化し続けるというか
チャレンジし続ける姿勢というものは持ち合わせていたいものです。

なんか話が逸れちゃいましたが、The Strokesのこれまでのアルバムを紹介させていただきました。
僕は6thが大好きになりましたが、1stと2ndも今聴き直したら普通に良かったです。
みなさんもぜひ、ご自身でよく利用するサブスクでチェックしてみてくださいね。普通にありますんで。
在宅勤務のBGMとしても最適ですよ!テンション上がる曲だったら1st2nd、リラックスしながら作業的なフィーリングなら6thって感じでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
よろしければSNSでのシェアもよろしくお願いします!!

カテゴリー
FASHION - ファッション

【脱毛はじめました】Roland Beauty Loungeに入会してみた。店舗・接客の雰囲気や契約プラン・入会した理由を解説!

明けましておめでとうございます!

2021年1月、今までやりたくても、やってこなかったことをやってみよう。
そう決意して、まずやってみたこと。
脱毛です(笑)。

そんなことかい!って思われたかもしれません(笑)が、やっぱり男性が脱毛に行くのってなんとなく気が引ける。
男が脱毛!?っていう周りの冷ややかな反応ってやっぱり、まだある気がするんです。

でももう周囲の反応を気にするような、そんな時代でもないよなぁーと思い、決意。
私の場合は、まずヒゲ脱毛からやってみたいと思いました。
毎朝のヒゲ剃りが本当に面倒くさいんです。
しかも夕方になると伸びてきて、青ヒゲが気になるし。

実は体験程度なら行ったことあるんです、ヒゲ脱毛。
美容脱毛と呼ばれている光を当てるタイプ。
でも痛すぎて、挫折しました(笑)。
昔の脱毛と比べると痛くないという話なんですが、その脱毛を経験したことがない私にとっては、普通に痛かったです。
光が当たるたびに、ヒリヒリ軽度の火傷をするみたいな感じ。
なので長続きしませんでした…。
それでも、痛みに耐えつつ半年ぐらいは通いました。
回数にすると10回ぐらい。
結果として若干薄くはなったんですけど、それでもまだまだ生えてます。
毎朝のヒゲ剃りが不要になるまでには程遠い。

そして2021年になり、そんなヒゲを1本残らず駆逐してやる!と心機一転、脱毛サロンに入会しました。
選んだのは「俺か、俺以外か」で有名なローランドがプロデュースする”Roland Beauty Lounge”(以下、RBL)です。
とりあえず説明だけ聞いてみようかな、と予約して店舗に行って来まして、結果的に入会しました。

店舗・接客の雰囲気

店舗の雰囲気はこんな感じです。

店内に入る前に、手指のアルコール消毒と検温。
店員さんは全員フェイスシールド+マスク着用。
コロナ対策万全でした。

そして靴を脱いで入店するのは驚き。
スリッパに履き替えるので、家にいるようなリラックス効果が高まります。

ウェイティングスペースの壁にはローランドのポップアートが!
セリフは”汚いは暴力だ!”とよく見たら日本語でした。
アンディ・ウォーホル好きなので個人的にはこの絵すごい良かった。
そしてカウンセリングシート(どこの部分を脱毛したいか、予算どのぐらい希望か等)を記入し、施術室へと通されます。

施術室もとても綺麗でした。
聞いたら、2019年11月にできたサロンとのことで、納得。

ジャケットを壁にかけてもらって、すぐにカウンセリングがスタート。
店員さんの質問や共感を織り交ぜたトークがとてもスムーズでした。

カウンセリング内容は、事前に記入したカウンセリングシートはもちろん、仕事やプライベートのこともヒヤリングしてくれました。
中でも覚えているのが「転勤」について聞いてくれたことです。
私は東京出身、大阪転勤で3年が経とうとしているのですが、仮に東京に戻ることになっても、東京の店舗で契約が継続できる、ということを話してくれました。
これは店員さんがお客さんの利便性を考えていることはもちろん、お客さんと長く付き合っていきたい、脱毛の仕上がりが納得するまで通ってほしいという気持ちも感じることができまして(本当はそこまで意図してなかったかもしれませんが笑)とても好感が持てました。

あとは、脱毛の機械についての詳しい説明も分かりやすかった。
Lumix-A9という脱毛マシーンがすごかったです。
従来の美容脱毛は「黒いもの」に反応、光を当てて脱毛を促していくという仕組みだったとのことですが、Lumix-A9は、毛穴ひとつひとつに備わっている、発毛を促す「バルジ」という組織に直接働きかけていくとのことです。
いわば毛を生やせ!といっている司令部を黙らせることによって、毛が生えてこなくなると。
画期的!よく発見したな~と思いました。

RBLのオフィシャルウェブページより抜粋
https://roland-bl.jp/about/#anc02

こ、これはぜひともやってみたい!と思いまして、体験できるか聞いてみましたが、NG…実際に入会しないと受けられないとのこと。
なので、入会を決意したのでありました。

契約プランと入会した理由

実際にお支払いした料金はこちらです。
顔4か所(あご・あご下首・口下・鼻下)30回そして
もみあげ10回
で23万円です。

実際かなり高いわ!って思われるかもしれないですが、以前最安値を調べて探し当てた、個人の脱毛サロンは1回あたり5000円でした。
それと比較すると、4か所30回で20万を1回あたりに換算して6666円。
若干高いですが、最新の機械で施術が受けられること、店舗が全国にあること、そして店内の雰囲気を考えたら契約してもいいな、と思える内容でした。

2週間後に初回の施術がございますので、最新のマシーン体験はできませんでしたが、これからが楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。