Stevie Wonder Summer Sonic スティービー・ワンダー サマソニ 2010

スポンサーリンク

 

スティービー・ワンダーが2010年にサマーソニックで来日した際のTシャツです。

誰もが知ってるスティービーワンダー。当然ヘッドライナーとして二日目の最後に登場しました。

ライブに行ったことのあるみなさんは、始まる直前に照明が落ちて1曲目が始まるまでのワクワク感は

経験したことがあると思います。ぼくも毎回そうです。

その中でもスティービーワンダーは、1番印象に残っていると言っても過言ではありません。

スタジアムが真っ暗になり、どこからともなくハーモニカの音色が・・・

パッとライトが点いた瞬間、金ピカの衣装を着て一人ステージに立っているワンダーの姿が笑

これは相当インパクトがありました。ライブの内容も、もちろん素晴らしかったです。

1枚もCDを聴いたことがない状態でライブに臨んだけしからんぼくですが、

CM曲やら英語の授業やらで聞いたことのある曲ばっかりでしたので、相当盛り上がりました。

そしてこのTシャツ。本人の楽しそうに歌う姿が最高ですよね。着るだけでハッピーになれます笑

写真では伝わらないかもしれませんが、点字でプリントも施されています。

おそらく書いてある内容すべて。そんなロックTはぼくはスティービーワンダー以外持っていません。

 

 

バックプリントにはツアー日程が入ってます。

これ以来スティービーワンダーは来日していないようです。高齢なこともあるかもしれませんね。

ぜひまた観たいアーティストのひとりです。

 

スポンサーリンク

Gorilla Biscuits Japan Tour ゴリラ・ビスケッツ 日本公演 2008

激情ほとばしるニューヨーク・ハードコア。Let’s Start Today!

スポンサーリンク

 

NYハードコアの雄、ゴリラビスケッツ:通称ゴリビス、GBが2008年に来日公演を行った際のTシャツです。

ぼくのゴリビスとの出会いは、大学一年生の時にハードコアとかエモ好きな友人に

「黙って聴け」

的な感じでCDを渡されたことがきっかけでした。

当時リバティーンズ、RadioheadやFeederのようなUKロック大好き、USは聴かない、みたいな謎のスタンスだったぼくは

半信半疑ながらも渡された「Start Today」を聴いてぶっ飛ばされました。

こんなにわかりやすい、ポジティブなメッセージを、疾走感のあるリズムにグッドメロディーで歌うバンドがいたのか!と笑。

ハードコアバンドって、ポジティブな歌詞を綴るバンドが多いことをもっと後になって知りました。

それ以来、ハードコアにのめり込んでいったことは言うまでもありません。

相当色んなバンドに手を伸ばしましたが、Shai HuludやConvergeあたりは今になってもたまに聴きます。

激情に走りたいときに笑

それからはFurther Seems ForeverやMae、Jimmy Eat Worldなどのエモに徐々に傾倒していくのでした。

ライブはもちろんよかったです。2015年の来日もリピートしました。

前座には、ZOZOタウンを運営するスタートトゥデイ(GBのアルバム名ですよね!)の社長である

前澤社長がドラムを務めるバンド「Switch Style」なんかも出演していました。

 

 

このTシャツはバウンティハンターとのコラボでして、バックプリントにはどどーんとロゴのプリントが。

袖にもGBとBHが入ってます。

好き嫌いが分かれそうなTシャツですね笑

 

スポンサーリンク

Nine Inch Nails Japan Tour ナイン・インチ・ネイルズ 日本公演 2014

インダストリアルロックのパイオニアNIN

スポンサーリンク

ナインインチネイルズが、2014年に新木場スタジオコーストにて来日公演を行った際のTシャツです。

「Hesitation Marks」で待望のカムバックを果たし、ワールドツアーで日本にも来てくれました。

フジロックにも出ていましたし、NINの人気は日本でも高いのでしょうか。

ぼくはNINを「With Teeth」から聴き始めた新参者なのですが、キャッチーなメロディーと

暴力性が備わっている感じに当時衝撃を受け、新作が出るたびにフォローしてきました。

「Year Zero」「The Slip」そしてソーシャル・ネットワークや

ドラゴンタトゥーの女のサントラ(「Ghosts I–IV」だけ聴いたことがないんですけど)。全部好きです。

新作も一発で気に入って通勤でヘビロテしていた矢先の来日だったので、もちろん休みを取って行ってきました。

内容はというと、メンバーが横並びでバッキバキのNINを演奏する姿がカッコよかった!

セットリストもバラエティーに富んでいました。昔の曲もやっていたようで、その度に会場が沸いておりました。

2daysありまして、なんとぼくの行かなかった日にはソーシャルネットワークの「Hand Covers Bruise」を演奏したそうな。

聴けた人うらやましい!

 

 

このTシャツはジャパンツアー限定デザインですね。NINのロゴと日の丸がクールな1枚です。

バックプリントにはツアー日程がプリントされています。スタジオコースト3daysでした。

 

スポンサーリンク