The Jesus and Mary Chain Summer Sonic 2008 & Japan Tour 2016

幽玄なあま~いメロディを切り裂くギターノイズ

スポンサーリンク

 

 

ジザメリのTシャツです。

デザインは言わずと知れた超名盤であり、シューゲイザーに大きな影響を与えた1985年発表の金字塔「Psycho Candy」のアルバムジャケットがプリントされています。

このアルバムのみならず、あま~いメロディに轟音ギターが鳴ってる(例外もありますが)彼らのアルバムがぼくは全部大好きで、

特に1stであるサイコキャンディは聴きまくりましたね。

ちなみにぼくが一番好きなアルバムは「Automatic」か「Honey’s Dead」です。甘すぎるぐらいがいい塩梅です。

例に漏れずPitchforkや音楽好きの友達からこのバンドの存在を知り、なぜか絶対好きになるだろうという確信があったので

視聴もせずにサイコキャンディを買い、それ以来ジザメリの虜ですね。

再結成のニュースが出たときはそれはもう嬉しくて、このサマソニの来日を心待ちにしておりました。

その日はトリであるジザメリの前がSuper Furry Animals~Spiritualizedっていうラインナップももう最高でした(メインステージのヘッドライナーはColdplay)。

 

 

こちらはサイコキャンディ30周年記念ツアーで来日公演を行った際のTシャツです。

まさか日本でもやってくれるとは・・・もちろん行きました。

ジャケットのデザインが好きすぎて、2着目ですけど買ってしまいました笑

この日は豊洲PITで満員の中サイコキャンディ完全再現+ヒット曲をやってくれまして、もう歓喜しかありませんでした。

2008年も2016年もライブのクオリティに変わりはありません。むしろボーカルのジム・リード歌が上手くなっていた気がします笑

 

 

2008年のTシャツとの違いは、ボディが2008年のShootから2016年はGildan Softstyleに変わっており、

バックプリントにツアー日程がプリントされている点です。

今月のニュースで、来年の3月にいよいよニューアルバムをリリースすると伝えられました。

約20年の振りのアルバムだそうです笑

期待&来日に胸が膨らみますね!

 

スポンサーリンク

Travis Japan Tour トラヴィス 日本公演 2014

WHY DOES IT ALWAYS RAIN ON ME?

スポンサーリンク
トラヴィスが、2014年に六本木EXシアターにて来日公演を行った際のTシャツです。
一曲目に「Selfish Jean」の演奏が始まり、会場のボルテージが一気に最高潮に達していたことを今でもよく覚えています。
このツアーは「Where You Stand」のリリースツアーでした。ぼくは彼らの出すアルバムにはハズレがないと思ってますが、このアルバムも傑作です。
「Mother」「Moving」「Where You Stand」など、ライブ映えする曲も多いんですよね。
 
 
このTシャツはたくさんある彼らの名曲のひとつである「Why Does It Always Rain On Me?」の歌詞がプリントされてます。
 
バックには控えめにTravisのロゴが。
来年も新作を携えて日本に来てくれる彼ら。
ぼくはまだ新作を聴いてないのですが、変わらず良質な作品を届けてくれていることと思います。
それだけで感謝、です。
 
スポンサーリンク

The Smashing Pumpkins Summer Sonic スマパン サマソニ 2010

マウンテンステージに降り立ったダーク・ロード

スポンサーリンク

スマパンが2010年のサマソニで来日した際のTシャツです。

恥ずかしながら、ぼくがスマパンを初めて聴いたのは2006年の復活直前の時期、友人の薦めがきっかけでした。

前述のJimmy Eat WorldでUSオルタナティブロックの素晴らしさに気がついたぼくは、洋楽に詳しい友人を片っ端からあたり、

彼らの名盤をルーズリーフに書き込んでもらっていました。

その中に書かれていた作品の一つに

「Siamese Dream」と

「Melan Colly and the Infinite Sadness」が入っていたというわけです。

ベスト盤大好きなぼくはとりあえずベストから入り、「Today(Dragon Ash: Grateful Daysの元ネタだと知って興奮しました笑」や

「Tonight, Tonight」そして「Try, Try, Try」などにハマり、

オリジナルアルバムを買い集め、ライブに足を運ぶまでになりました。

念願だったスマパンのライブは大満足すぎて、一晩中余韻に浸っていたことを今でもよく覚えています。

ステージのビリー・コーガンの見た目の暗黒卿っぷりも楽しかったですね。

こちらのTシャツは、ブックレットに写っていたボーカルのビリー・コーガンが着ていたロンTと同じデザインですね。ブラックのボディにシルバーのプリントがカッコいいです。

スポンサーリンク