Metallica Summer Sonic メタリカ サマソニ 2013 その二

正統派のかっこいいメタリカTシャツ

スポンサーリンク

 

前回投稿した、メタリカがサマーソニック2013で来日したときに販売されていた別のTシャツです。

グレーのボディにブルー系のロゴ。そして(Pushead)パスヘッドのデザイン。

 

 

バックプリントには「ASIA 2013」の文字が。手抜きか!と思いましたが、フロントのデザインが秀逸だったので、即買いした記憶があります。

今回この投稿をするにあたって、パスヘッドについて調べてみました。

英語版のウィキペディアによると、彼はアメリカ出身のアーティストでもあり、レコードレーベルのオーナーでもあるそうです。

デザイナーとしてメタリカはもちろん、ミスフィッツ、Dr. DreやTravis Barkerのアートワークをはじめ

スケートボードやNike SBのダンクなどその活動は多岐に渡っている様子。

そのほとんどがおどろおどろしいドクロのイラストです。このTシャツみたいな感じですね。

最近ではユニクロのTシャツラインであるUTでメタリカが出たときも

パスヘッドのデザインが使われておりました。

メタリカのロックTが1500円で買えるなんてなんとも贅沢ですね。

他にはダフトパンク、ケミカルブラザーズやフー・ファイターズなんかもありました。

有名なロックTを格安でゲットできるUTぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

デザインが気に入ったなら、できれば彼らの音楽にも興味を持っていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

Metallica Summer Sonic メタリカ サマソニ 2013 その一

バックプリントがめちゃめちゃダサいメタリカT

スポンサーリンク

 

メタリカがサマーソニック2013で来日した際のTシャツです。

 

サマソニ出演は2006年以来7年振りだったそうです。

 

サマソニ2006といえば、マスターオブパペッツを完全再現した時ですね。

 

またダフトパンクやフレーミングリップスが裏でトリを努めた

贅沢な回でした

(ぼくの中ではこの年と2015がベストだったかな、と思います。2015はホステスクラブオールナイターも含めてですが)。

 

この日のメインステージの並びはBullet For My Valentine→久々に復活したFall Out Boy→Linkin Parkそしてメタリカの順でした。

 

ステージ間を歩くのがいやだったので、ずーっとスタンドから眺めていました笑

 

今考えたらNASあたり見とけばよかったーという感じです。

 

肝心のライブはというと、一曲目にオーッ!となり、後半は知らない曲が多かった感じでした。

デスマグテクティックをもっと聴きこんでおけばよかったです・・・。

 

フェスの一日の疲れも相まって、途中爆音に包まれて眠ってしまったことを覚えています。

そしてハッと目を覚ますと、まだ同じ曲・・・長いなー、と思いながら

実は違う曲だったという笑

メタリカ現象。

 

本編は名曲「Enter Sandman」でフィニッシュ。

そしてアンコールの一曲目が「Battery(!)」2010年の単独公演ではやらなかったので、

めちゃめちゃ嬉しかったですね。

 

こちらのTシャツはサマソニ当日にダセーダセーとTwitterで叩かれまくっていたものです。

 

 

その理由がコレ。デカデカとカタカナが書いてあります笑

こんなレアなデザインないですよね。ぼくは即買いしました。

 

実はこの日もう1枚メタリカのTシャツを買いまして、その二で投稿しています。

こっちとはうって変わって、正統派ロックT。興味あればご覧ください^^

 

スポンサーリンク

Wavves ウェーヴス Hostess Club Weekender 2013

サンディエゴの風を感じるバンド(行ったことないです)。

スポンサーリンク

 

ぼくの大好きなバンドのひとつであるWavves。

カリフォルニアはサンディエゴ出身のパンクロックバンドです。

彼らがHostess Club Weekenderというイベントで来日をした際のTシャツです。

このイベント自体が知られてなさそうなのでご説明しますと、Hostessというレーベルが運営するフェスのようなものです。

Hostessは海外の複数のインディ・レーベルとライセンス契約を結んでおり、

微妙に知名度が低いバンド(でもやってる音楽のクオリティは大手レーベルの所属アーティストに負けません!それ以上のことだってあります)の作品を

日本に届けてくれているレーベルなんです。なんとも応援したくなります。

前置きが長くなりましたが、そんなホステスが開くライブ、出るバンドも微妙に知られていないバンドが多めです。

この日のアクトはWavvesをはじめ、British Sea Power、EditorsそしてヘッドライナーにTravis(こちらは有名ですかね)という感じでした。

会場は、恵比寿ガーデンホール。こちらも知名度低そうですが笑、恵比寿にある体育館みたいなイベントスペースです。

WavvesはCDで聴く以上の爆音で歪んだギターを鳴らし、ポップなメロディで青臭ーい曲たちを届けてくれました。

もうこれだけで来た甲斐があったってもんです。また来日するなら絶対観に行きたいですね。

こちらのTシャツは、ニルヴァーナ風のWavvesのフォントにニルヴァーナ風の3人が並んでプリントがされております。

このプリントにはちゃんと元ネタとなった写真があるそうです。バックプリントはありません。

このTシャツのデザインが好きすぎて夏は普段着で着ますし、サマソニに着て行ったら外国人に「Nice Shirts!」と話しかけられました笑

 

スポンサーリンク