The Prodigy Japan Tour ザ・プロディジー 日本公演 2009

バッキバキのビートにどこか漂う哀愁

スポンサーリンク

 

プロディジーが2009年にSHIBUYA-AXにて来日公演を行った際のTシャツです。

バックプリントはありません。

「Invaders Must Die」リリース前、一夜限りのライブで、チケットは即売り切れ。

どうしても行きたくてヤフオクで落札したことを覚えています。

ぼくがちゃんとProdigyを聴き始めたのはベスト盤からでした。

かの有名なカニジャケ「The Fat Of The Land」が、名盤として雑誌に取り上げられまくってたことは

知っていましたがそれまでは食指が動かず。ベスト盤を聴いてもそんなにいいと思わず。

ところがバイト帰りとかに何度も聞いているうちに、どんどんいい曲だと思えるようになりました(笑)。

特にいいと思った曲が「Smack My Bitch Up」「Girls」です。

一時期この曲を聴いてテンションを上げることが日課になっていたほど好きでした。

残念ながら最近はまったく彼らをフォローしておりませんが、今も変わらず

バッキバキの音を鳴らしていることと思います。

この時のライブも相当よかったんですが、Tシャツのアメコミ風のデザインにもやられて即買いしました。

ライブに行って、買ったグッズもよかった場合、そのアーティストのことを前より増して好きになるってこと、ありますよね!

 

スポンサーリンク

 

Red Hot Chili Peppers Japan Tour レッチリ 日本公演 2007 その一

ジョン最後の来日公演

スポンサーリンク

 

 

説明不要、レッチリが2007年に東京ドームで公演を行った際のTシャツです。

ジョン・フルシアンテ脱退前の最後の来日公演・・・だったと思います。

渾身の2枚組アルバム「Stadium Arcadium」のリリースツアーでしたね。

ぼくはレッチリの中ではこのアルバムが1番好きです。

今までのファンクな感じとメロウな感じが一番よく練り上げられている気がするからです。

Tell Me BabyとかMade You Feel Betterは絶品ですよね。

当時コピーがしたくて、よくベースの練習をしたものです。

次点で「Californication」あたりが好きです。みなさんはどうでしょうか^^

ぼくがレッチリを知ったのはそのCalifornicationでした。

TVで全員(チャド以外)モヒカン姿で演奏していた姿を見て衝撃を受け、それ以来

新譜が出るたびに必ず買っていました。

その習慣も「Stadium Arcadium」を最後に途切れてしまいましたが・・・

最近のレッチリはどうなのでしょうか?ギタリストが変わってしまって。

 

win_20161119_23_07_59_pro

 

このTシャツはブラックのボディにアルバムのジャケットがプリントされております。

賛否両論あるかもしれませんが、この宇宙のデザイン、シビれます。

バックプリントにはツアー日程がこれまた銀河調にデザインされ、プリントされております。そしてなぜか日本製。

 

その二ではこの日に買ったもう1枚のTシャツを投稿しています。

興味あればぜひご覧ください^^

 

スポンサーリンク

Sigur Ros Japan Tour シガー・ロス 日本公演 2013

武道館に降り立ったアイスランドの妖精

スポンサーリンク

 

 

シガーロスが、2013年に日本武道館にて来日公演を行った際のTシャツです。

サマーソニック2012で来日したばかりなのに、また見られるなんて!と

なんとも贅沢な気持ちになったことを覚えています。

平日の公演にもかかわらず、公演はなんとソールドアウト。

失礼かもしれませんが、日本でこんなに人気あったんだな、と驚きでした。

でもそれって素晴らしいことですよね。もっともっとシガーロスのような素晴らしいバンドが

日本でも知名度を広めてほしいなぁ、と思います。

来日してほしくてもしてくれないバンド、たくさんいますからね・・・。

みなさまはどんなバンドに来日してほしいですか^^

ぼくはAphex Twinやblink-182がまた来てくれないかなぁ、と願ってます。ジャンルはバラバラですが笑

本公演はヴァルタリの次のアルバム「クウェイカー(でしたっけ?)」が出た直後ぐらいでしたので、

最新作からの演奏ももちろんありました。割とノイジーなアルバムですよね。

ぼくはヴァルタリの幽玄で幻想的な雰囲気が好きだったので、新作からのトラックが続くライブ序盤は

あまり乗り切れなかったです・・・。

ですが、2ndアルバムのアゲイティス・ビリュン (Ágætis byrjun)

(これいつまで経ってもタイトル覚えられないですが)のオープニングトラックである

“Svefn-g-englar” [Sleepwalkers]

(これも名前覚えられません)が流れた瞬間に、その日来てよかったなー、と

その一曲だけでも満足した記憶があります。この曲はシガーロスの中でも1、2を争う

ぼくの好きな曲です。

2012年ツアーがゴールドのプリントに対して、2013年はシルバーです。

そう来たか、という感じですね。

 

win_20161119_23_02_37_pro

 

スポンサーリンク