Fucked Up ファックド・アップ Hostess Club Weekender 2012

スポンサーリンク

Fucked Upが2010年にHostess Club Weekenderにて来日した際のTシャツです。
会場はZepp DiverCity Tokyoでした。
この日のヘッドライナーはDinosaur Jr.で、ぼくは彼ら目当てで参戦しました。

 

ダイナソーJRのロックTももちろん買いましたが、そちらはまた後日にご紹介します。

Fucked Upはその名前こそピッチフォークのレビューを見て知っていたものの、

その日にライブで初めて彼らの音楽を聴きました。

 

ではお目当てでないバンドのTシャツをなぜ買ったかと申しますと、

ライブの内容が素晴らしかったからです。

 

基本的には巨漢でスキンヘッドのボーカルが叫ぶハードコアって感じなのですが、

時折入ってくる女性のバックボーカルの爽やかな感じと切ないメロディ

そしてトリプルギターの織り成す疾走系の轟音加減がめちゃめちゃ気持ちいいんですね。

これは体感した人にしか分からないかもしれません。

 

それとライブあるあるで、バンドはCDから入るよりもライブで曲を聴いた方が好きになりやすい、とぼくは思ってるんですけど、

そういうこともあるかもしれないですね。

 

もちろんそれは一時の感情ってのもありえます。

それを証拠に、この日のライブ以来Fukced Upは聴いておりません笑。

 

 

こちらのTシャツはFucked Upと

以前紹介した、ぼくの大好きなバンドであるWavvesがコラボしたTシャツです。

強烈なイラストと共に、両バンド名がプリントされています。バックプリントはありません。

最近のぼくは単独公演ばっかりでフェスに参加していないので、

この時のような経験がなかなかできてないんですよね。

来年はフェスにもちょいちょい参戦してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

“Fucked Up ファックド・アップ Hostess Club Weekender 2012” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA