【スラッシュ四天王】ようやくロックT揃いました

スラッシュメタル四天王のTシャツが揃いました。

 

先日、メガデスとアンスラックスの日本公演に馳せ参じまして
スラッシュメタル四天王のTシャツがすべて揃いました!

 

これを機に、今回の投稿では
スラッシュメタルを知らない方のために
スラッシュメタルの成り立ちと
代表曲の紹介をしたいと思います。

 

今回の投稿をきっかけに、Tシャツに興味がある方が
スラッシュメタルにも興味を持っていただけたら嬉しいです。
 

スラッシュ四天王とは

・Anthrax(アンスラックス)
・Slayer(スレイヤー)
・Megadeth(メガデス)
・Metallica(メタリカ)

の4つのバンドを指します。

 

ただバンドの世間の扱い的には

 

メタリカ

 

スレイヤー

 

メガデス

 

アンスラックス

 

ぐらいなのかな、と(笑)。

 

さて、もっというとスラッシュメタルとは、
1980年代にアメリカで登場したメタルのジャンルで
Wikipediaによると

 

NWOBHMとハードコア・パンクの私生児ともいえる音楽性で、
ギターソロよりもギターリフに重きを置き、スピード感を重視した楽曲が多い。

 

とのこと。

”NWOBHM”とは
“New Wave Of British Heavy Metal”
の頭文字を取ったもので(長っ)
1970年代後半にイギリスで発生した
ムーヴメントです。

 

スラッシュメタルとは異なり、
音楽ジャンルを指すものではありません。

アイアン・メイデンやデフ・レパードが代表的なバンドだそうな。

 

そのNWOBHMと
これまた1970年代に流行した
ハードコアと呼ばれるジャンル(パンクを激しくしたような感じです)
が合体したのがスラッシュメタルであるそうです。
英語にすると

“Thrash Metal”

と書きます。

 

“Slash”ではないんですね。

 

Thrashとは英辞郎によると

 

【他動】
~を強く打つ、打ちすえる
~を(徹底的に)打ち負かす
〔手足を〕バタバタさせる

 

だそうです。

文字通り、激しさを表しています。

 

成り立ちはこんな感じですが、
個人的には
頭振ったり、テンション上げたいときに最適な音楽であると認識しています(笑)。

 

スラッシュ四天王の代表作

 

各バンドの代表曲と
収録アルバムも紹介しておきます。

 

・メタリカ

“Master Of Puppets”


 

・スレイヤー

“Raining Blood”


 

・メガデス

“Holy Wars…The Punishment Due”



・アンスラックス

“Cought In A Mosh”


どれも個性的で、名盤揃いです!

 

スラッシュ四天王のロックT

 

さて、お次は4つのバンドのTシャツ紹介を順に紹介します。
メタリカとスレイヤーについては以前投稿したものです。

 

・メタリカ(2013年サマーソニック)

 

・スレイヤー(2012年ラウドパーク)

 

・メガデス(2017年ジャパン・ツアー)

 

・アンスラックス
(同上。個人的に四天王の中では音もデザインも1番好きなので、
2009年ラウドパークでも買いました)

 

どれもクソダサいです。
でも普段使いします。

 

余談ですが、このサイト名である まろです は
メガデスのロゴをもじっています笑。

 

ちなみに、各バンドのTシャツは
楽天市場でも簡単に手に入ります。

 

無難なメタリカ。

 

デザイン的に取り入れやすいスレイヤー。

 

通なメガデス。

 

デザインがコミカルで、メタルっぽくないアンスラックス。

 

お気に入りは見つかりましたでしょうか^^

 

今年の夏はスラッシュメタルT着て、もちろん音楽も聴き込んでから

共にフェスに参戦しましょうではありませんか(笑)!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA