ASIAN KUNK-FU-GENERATION アジカン 20周年ライブツアー グッズ紹介

BEAMSコラボキャップ、ツアータオルそして直筆サイン本

スポンサーリンク

前回ご紹介しました、アジカン20周年ライブのグッズをご紹介します。

ぼくはキャップ、タオルそしてゴッチの本をゲットしました。

 

 

キャップはビームスとのコラボ。

スカジャン風にドラゴンが刺繍されております。

 

タオルは日本製・ジャガード織でしっかりとしております。

ジャガード織ってぼくは調べて初めて知ったんですが、

デザインがプリントされているだけじゃなくて、裏地にまでしっかりと織りこまれております。

そのおかげでフワフワで肌ざわりが気持ちいい感じの仕上り。

 

今回グッズ売り場を見ていて特に気になったのが、

端っこの方にちょこんと併設された「デッドストックコーナー」でした。

過去のツアーグッズやレコード、関連本などが販売されていたんですが、

まあ要は売れ残りですよね笑

 

でもデッドストックという文句で販売すると、なんかお宝発掘みたいな気分になって高まってしまう自分がいまして

売り方うまいな、と感心しつつ自然と列に並んでしまっていました。

売っていたのは以前のツアーでのTシャツやタオル、そしてサイン入りのレコード(Gotchのソロのやつで、Wonder Futureのツアー時にも販売)

だったのですが、目に留まったのがこちらのゴッチの書籍。

 

 

ぼくはもともと読書が好きでして、好きなバンドのTシャツを買いたいと思うことと同じように

特に好きなバンドのメンバーが書いた本であればなおさら読んでみたくなるものです。

 

Eastern Youthの吉野さんの書籍「天沼メガネ節」も楽しく読ませていただきました。

そしてこちらのゴッチの本。「何度でもオールライトと歌え」とタイトルだけでもう前のめりになってしまったぼくだったのですが、

なんと中には直筆サインが。

もう即買いでした笑。

 

これから熟読して、ゴッチイズムをよく理解したいと思います。

ライブには曲を生で聴く以外にも色んな出会いがあるんだな、と

ライブをもっと好きになるような体験ができて有意義な福岡公演でした。

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live

アジカン結成20周年の集大成ライブ!

スポンサーリンク

行ってまいりました。

アジカン結成20周年ツアー@福岡国際センター。

今まで観たアジカンのライブの中で、一番良かったと言っても過言ではない内容でした。

 

セットリストはこんな感じです。プチ感想も交えて。

1)遥か彼方

2)センスレス

3)アンダースタンド

4)暗号のワルツ(ぼく的にファンクラブが一番好きなアルバムなので超嬉しい)

5)ブラックアウト

6)君という花

7)粉雪(なつかしい)

8)マーチングバンド(ライブで初めて聴きましたが、ポストロックっぽい感じになっててカッコよかったです!例えるなら全編新生リライトの間奏みたいな感じ。)

9)踵で愛を打ち鳴らせ

10)今を生きて

11)E

12)スタンダード

13)ブラッドサーキュレーター

14)月光(ぼく的にファンクラブが一番好きなアルバムなので超嬉しいPt.2)

<休憩>

メンバー退場。5分後ぐらいに「ソルファ」のジャケットがプリントされたシャツ(非売品)に着替えて登場し、ここからソルファ再録版の完全再現。

15)振動覚

16)リライト

17)ループ&ループ

18)君の街まで

19)マイワールド

20)夜の向こう

21)ラストシーン

22)サイレン

23)Re:Re:

24)24時

25)真夜中と真昼の夢

26)海岸通り(NAOTO stringsというグループがストリングスで参加)

<アンコール>

客席中央に即席のステージが運ばれてきて、ゴッチがアコギで弾き語り。

27)転がる岩、君に朝が降る

28)Wonder Future(最初「驚くべき未来」って曲やりますと一瞬新曲かと思いました笑)

29)タイムトラベラー(健さんボーカルでスリーピース。キーボードはいましたが。)

30)八景(同上)

31)さよならロストジェネレイション(NAOTO strings参加)

32)新世紀のラブソング(同上)

と全32曲、約3時間に渡って繰り広げられました。

至福の3時間でしたね。

 

そしてゴッチがところどころでMCを挟むのですが、いいこと言うんですよね。

「ライブを見に来ている人が、いつアジカンを好きになったのかなんて関係ない。リライトだけ知ってるぐらいでもいい。

ここにいるみんなのヴァイブスだけあればいい。」とか

「友達として20年もバンドをやってきた。本当の友達ってのは連絡取らなくても繋がってるものだ。」とか

気付きを得ることが多い感じでした。ゴッチありがとう。

 

今日が20周年ツアーの最終日だったんですけど、休む間もなく来週からレコーディングに入るらしいです。

「Wonder Future」の次の作品が近いかもしれないので、今日のライブの余韻に浸りながら

楽しみに待つこととします。

 

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION アジカン『ソルファ(再録版)』

アジカンの名盤が12年振りに生まれ変わってリリース!

スポンサーリンク

アジカンの代表作といえば、2004年発表の「ソルファ」です。

ぼくがアジカンを聴き始めたのもこのアルバム、正確に申し上げますと「リライト」というシングルがきっかけでした。

 

 

このPVと共に、カラオケで唄った方も大勢いるのではないでしょうか。

ぼくは必ず熱唱します笑。

そんなリライトは現在においてもアジカン史上売上1位のシングルであり、

リライトが入ったアルバム「ソルファ」は、アジカン史上初のオリコン1位そして今でも歴代1位の売上を誇っています。

ぼくはソルファから入り「君繋ファイブエム」→「崩壊アンプリファー」と遡ってチェックしましたが、

ソルファの方が好きですね。

その後「ファンクラブ(アジカンの中で一番好きなアルバムです)」そして「フィードバックファイル」をリアルタイムで聴いて

アジカンにのめり込んでいたんですが、邦楽なんて聞くのダセェ!と謎のウェーブが来まして

「ワールドワールドワールド」から遠ざかり(或る街の群青だけは鉄コン筋クリート関連で聴いてました)

 

 

「ソラニン」で「宮崎あおい主演映画の主題歌なんて作るようになっちゃったのか・・・。(今にして思えば意味不明)」

となり距離がさらに離れ、新作が出る度になんかメンバーがオシャレになっていってたのは知っていましたが、

聴く気も起こらず、ぼくの中では過去のバンドとなっていました。

ところが「Best Hit AKG」いわゆるベスト盤が出ることを知り

「懐かしいなぁ・・・」と購入。新曲のマーチングバンドは全く好きになれずでしたが。

そのあとに「フィードバックファイル2」が出ることを知り

1が最高だったんで購入。結果2も最高でした。全曲いいんですけど、特に夏蝉やケモノノケモノが大好きです。

ローリングストーンも最高ですね。PVもいいです。

 

 

最近のアジカンもいいじゃん!とフィードバックファイル2で認識してたところで

8枚目のアルバム「Wonder Future」がリリースされました。

このアルバムはLAにあるFoo FIghters所有のスタジオ「Studio 606」で行われたそうで

そこの興味もあり、購入。

正直最初はあんましパッとしなかったんですけど、

最新アルバムのツアーに行く機会があったので行ってみたら最高だったので

アルバムも好きになりました笑。曲単位だと「スタンダード」が好きですね。

それを機に

「ランドマーク」「マジックディスク」「サーフブンガクカマクラ」そして「ワールドワールドワールド」と

出てるアルバム全部買いました。

すると不思議なことに全部良かった。最高な音楽に出会えたことに感謝です。

特にサーフブンガクカマクラはぼくの大好きなバンド「Weezer」の名曲

「Surf Wax America」のもじりだそうで。そういうヒネリもいいですね。

 

 

そんなこんなでアジカンが大好きなことを再認識したぼくは、

ソルファの再録版ももちろん買いました。

 

 

Amazonで買ったらクリアファイルが付いてきました。カッコよし。

内容は全体的に昔の方がいいと思いますが、

曲の安定感とか、なによりボーカルであるゴッチの

かつぜつが良くなっています笑!

何言ってるかがよくわかります。

こういった旧盤との違いを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

さて、そんなアジカンも2016で結成20周年だそうで、現在ツアー真っ最中です。

ぼくは明日の福岡公演に行きます。楽しみで仕方ありません!

ツアーグッズも楽しみなんですが、ぼくは日本のバンドのTシャツは

ライブで買ったことがありません(くるりのTEAM ROCK Tは持ってます)。

パジャマでしか着れない気がするからです笑

買うとしたらタオルが多いです。

 

 

こちらは2011年のカウントダウンJAPANのときのタオルです。

「君繋ファイブエム」を完全再現した際のライブですね。

ラジカセのデザインがカッコいいと思いました。

明日の様子は、また追ってレポートします!

それでは。

スポンサーリンク