【名盤】Pitchforkが選んだ映画スコアのベストアルバム50選と、個人的ベストアルバム3選

米音楽批評サイトであるピッチフォークが、”The 50 Best Movie Scores of All Time”を発表しました。

 

先日サントラも発表したばかりの同メディア。その様子はこちらにまとめています。

 

【名盤】Pitchforkが選んだ映画サントラのベストアルバム50選と、個人的ベストアルバム3選

 

そもそもサントラとスコアって何か違うんだろう?と疑問に思って調べてみたら、タワレコのサイトに説明がありました。

 

スコアもの(映画作品のためにオリジナルで録音される、おもにオーケストラやシンセサイザーなどのみ、歌は入らない楽曲)

https://tower.jp/article/feature_item/2015/08/25/0113

 

とのこと。

 

映画で流れる、歌なしの音楽ってことですね!

リストは以下の通りです。

みなさんの好きな映画は入っていますでしょうか?

“【名盤】Pitchforkが選んだ映画スコアのベストアルバム50選と、個人的ベストアルバム3選” の続きを読む

【5分で観られる2001年宇宙の旅】名作を名曲に合わせてイッキ見!

スタンリー・キューブリック監督による不朽の名作である映画「2001年宇宙の旅」。
なんと今から約50年以上前の、1968年の作品です。

 

宇宙好きなぼくとしては気になる作品でしたが、古い映画だけあってなかなか手が出ませんでした・・・

 

個人的に大好きなゲーム「メタルギアソリッド」の生みの親である小島秀夫監督も
シティボーイのための雑誌「ポパイ」の特集で
この作品を激プッシュしてます。

 

余計に気になるー!と思っていたところ
Amazon Primeにて無料で視聴できることを発見。

 

ようやく観てみたのですが・・・
“【5分で観られる2001年宇宙の旅】名作を名曲に合わせてイッキ見!” の続きを読む

【非現実を体感できる】うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーはディストピアムービーの最高峰だった

全て忘れて、ただただ夢見心地・現実逃避

 

平成最後の1月。2019年が明けてから数日が経ちました。
日常が戻ってきて、すっかり正月気分も抜けきった今日この頃。
束の間の3連休を味わっている人も多いのではないでしょうか。

さて、そんな過酷な現実を強く生きる同士に、ぜひおすすめしたい映画がございます。

それは「うる星やつら」です。
それも劇場版。の、2作目。

 

意外と思われるかもしれませんが、これがまた傑作なのです。
監督は『ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)」としてハリウッド化もされたアニメ「攻殻機動隊」の監督、押井守さんです。

“【非現実を体感できる】うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーはディストピアムービーの最高峰だった” の続きを読む