カテゴリー
MUSIC - 音楽

六本木EXシアターへ行く際、荷物を預ける最適なロッカーは?【ティーンエイジ・ファンクラブ】2日目

前回の投稿に続いて、Teenage Fanclub(TFC)、2日目の来日公演に行ってきました。

 

[ad#ad]

 

会場は六本木EXシアターに場所を移しています。

 

遠征の場合、スーツケースをゴロゴロ転がして行くのは辛いところ。

 

ホテルに預けられたらいいのですが、チェックアウト後でしかも

横浜からは距離のある六本木でのライブだったので

どこか近い場所に預けられたらいいな、と思っていた矢先

最適なロッカーを見つけました。

 

その場所とは・・・

 

六本木ヒルズB1のロッカーです。

 

詳細はコチラに。

http://www.roppongihills.com/facilities_service/coin_lockers.html

 

メトロハットB1Fというやつです。

 

スーツケースがスッポリと収められる大き目なロッカーが

多く並んでいます。 

 

この日は土曜日だったので

いっぱいになっていないか少々心配になりましたが、

無事預けることができました。

 

預けたあとは、地下鉄 日比谷線方面に向かい

改札近くの2番出口から出て歩け

会場はすぐそこです。

 

ちなみに会場にもロッカーがいっぱいあるんですが、

小さめのものがほとんどですので

大きい荷物を確実に預けたければ

入る前に預けてしまった方が楽です。

 

荷物が多いとき

六本木EXシアターに行く際は

ぜひご活用ください^^

 

[ad#big]
カテゴリー
MUSIC - 音楽

映画好きならチェックしておきたい、20年ぶりに新作が公開される映画。のサントラ解説 後編

映画好きならぜひチェックしておきたい、トレインスポッティングのサントラ。

 

今年20年ぶりの新作「T2」(ターミネーター2じゃないですよ)が公開される、
1996年公開の映画「トレインスポッティング」。

 

「人生を選べ。未来を選べ。」
というユアン・マクレガーの台詞が心に突き刺さる
心に響くいい映画です。

 

その内容もさることながら、
サントラもすばらしいということで
前編・後編に分けてサントラの全曲紹介をしています。

 

前半はサントラに収録されている全14曲のうち、
前半7曲について書きましたが
今回の後編では後半の7曲を紹介します。

※前編はこちらから!

 

 

トラックリストおさらい

 

1. “Lust for Life” (Iggy Pop, David Bowie) Iggy Pop 5:15
2. “Deep Blue Day” (Brian Eno, Daniel Lanois, Roger Eno) Brian Eno 3:58
3. “Trainspotting” (Bobby Gillespie, Andrew Innes, Robert Young, Martin Duffy) Primal Scream 10:36
4. “Atomic” Sleeper 5:11
5. “Temptation” (1987 version) New Order 6:59
6. “Nightclubbing” Iggy Pop 4:15
7. “Sing” Blur 6:03
8. “Perfect Day” Lou Reed 3:46
9. “Mile End” Pulp 4:33
10. “For What You Dream Of” (Full-on Renaissance Mix) Bedrock (feat. KYO) 6:30
11. “2:1” Elastica 2:35
12. “A Final Hit” Leftfield 3:17
13. “Born Slippy (NUXX)” Underworld 9:46
14. “Closet Romantic” Damon Albarn 3:09

 

 

8曲目からのひとこと解説

 

 

8. “Perfect Day” Lou Reed 3:46

アンディ・ウォーホルのバナナジャケットが有名な

元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リードの曲です。

シンプルで力強く、美しい曲。



 

9. “Mile End” Pulp 4:33

「パルプ」というブリットポップバンドの

軽やかなポップソング。

ちょっとウィーザーっぽさも香ります。



調べたらこのアルバムに入ってました。

 

10. “For What You Dream Of” (Full-on Renaissance Mix) Bedrock (feat. KYO) 6:30

プロディジーを彷彿とさせるクラブトラック。

トランスやテクノのプロデューサーデュオみたいです。

当時は最先端の曲だったみたいですが、

EDM全盛の今聴くと若干時代を感じさせます。

イギーポップやルーリードなどのロックは時を経ても

変わらない良さがありますが、

こういったテクノ系の曲は古く聴こえてしまうのが面白いところですね。

 

11. “2:1” Elastica 2:35
女性ボーカルが特徴的なパンクロック曲。
パンクといってもテンポはゆったりめです。

 

Elasticaというバンドの曲なのですが

このデビュー盤は、前年発売の

オアシスのデビューアルバムに次いで

二番目に最速で売れたレコードとなったそうです。

 

12. “A Final Hit” Leftfield 3:17

落ち着いたミニマルテクノ的なトラック。

トリップ要素もありでいい感じ。



こちらはベスト盤です。

 

13. “Born Slippy (NUXX)” Underworld 9:46

言わずと知れた、アンダーワールドの代表曲。
最新作が今年のグラミー賞にノミネートもされてましたね。
メロディックでノリノリのダンスチューンです。

 


 

14. “Closet Romantic” Damon Albarn 3:09
7曲目に収録されていたブラーのフロントマンである
デーモン・アルバーンのソロ曲。
ほんわかとしたメルヘンな雰囲気のポップソングです。



以上で、サントラ全曲解説を終わります。

映画が面白いと思った方は、ぜひサントラもチェックしてみてくださいね^^

そしてサントラを聴きながら、2の公開を楽しみに待ちましょう!

 

 

ちなみに先着限定で、前売り券にはクールなステッカーが付いてきます。

 

[ad#ad]
カテゴリー
GADGET - ガジェット

【前回の続き】携帯代、払いすぎていませんか?デュアルSIMを活用する際に気をつけたい3つのこと

「デュアルSIMを活用する際に気をつけたい3つのこと
(通話:docomo データ:楽天モバイルで契約する場合)」

前回の投稿にて、デュアルSIMの有用性について
熱弁させていただきましたが、実際に買い換えてみて
気が付いたことがいくつかありましたので、共有したいと思います。

携帯ショップで変人扱いされる!?

携帯を買うとき、普通は
1.機種を選ぶ
2.通話プランを選ぶ
3.パケットプランを選ぶ
というステップで進んでいきますが、SIMのみ契約をする場合は
1をすっ飛ばして、2だけ選んで、3もすっ飛ばす
という流れになりますので、ぼくは携帯ショップの人に
「めんどくせー客が来たなー」
的な対応をされました。
ただ最後には
「愛媛ではまだまだそういう買い方をするお客様が少ないので、ちょっと驚きました。」
と店員さんが話してくれて和やかに契約を終えることができましたが。

一番安い通話プランで契約させてくれない!?

ぼくがデュアルSIMに変える理由は
ガラケーのカケホーダイプランを契約して、通話代を抑える!
という目的があったのですが、そう簡単にはいきませんでした・・・。
その理由は2つあります。
1.SIMカードを挿すのはあくまでもスマホなので、ガラケープランで契約させてくれませんでした。無理やりでも契約するためには今まで使っていたガラケーを持っていく必要があると言われる。
2.諦め切れずに昔のガラケーを発掘し、持っていったとしても、そもそもSIMフリーの携帯に対応しているSIMカードのサイズはnanoかmicroなので、挿せない。
ということで、結局スマホ用のカケホーダイプラン(月々2700円)を契約しました。
その一つ下で、5分までなら通話料無料のカケホーダイライトプランというものも
あるのですが、パケットも一緒に申し込まないと契約できません。

ネットが遅い

データSIMは楽天モバイルの一番安いプランである
月々525円のベーシックプランで契約したのですが、ネットがあんまし早くないです。
特に画像の読み込み。
ぼくは家やそこかしこにあるwi-fiを活用しまくるつもりだったのですが、
やっぱりwi-fiがないところでデータ通信を行なう場合も多いですので、
そこは不便に感じることが少なからずありました。

まとめ

ということで、
通話SIM:docomo スマホカケホーダイプラン 2700円
データSIM:楽天モバイル 525円
で月々3,225円(税別)でスマホ運用を開始したのですが、
通話料が想定よりも高いプランで契約しなければならなかったのと
データ通信が期待していたよりも遅かったという結果になりました。

ですが、通話を気兼ねなくできるという点と
wi-fiが繋がる環境を有効活用すれば、全く不自由なく、
なにより安くスマホを使うことができます。
ちなみにぼくはZenfone3という機種を使ってるのですが、
高機能で非常におすすめです。

来年携帯を買い替える予定のある型は、ぜひ検討してみては
いかがでしょうか^^

 

[ad#ad]