カテゴリー
MUSIC - 音楽

SURFER BLOOD サーファー・ブラッド 全アルバム解説 その②

単なるEP(ミニ・アルバム)と侮ることなかれ

 

[ad#ad]

 

お次に紹介するのは、2011年に、ファースト『Astro Coast(アストロ・コースト)』の次にリリースされましたEP

『Tarot Classics(タロット・クラシックス)』です。

 

ディスコグラフィー再掲。

 

アルバム

  • Astro Coast (2010) アメリカ Billboard 200(ビルボード。オリコン的なやつです)アルバムチャート124位
  • Pythons (2013) 同127位
  • 1000 Palms (2015) 同160位
  • Snowdonia (2017)

EPs

  • Tarot Classics (2011)

 

この中の1番下のやつです。

 

名盤1stの次は名盤EP

 

『Tarot Classics(タロット・クラシックス)』

ピッチフォーク評価 7.2

 

カラフルなジャケットが印象的。

 

EPはExtended Playの略です。

シングルより曲数が多いが、アルバムほど多くはない。

といった位置づけでしょうか。

 

トラックリストとひとこと解説は以下の通りです。

全曲ライブVTRと共にどうぞ。

 

1. I’m Not Ready

オープニングトラックは1stアルバムを踏襲した

必殺リフが持ち味のポップロックナンバーです。

 

 

2. Miranda

この2曲目「ミランダ」がヤバいです。

疾走感あふれるサーフ・パワーポップ。

個人的にはSURFER BLOODの中でも随一の名曲だと思います。

 

 

3. Voyager Reprise

2曲目の余韻を残したまま、ドリーミーロックな3曲目へ突入します。

小刻みのドラムのリズムがいい感じです。

 

 

4. Drinking Problem

最後の曲はさらにドリーミーなポップで締めます。

バンドとしては新境地ではないでしょうか、電子音と多用したトラックです。

 

 

以上の4曲です。

 

こちらの4曲、音源では流れるように繋がっております。

完成度がめちゃめちゃ高いんです。

 

1stよりも好きな人は好き

 

個人的にタロット・クラシックスは1stのアストロ・コーストよりも好きかもしれません。

短めの作品が好きな方、王道から入るのはちょっと・・・という方には

このEPから入ることをおすすめします^^

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD]SURFER BLOOD サーファー・ブラッド/TAROT CLASSICS【輸入盤】
価格:823円(税込、送料別) (2017/2/12時点)

 

 

Amazonでは売り切れでした・・・。

 

以上、その二でした。その三に続きます!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[ad#ad]
カテゴリー
ROCK T-SHIRTS - ロックT

Red Hot Chili Peppers Japan Tour レッチリ 日本公演 2007 その二

今回の投稿より、白Tシリーズに入ります。

 

ロックTで色が白ってみなさんはどう思いますか?

 

ぼくは売っているロックTって黒ばっかりなのと、やはり手持ちのロックTが黒ばーっかりになってきていたので、

デザインが良ければ意識的に黒以外のものを買うようにしています。

 

その中の1枚がコチラ。

 

[ad#ad]

 

以前投稿しました、レッチリが東京ドームにて2007年に来日公演を行った際の

別のデザインのTシャツです。

 

 

白いボディに赤黒のレッチリロゴが映えます。

 

そしてロックTではまあまあ珍しいリンガーTシャツです。

 

リンガーTシャツとは見ての通り、襟や袖口が別の色の生地でとめてあるものです。

古着屋さんに行くと結構見かけます。

ちょっと体育着っぽくて嫌いという人もいそうです。

 

前の記事ではぼくがレッチリの「Stadium Arcadium」をいかに好きかということと

彼らとの出会いに関して書き綴りましたが、

今回はライブについて書きます。

 

[ad#ad]

 

ぼくがレッチリを見たのは、今までで全3回です(少ないですが)。

 

これまた名作である「By The Way」のリリースツアー(2002年@幕張メッセ)、2007年そして2011年のサマソニです。

もちろん3回すべての公演がすばらしかったんですが、

2011年だけ若干満足度が低かったです。

 

その決定的な理由は、ギタリストがJohn FruscianteかJosh Klinghofferかの違いだと思いました。

 

2011年はギタリストがジョンからジョシュに変わりたてで、ものすごい違和感があったことを覚えています。

 

特に気になったのが、コーラスですね。ジョンのアンソニーのボーカルに寄り添うような優しいコーラスワークではなく

アンソニーのボーカルと衝突しているような感じだったのが、当時なんとも微妙な気がしていました。

 

しかし今では素晴らしい仕事をしていると思うので、ぜひともまた観に行きたいですね。

 

2002年の時は中学生でお金がなかったので、物販は買わず。

 

2011年の時はデザインがあまりにもダサかった(ハエでレッチリのロゴがデザインされていたり、日本語が書いてあったり)ので買わず。

今にしてみれば、買っておいてもよかったのかなあ、と思いますが笑。

 

[ad#ad]

カテゴリー
ROCK T-SHIRTS - ロックT

Metallica Summer Sonic メタリカ サマソニ 2013 その二

正統派のかっこいいメタリカTシャツ

[ad#ad]

 

前回投稿した、メタリカがサマーソニック2013で来日したときに販売されていた別のTシャツです。

グレーのボディにブルー系のロゴ。そして(Pushead)パスヘッドのデザイン。

 

 

バックプリントには「ASIA 2013」の文字が。手抜きか!と思いましたが、フロントのデザインが秀逸だったので、即買いした記憶があります。

今回この投稿をするにあたって、パスヘッドについて調べてみました。

英語版のウィキペディアによると、彼はアメリカ出身のアーティストでもあり、レコードレーベルのオーナーでもあるそうです。

デザイナーとしてメタリカはもちろん、ミスフィッツ、Dr. DreやTravis Barkerのアートワークをはじめ

スケートボードやNike SBのダンクなどその活動は多岐に渡っている様子。

そのほとんどがおどろおどろしいドクロのイラストです。このTシャツみたいな感じですね。

最近ではユニクロのTシャツラインであるUTでメタリカが出たときも

パスヘッドのデザインが使われておりました。

メタリカのロックTが1500円で買えるなんてなんとも贅沢ですね。

他にはダフトパンク、ケミカルブラザーズやフー・ファイターズなんかもありました。

有名なロックTを格安でゲットできるUTぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

デザインが気に入ったなら、できれば彼らの音楽にも興味を持っていただけると嬉しいです。

 

[ad#ad]