カテゴリー
FASHION - ファッション

【服選び】日本製と中国製、結局どっちがいいの?

今までにも何回か申し上げたことがございますが
ぼくが服を選ぶときにこだわっているポイントがあります。

 

それは
日本製アメリカ製の服しか買わない!
※ロックTや一部例外をのぞく

というものです。

 

理由として、
日本やアメリカの資本が多い国にこそ
受け継げたい技術がある、と思っているからです。

加えて、単純に作りがタフでしっかりしているから永く着られる、

人と違う服を着たいから
という理由もあります。

 

例えば、日本の町工場。

 

良質な生地を扱っていたり、高い縫製技術を持っていたりするにもかかわらず(想像ですが)
安価な中国製、最近では東南アジア製の服が売れる傾向にあると感じているからです。

 

ユニクロやGUなどの店はもちろんのこと、
セレクトショップでも、並んでいるアイテムは中国製の服で溢れています。

 

それは、客が安価にいい感じの服を買うということを求めてきた結果に他なりません。

いわば、この世界を作っているのは消費者なのです。

 

ということはぼくの考え方ではございません(笑)。

 

ひふみ投信で有名なファンドマネージャーである

藤野英人さんの著書に書いてありました。

 



 

そんなわけで、2017年にその誓いを立ててから

早半年以上が過ぎました。

 

メリットデメリットあります。

 

メリットとしては、選択の幅が非常に狭まるということ。

中国製は即候補から外せますので、比較→決断までのスピードが各段に上がりました。

そして安かろう悪かろうの服を買わなくなったので、無駄な消費をしなくなったと感じます。

 

デメリットとしては、単価が高いということ。

日本製やアメリカ製の服は値段が高いんです。

例えばTシャツ一つとっても、最低2倍から3倍はします。

 

ここ最近で感じる疑問・・・

 

本当に日本製っていいのか!?

という疑問です。

 

ショップ店員さんによると、最近は中国の技術が高くなってきており
それにつれて委託費も上がってきているため
ブランドは生産をより安価な東南アジア(ベトナムやタイなど)
で行うという動向があるそうです。

 

ということは、気に入ったなら中国製でもよくねーか!?

 

と早くも気持ちが揺らいできておったわけです(笑)。

 

それを確かめるため、最適なサンプルを手に入れてきました。

 

 

こちらの服です。

 

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズの
定番カットソー。

 

これ、めちゃめちゃ着心地いいんです。
昔小学校や中学校で来ていた体育着みたいに伸縮性があります。

 

色は個人的に好きなミントグリーン

 

はい。この服、サイズ感や素材は全く同じです。
ただし

 

 

ご覧の通り、生産国だけが異なります。
価格も全く同じ。

 

店員さんによると、初期は日本で生産していて
最近出回っているものから順次中国製に切り替わってるんだそーな。

 

価格は同じですが、生産は中国の方が安いはずなので、
中国製の方が利益率高いのでしょう(予想)。

 

そこはユーザーにとってはどうでもいい点なので
肝心の物自体はどうなのか。

つぶさに検証してみました。

 

唯一違うな・・・と思った点が

 

縫製 です。

 

こちらの写真をご覧ください。

 

 

袖部分。

 

そして

 

 

裾部分。

 

お分かりいただけましたでしょうか。

 

ぼくはすぐに気が付きました。

 

日本製は、キュッとなっています。

 

 

縫製の際に使う糸の長さが、日本製の方が

各段に短いんです。

 

 

 

袖の縫い付け部。

 

 

裾の縫い付け部。

 

すみません、プロではないのでそこが技術に関係するのか

良いのか悪いのかはよく分からないのですが(笑)

そこだけが明確に違いました。

 

ただちゃんと丈夫に縫い付けてあるな、と感じた次第です。

 

結論としては・・・

 

価格が同等であれば、日本製で間違いない!

 

と思いました。

 

ですので、価格にもよりますが

少し高くても、引き続き日本製を買い続けていきたいと思います。

 

みなさんは、どうお考えでしょうか?

 

自分なりのポリシーを決めて買い物をすると

色々な発見があって楽しいですよ♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

[ad#ad]
カテゴリー
FASHION - ファッション

くつしたひとつで幸せに。ROSTER vs CHED SOX ソックス日米対決!

日本製か?アメリカ製か?靴下対決!

[ad#ad]

 

最近、靴下に凝ってるんです。

 

というか服は全般的に、意識して、日本製かアメリカ製しか買わないようにしています。

 

なぜそうするのか?

 

話は飛ぶんですけど「消費することは、社会を創造することである。」

「投資家がお金よりも大切にしていること」という本で読んだからなんです。

 

 

 

 

コチラの本です。

 

ぼくはこの本を読んで、

お金の使い方に対する考えがいい意味で変わりました。

 

気になる方はぜひどうぞ^^

 

要は、ぼくは安い中国製よりも、少々高くても

素晴らしい技術を持った日本やアメリカの町工場で作られたような

しっかりした製品を買うことによって、

もっと市場にそういった商品が出回るような手助けをして

社会を元気にしていきたいからなんです。

 

もとから「MADE IN JAPAN」や「MADE IN USA」というブランドを

単に好きだったということもありますが笑

 

さて話は逸れましたが、この度2種類の靴下を買ってみました。

 

 

日本代表 ROSTER SOX

 

最初にご紹介するのはロスターソックスです!

以下、ZOZOTOWNの紹介文より。

 

ROSTER / ロスター

「ROSTER」は野球用語で一軍登録などを意味します。

 

安いものが沢山ある靴下の業界で、

「Made in Japan」と「スポーツソックス」に特化して、

そのデザインで靴下業界の一軍で活躍したいという

思いがブランド名に込められています。

 

デザインもデザイナー自身が生まれ育った環境

や気になるものを落とし込んでいます。

 

また、スタイリングの中で靴下がわき役でなく、

中心になれるようなソックスを目指しております。

 

靴下の帯が透明なのは、靴下のデザインが見えるようにという考えからです。

 

日本製でスポーツソックスに特化していると。

 

靴下を脇役でなく主役にと。

 

カッコいいです。

 

 

 

 

これは一例です。

定価は2,000円ぐらいなんですが、
探せばセールで1,000円ちょいでも買えます。

 

履き心地は、ざっくりとしていて柔らかな感じです。

 

米国代表 CHED

 

すいません、アメリカの靴下といえばコレ!っていうのが

他にもあるのかもしれませんが、

今回手にしたものがたまたまCHEDだったので

勝手に代表に選出させていただきました笑。

 

以下ZOZOTOWNの紹介文。

 

【CHED】

1970年代に米国で登場し

企業やイベント用のTシャツのボディとして

国内外で親しまれたブランド゙です。

1980年代後半に消滅しましたが

20年余りを経て2015年に復活し

日本にも再上陸しました。

Tシャツやトートバッグ、キャップを中心に

懐かしさと新鮮なアイテムを展開しております。

 

なんと最近復活したブランドだそうです。

なんとも応援したくなります。

 

 

 

 

こちらではアラスカ、アメリカの国旗そして
ぼくの買ったカリフォルニアのデザインが売られていました。

集めたくなっちゃいます・・・笑

 

価格はロスターと同じく定価で2,000円ぐらいで、
セール品で1,000円いきません。

とってもお得。

 

履き心地はというと、肉厚で足全体がキュッと包み込まれるような感じです。

 

勝者は・・・USA!

 

これは完全に個人の好みの問題だと思いますが、
ぼくは厚手でしっかりとした服が好きなので
CHEDの方が好みでした。

また、履いたらちょうど足首くらいにマークが来るので
ショーツと合わせてもカッコいいです。

 

ただ、ロスターのざっくりとした履き心地も
普通の靴下とは一線を画しているとぼくは思います。

 

みなさんはどちらが好みでしょうか?
興味があれば、ぜひ履きくらべてみてくださいね^^

 

[ad#ad]