【10年ぶりに読み返してみた】海辺のカフカ 名言集

世界の万物はメタファーである

 

ぼくはまとめ本(本好きな人、あるいは著名人によって何十冊もの本が紹介されている本)が大好きです。理由は、読んだ方がいい本を探す手間が省けるから(笑)。先日も、ちょうどまとめ本を読み終わりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】人間を守る読書 /文藝春秋/四方田犬彦 (新書)
価格:428円(税込、送料無料) (2018/8/4時点)

 

題して「人間を守る読書」です。

 

その中に、村上春樹(一冊でなく作家そのもの)が紹介されているとともに 、昔読んだ本でも、時間が経って読むことに価値があることもある的なことが書かれていたので、実家に帰ったついでに持って帰って来てみました。

 

家にあった本は「海辺のカフカ」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】海辺のカフカ 上/ 村上春樹
価格:88円(税込、送料別) (2018/8/4時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】海辺のカフカ 下/ 村上春樹
価格:88円(税込、送料別) (2018/8/4時点)

 

 

ぼくはその本を読んだのはなんと10年以上も前で、

当時は大学生でした。

 

そのときは、感情移入は主人公である田村カフカ(15歳の少年)で、感想はエッチな描写が面白かっただけっていう(笑)。

 

時は移ろい、歳も立場も違う今になって読み返してみると、カフカ君は完全に物語の中のひとりの若者に変わり、代わりに星野さん(トラック運転手)の気持ちになって読み進めている自分がいました。

 

10年前は読み飛ばしていた小難しい文章も、よけることのできない大きな岩のようにぶつかってくることもしばしば。

せっかくなので「いい文章だなあ」と思った部分を記録してみることにしました。

 

海辺のカフカを読んだことのあるみなさんの、これから読むみなさんの

参考になればそれがなによりの幸せでございます。

“【10年ぶりに読み返してみた】海辺のカフカ 名言集” の続きを読む

【インスタグラム】好きな曲にのせてストーリーをシェアしよう♪

インスタのストーリーに音楽をつけられる!

 

今やTwitterやfacebookと並ぶSNSとして君臨するインスタグラム。
そんなインスタのコンテンツである「ストーリーズ」は、日々400万人のユーザーが使っているそうです。
そんなストーリーズに、ユーザーが好きな曲を流せるようになります!

 

米音楽批評メディアのピッチフォークが報じています。
https://pitchfork.com/news/you-can-add-popular-music-to-instagram-stories/

“【インスタグラム】好きな曲にのせてストーリーをシェアしよう♪” の続きを読む

【ポップス】ここ30年で悲しい歌が増えた様子

ポップスに悲しい歌が増えている!

 

米音楽批評サイト「ピッチフォーク」にて面白い記事がありました。

 

https://pitchfork.com/news/pop-music-has-gotten-sadder-in-the-past-30-years-new-study-finds/

 

なんと、ポピュラーミュージックが過去30年間で悲しい内容になっているとのこと。

“【ポップス】ここ30年で悲しい歌が増えた様子” の続きを読む